RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_SI202109170047_hires_jpeg_24bit_rgb_52614adc78ef070-660x440.jpg
Sep
22
 2021年のF1世界選手権にスクーデリア・アルファタウリ・ホンダから参戦している日本人ドライバーの角田裕毅が、9月17~19日にミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで開催された2021MotoGP第14戦サンマリノGPを初観戦した。  角田は、同じく二輪レースの最高峰であるMotoGP世界選手権にLCRホンダ・イデミツから参戦している中上貴晶のゲストとしてサンマリノGPを訪れ、レッドブル・アスリートでもある両者はレースの前にレーシングカート対決なども楽しんでいる。  神奈川県生まれの角田と千葉県生まれの中上が実際に顔を合わせたのはこのサンマリノGPが初めて。世界最高峰カテゴリーで戦う若き日本人ふたりの初対面は、F1イタリアGPの1週間後、ロシアGPの1週間前というタイミングで、角田の自宅があるイタリア・ファエンツァからわずか1時間の距離にあるミサノでMotoGPが開催されたことで実現したという。...
Sep
22
 国内最大規模のeモータースポーツイベント『AUTOBACS JeGT GRAND PRIX 2021 Series』を運営するJeGT実行委員会は9月22日、住友ゴム工業、横浜ゴムとそれぞれ新たにスポンサー契約を締結したことを発表した。  JeGTは2019年9月にプレイベントとなる『JeGT GRAND PRIX ZERO ROUND @KOBE』を開催。以来、プレイステーション4専用ソフト『グランツーリスモSPORT』を使用タイトルとして開催されているeモータースポーツイベントだ。  昨シーズンはオートバックスセブンがタイトルスポンサーに就任し『AUTOBACS JeGT GRAND PRIX 2020 Series』としてラウンドファイナルを含む全5戦のシリーズ戦を展開し、団体戦ではTC CORSE Esports MAZDAが、個人戦では『FIAグランツーリスモ・チャンピオンシップ2020』で史上初の3冠を達成した宮園拓真が初代チャンピオンに輝いている。...
DxUs0EjU0AAoFpy-725x500-660x455.jpg
Sep
22
 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、次回のレース・オブ・チャンピオンズ(ROC)への参加を表明した最初の現役F1ドライバーとなった。ROCは来年の2月、雪と氷におおわれたスウェーデンで開催予定だ。  この毎年恒例の競技会は、モータースポーツのすべての分野から世界最高のドライバー/ライダーたちが一堂に会するもので、国別チームおよび個人としてさまざまなマシンで接戦を繰り広げる。  F1ドライバーでは過去にセバスチャン・ベッテル、ミハエル・シューマッハー、ジェンソン・バトン、デイビッド・クルサード、フェリペ・マッサ、ピエール・ガスリー、ランド・ノリス、ミック・シューマッハー、ダニエル・リカルドらが参加している。...
asimg_03_da614ac970ab3a1-660x440.jpg
Sep
21
GOODSMILE RACING & TeamUKYO ■2021 AUTOBACS SUPER GT Round5 SUGO GT 300km RACE ■DATA 会期:2021年09月11日~12日 場所:スポーツランドSUGO(宮城県) 観客:発表なし 予選:7位 決勝:23位 獲得ポイント:0pt シリーズ順位:11位(20pt)   2021年シーズンの折り返しとなるSUPER GT第5戦がスポーツランドSUGOで開催された。昨年は新型コロナウィルス感染拡大の影響で開催されなかった為、2年ぶりの開催となった。ハイダウンフォースのMercedes-AMG GT3とは相性の良いコースと言われており、GOODSMILE RACING & TeamUKYOは、ここSUGOで2018年に3位、2019年は2位表彰台を獲得している。前戦鈴鹿での3位に続き、連続ポディウム獲得が期待される1戦となった。...
asimg_21R14Ita-podium-XPB1_65614811af4a16e-660x440.jpg
Sep
21
 F1第14戦イタリアGPでモンツァのグランドスタンドにティフォシが戻ってきたが、来場者数が予想を下回り、F1上層部の懸念材料となっている。  新型コロナウイルス感染防止のための制約により、2020年イタリアGPは観客を入れずに開催された。2021年には、収容人数の50パーセントの約5万5000人のファンを入れて開催するという決定が下された。  しかしレースデーのチケット販売数は1万6000枚にとどまった。高額のスタンド席の販売に限られたことが影響しているかもしれないが、来場者数の少なさにFIA会長のジャン・トッドは頭を悩ませている。 「なぜモンツァではこれほど来場者が少なかったのか? 金曜日の予選で私はスタンドを見て失望した」とトッドはイタリアの『Gazzetta dello Sport』に語った。 「今後数年間、F1カレンダーにイタリアのレースがひとつもなくなったら私は落胆するだろう。だがこれは(F1のCEOである)ステファノ・ドメニカリに尋ねるべきことだ」...
asimg_GR86_ff614aaef7ce4f9-660x440.jpg
Sep
21
 9月22日、スーパーGT GT500クラスで活躍しているTGR TEAM SARDを運営する株式会社サードは今月26日、愛知県の豊田スタジアムで開催される『モータースポーツフェスタ』にSARDブースを出店すると発表した。  入場無料のこのイベントは同日、豊田スタジアムで開催されるJ1リーグ第30節名古屋グランパス対大分トリニータ戦で、スタジアムに隣接した西イベント広場において、12時~16時まで開催されるもの。  サードは2013年11月からスーパーGT参戦車両に名古屋グランパスのエンブレムを掲げるなど、長年にわたって同クラブとのコラボレーションを継続。コラボイベントであるモータースポーツフェスタは過去8回開催し、今年で9回目を迎える。  そんな今年のイベントでは、2019年のスーパーGTシリーズを戦った『DENSO KOBELCO SARD LC500』に加え、サードオリジナル・チューニングカー『SARD GR86 GT1』が会場に展示されることが決定した。  また、SARDブースでは『DENSO KOBELCO SARD GRスープラ』を走らせるTGR TEAM...
asimg_01_a614716adcb9ca-660x440.jpg
Sep
21
 9月18〜19日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されたスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第5戦『SUZUKA S耐』。5時間の長丁場の戦いでは、ST-Xクラス、ST-Zクラスともに僅差の戦いが展開されたが、両クラスともD’station Racingのアストンマーティン・バンテージが制した。2クラスのアストンマーティン制覇は初であり、ST-Xでは星野敏/藤井誠暢/近藤翼のトリオが初のチャンピオンを決めた。 ■「今回決めたかった」2021年チャンピオン  2019年からアストンマーティン・バンテージをスーパーGTとともにスーパー耐久に投入したD’station Racing。その年の第1戦だった鈴鹿では、ダレン・ターナーを呼び寄せデビューウインを飾り、この年本格投入されたばかりのアストンマーティン・バンテージAMR GT3にとっては世界初のレース優勝に。イギリスのアストンマーティン・ラゴンダ本社からもプレスリリースが出る世界的な勝利となった。  そんなD’station...
asimg_2021YPRES_JRI_005_98614a9c7bea5c8-660x440.jpg
Sep
21
 TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加し、2021年シーズンのWRC世界ラリー選手権に参戦してる勝田貴元は10月1~3日、北欧フィンランドで開催される第10戦『ラリー・フィンランド』に向け、アーロン・ジョンストンを新しいコドライバーとして迎えることを明らかにした。  今シーズンもトヨタ・ヤリスWRCをドライブし、選手権の最高峰クラスに挑んでいる勝田。彼は6月に行われた第6戦ケニアで開幕6戦連続入賞と同時に総合2位表彰台を獲得するなど飛躍のシーズンを送っていたが、続く第7戦エストニアで相棒のダニエル・バリットがジャンプの着地時に首を負傷したことから、ラリーを中断することになった。  さらに、バリットが療養のためキートン・ウイリアムズを相方に迎えて挑んだ第8戦ベルギーではクラッシュ、第9戦ギリシャは大会直前にウイリアムズが家族の理由で緊急帰国を余儀なくされため、ラリー出走を取りやめるなど不運が続いている。...
asimg_21Aston1_7b610c63c630a7e-660x441.jpg
Sep
21
 アストンマーティンF1チームは、F1活動を包括するアストンマーティン・パフォーマンス・テクノロジーズのグループ・チーフ・エグゼクティブ・オフィサーとして、かつてマクラーレンF1チームに所属していたマーティン・ウィットマーシュと契約したことを発表した。  ウィットマーシュは、マクラーレンに25年間在籍し、グループCEOおよびチーム代表を務め、2014年に離脱するまでの間に、チームのタイトル獲得など、多数の成功に貢献した。その後はF1以外の世界で活動してきたものの、今回アストンマーティンに加入することで、F1への復帰を果たすことになった。正式な就任は2021年10月1日だということだ。  アストンマーティンは、エグゼクティブチェアマンであるローレンス・ストロールの指揮のもと、F1でトップに浮上するという明確な目標を掲げており、新ファクトリーの建設をスタート、人員拡充を積極的に行っている。そんななかでチームは、9月22日、新たな組織アストンマーティン・パフォーマンス・テクノロジーズをリードするグループCEOに、ウィットマーシュを起用することを発表した。...
Sep
21
 現代のレーシングドライバーの職務はただレースに出場することだけではない。チームやスポンサー、そしてときには自らが発信する動画に出演することも彼らにとって欠かせない仕事だ。ソーシャルメディアや動画サイトにアップされたそうした動画からは、普段見ることのできないドライバーたちの姿を見ることができる。今回はイギリスの放送局sky sportsによって企画された、あるレースを取り上げて紹介しよう。  シルバーストンに現れたのはランド・ノリスとダニエル・リカルド、そしてふたりの『ボス』であるマクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンだ。3人に与えられた企画は、伝統あるこのコースでマクラーレンの市販車による模擬レースを行うこと。ボスを前に少し固い表情の現役ドライバーふたりに対して、ブラウンは「全開で行く」と気合十分。実は彼もかつてはイギリスF3などを戦った元レーシングドライバーであり、その実力は侮れない。...
asimg_Photo02_90sRacingCar-01_41_AE101_100sen065_P37_012_576149b7179395a-660x440.jpg
Sep
21
 モータースポーツの「歴史」に焦点を当てる老舗レース雑誌『Racing on』と、モータースポーツの「今」を切り取るオートスポーツwebがコラボしてお届けするweb版『Racing on』では、記憶に残る数々の名レーシングカー、ドライバーなどを紹介していきます。今回のテーマは、グループAレースに参戦したトヨタ・カローラレビン(AE101型)です。 * * * * * *  1985年にスタートして、グループA規定のマシンがしのぎを削った全日本ツーリングカー選手権(JTC)。このJTCは、ディビジョン1、2、3と3つのクラスに分けられ(初年度の1985年だけは、3つではなく5つだった)、それぞれのクラス内でバトルを繰り広げながら混走をするレースであった。  しかし、1990年にニッサンBNR32型スカイラインGT-Rが登場して以降、ディビジョン1はニッサン最大のライバルであったフォード・シエラが駆逐されていき、最終的にはGT-Rのワンメイク状態になった。  ディビジョン2もディビジョン1と同様に、参戦車種がこのクラスの最適解マシンだったBMW...
Sep
21
 MotoGP第14戦サンマリノGPで、フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)が優勝を飾った。終盤に追いついたファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)を振り切っての2連勝だった。一方、バニャイアをとらえきれなかったクアルタラロだが、それでもチャンピオンシップで負った痛手を最小限にとどめた。    スタートから飛び出したのはバニャイアだった。予選では前戦に引き続きオールタイム・ラップ・レコードを更新するタイムを叩き出し、ポールポジションを獲得。フリー走行でのペースも安定していた。優勝候補の一角であったバニャイアは、序盤からぐんぐん後方を引き離していき、中盤には2番手のクアルタラロとの差を約3秒ほどにまで広げていた。    しかし、バニャイアは終盤にクアルタラロがその差を詰めてくることを予想し、タイヤをマネジメントして走っていた。二人のリヤのタイヤ選択は分かれており、バニャイアはソフトタイヤを選択。一方のクアルタラロは、ミディアムタイヤをチョイスしていたからだ。  ...
asimg_2021Bri-AdrianNewey-ChiefTechnicalOfficer-RBR1_7c61120fc4d0984-660x440.jpg
Sep
21
 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、チーフテクニカルオフィサーであるエイドリアン・ニューウェイがアストンマーティンF1チームに引き抜かれる可能性があるといううわさを打ち消した。  ニューウェイは、ウイリアムズ、マクラーレン、レッドブルでタイトル獲得に貢献、F1史上最も成功したデザイナーのひとりとして広く知られている。レッドブルには2006年に加入。チームは2010年から2013年までダブルタイトル獲得を達成した。  一時、アストンマーティンとレッドブル・アドバンスト・テクロノジーズが共同開発したアストンマーティンのハイパーカー、ヴァルキリーのプロジェクトに力を注いでいたニューウェイだったが、2020年には再びレッドブル・レーシングでのF1活動に集中するようになった。  レッドブルは、2019年からホンダのパワーユニット(PU)を搭載、同年はコンストラクターズ選手権3位、2020年は2位、現在はメルセデスと熾烈なタイトル争いを繰り広げている。...
asimg_XPB_1109458_1200px_46613e16ceea853-660x411.jpg
Sep
21
 GPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)会長のアレクサンダー・ブルツは、F1第14戦イタリアGPでのルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の接触について彼らと話をする予定だと述べているが、今シーズンはふたりの間でコース上での衝突がさらに起きるのではないかと懸念しているという。  フェルスタッペンとハミルトンは今週ソチで激しいタイトル争いを再開することになるだろう。フェルスタッペンは今季2度目となった宿敵ハミルトンとの接触に関与したため、スチュワードに3グリッド降格ペナルティを科されてのロシアGPとなる。  GPDAを統括する元F1ドライバーのブルツは、両ドライバーはイタリアで“プレッシャーに押しつぶされた”と考えている。ブルツはレースへの大きなエゴを持つF1のふたりの主役と話し合いをする予定だ。 「話し合いをする予定だが、走行中にそうした決断をすることから自身を切り離す必要がある」とブルツは『Sky Sports』に語った。...