RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Jul
03
 現地時間7月3日(金)、2020年FIA-F3開幕戦となる第1戦オーストリア予選がレッドブル・リンクで開催され、ARTのセバスチャン・フェルナンデスがポールポジションを獲得した。フィーチャーレース(決勝レース1)は日本時間4日(土)の17:25からスタートする ■FIA-F3開幕戦オーストリア 予選 リザルト Pos. No. Driver Team Time
1​
9​
S.フェルナンデス ART
1’19.429 2​
10​
L.ゼンデリ トライデント
1’19.445 3​
1​
O.ピアストリ プレマ・レーシング
1’19.564 4​
3​
L.サージェント プレマ・レーシング
1’19.595 5​
...
Jul
03
 2020年F1第1戦オーストリアGPの金曜フリー走行2回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは8番手、アレクサンダー・アルボンは13番手となっている。 ■2020年F1第1戦オーストリアGPフリー走行2回目 リザルト Pos. No. Driver Team Time Laps 1 44 L.ハミルトン メルセデス 1’04.304 42 2 77 V.ボッタス メルセデス 1’04.501 37 3 11 S.ペレス レーシングポイント 1’04.945 48 4 5 S.ベッテル フェラーリ 1’04.961 48 5 3 D.リカルド ルノー 1’04.972 36 6 4 L.ノリス マクラーレン 1’05.087 38 7 18 L.ストロール レーシングポイント 1’05.135 49 8 33 M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’05.215 41 9 16 C.ルクレール フェラーリ 1’05.298 46 10 55 C.サインツJr....
1018049802-LAT-20200301-_R3I7379-660x440.jpg
Jul
03
 2020年シーズンよりFIA-F2に昇格した角田裕毅。今年はカーリンからの参戦が決まっているが、新型コロナウイルスの影響により、マシンに乗れない期間が長く続いた。  ようやく決まった開幕戦を前に、シルバーストンでF1ドライバーとともにF3マシンを走らせるなどのトレーニングを積んだ角田だが、F1ドライバーの走りから何を学んだのだろうか。また、レッドブルの重鎮であるヘルムート・マルコとはどのような会話を交わしたのだろうか。 ────────── ──3月のバーレーンテスト以来、F2マシンには乗っていないんですよね? 角田裕毅(以下、角田):はい。規約でもそう決まっていて、まったく乗れませんでした。 ──その間はずっとイギリスでしたよね。トレーニングの毎日でしたか? 角田:ええ。ロックダウンになって、トレーナーとも会えなくなった。それでネットを通じて一緒にトレーニングをしていました。 ──ジムにも、当然通えなかった?...
Jul
03
 2020年F1第1戦オーストリアGPの金曜フリー走行1回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、アレクサンダー・アルボンは7番手となっている。 ■2020年F1第1戦オーストリアGPフリー走行1回目 リザルト Pos. No. Driver Team Time Laps 1 44 L.ハミルトン メルセデス 1’04.816 42 2 77 V.ボッタス メルセデス 1’05.172 38 3 33 M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’05.418 37 4 55 C.サインツJr. マクラーレン 1’05.431 41 5 11 S.ペレス レーシングポイント 1’05.512 33 6 4 L.ノリス マクラーレン 1’05.621 41 7 23 A.アルボン レッドブル・ホンダ 1’05.701 29 8 3 D.リカルド ルノー 1’05.860 29 9 20 K.マグヌッセン ハース 1’05.907 27 10 16 C.ルクレール...
Jul
03
 2020年F1第1戦オーストリアGPのフリー走行1回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、アレクサンダー・アルボンは7番手となっている。  フリー走行開始直前に中止となってしまった、3月中旬のオーストラリアGP。あれから3ヶ月半が過ぎ、仕切り直しの開幕戦がオーストリア・レッドブルリンクでついに開催された。現地時間午前11時から始まったフリー走行1回目。無観客のためスタンドが無人なのはもちろん、パドックを行き交う人影もほとんどない。  全20台のマシンが、次々にコースインして行く。気温17度、路面温度23度、曇りがちの天候でセッション中の降水確率は60%と高い。前日からの雨は上がったが、コース上はまだ完全には乾いていない。それもあってか、チェック走行後もしばらくは、多くのマシンがガレージに留まった。ピットやガレージ内で作業するメカニック、エンジニアはマスク、あるいはその上にフェイスシールドも装着している。...
XPB_1037987_1200px-660x439.jpg
Jul
03
 キミ・ライコネンは2021年もF1でレースを続けるか、今シーズンの終わりで華麗な引退生活に入るか、今も検討しているところだ。  F1のベテランである40歳のライコネンは、アルファロメオとの契約の2年目かつ最後の年を迎えている。しかし今年はシーズンが遅れているため、すぐにでも彼の将来を決める必要がある。  ライコネンは決めかねてはいるものの、F1レギュレーションの大幅変更が2022年まで延期されることや、現在のルールブックが来年まで延長されることは、彼の最終的な決断に影響しないことを明確にしている。 「そのことで将来どうなるかは左右されない。来年になる前に答えを出すだろうが、今年はまだたったの1レースも行えていないという奇妙な状況だ。どうなるか見てみよう」とライコネンは2020年シーズン幕開けの週末に先駆けて語った。 「僕は数年前とそれほど大きく変わるとは思わない。レギュレーションが変わるが、ドライビングに関してはほとんど変わらない」...
20-06filming-Alb-RBR3-660x440.jpg
Jul
03
 いよいよ開幕を迎える2020年シーズンのF1。新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあって長いブランクを挟むことになったが、ようやくレースが始まる。今年はホンダがアストンマーティン・レッドブル・レーシングにパワーユニットを供給して2年目のシーズンとなり、タイトル獲得の期待がかかる。  オーストリアGPには『スペック1.1』を投入することを決めているホンダだが、メルボルンでのレースが中止となってから、いったいどのような準備をしてきたのか。また、厳しい安全対策を実施している現場の状況はどうなっているのか。ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターに話を聞いた。 ────────── ──オーストリアに来る前にイモラとシルバーストンでテストを行ったはずですが、ここで使用されたパワーユニット(PU)は、開幕戦で使われる最新仕様だったのでしょうか。 田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):いえ、本来の開幕戦オーストラリア仕様でした。いわゆるスペック1をベースにしたものですね。今週末のレースでは、予定通り最新のスペック1.1を投入します。...
02_2020_TCR_photo_news_220_4233095b713d727a00da7ad783be0b05_5efe940539ff7-660x440.jpg
Jul
03
 2020年で創設2年目に突入するTCRオーストラリア・シリーズと、その運営団体であるARG(Australian Racing Group)は、シリーズ単独開催となる新たなeスポーツ選手権『TCR Australia SimRacing Series』を実施。その開幕戦となるメルボルン、アルバートパークでの1戦はバーチャルのプジョー308TCR、ルノー・メガーヌR.S.TCRのフレンチマシン2車種が勝利を飾っている。  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により、仮想空間での可能性を模索してきたモータースポーツ界だが、F1開幕戦オーストラリアGPとの併催で実施される予定だった現実の開幕戦が急遽キャンセルとなった経験を持つARGはいち早く方向転換を決め、この4月から『ARG eSports Cup』と称したeスポーツ・シリーズを開催してきた。...
XPB_1039250_1200px_5efedc0789e91-660x440.jpg
Jul
03
 4カ月遅れで再開幕することとなったF1。その舞台となったオーストリアのレッドブルリンクは、いつもとは違う雰囲気でグランプリ開幕前日のメディアデーが行われた。  通常であれば、4〜6名のドライバーによって催されるFIA主催の『木曜会見』は、今回は全ドライバーが出席して行われた。これはごく一部のメディア以外、現場での取材が許可されないため、木曜会見以外の各チームが個別に行う囲み会見も、FIAが代行してオンラインで世界中のメディアに配信するためだ。  ただし、今回F1を再開させるにあたって、FIAは厳しいルールをサーキット内に適用しており、異なるチーム同士が接触を極力避けるため、ドライバーはチーム単位で登場し、会見の間隔も10分間空けて行われた。  ほとんどのドライバーが「4カ月間、何をしていたか」という質問を受けたが、その中で息子であるロビンくんとカートしていたことを振り返ったのが、キミ・ライコネン(アルファロメオ)だった。...
redbullrb16-660x440.jpg
Jul
03
 今シーズンのF1マシンの各チームのコンセプトは、良く言えば2014年以降続いている規定に基づいた完成形集大成、悪く言えば後処理的最終型。特にここ2年、連続で大きな規則変更がなかったことで、ほとんどのチームが昨年型の継続開発進化型のマシンを今季にもちこみ、通常の大型アップデートに準じている。もちろんすべてのマシンがと言うことではないが。  そのなかでやはり気になるのがツートップ、メルセデスと我らがレッドブル・ホンダ。  今シーズンはタイトル争いでこの2チームが熾烈に争うことが予想される。フェラーリ・ファンには申し訳ないが、少なくとも3月の開幕前の冬季テストで見る限り新車フェラーリSF1000に見どころは少なく、むしろ今季の心配なチームのひとつになってしまった。  もちろんシーズンが始まれば、話は変わってくるはずだ……と信じているが。  さてその注目のトップ2、メカニカルな視点で目立つ変更点としてはメルセデスW11のDAS(デュアル・アクシス・ステアリング/2軸ステアリング)が挙げられる。FIAがこれを遵法と認めたので、大手を振って実戦搭載が可能だ。...
Jul
02
 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは7月3日、鈴鹿サーキットのなかでも名物コーナーのひとつと言えるヘアピンカーブについて、二輪や四輪のブレーキでモータースポーツ界でもおなじみの日信工業がネーミングライツ契約を結び、『NISSINブレーキヘアピン』となったことを発表した。  S字からダンロップカーブ、デグナーを経て、立体交差をくぐった後、110Rを通過して迎えるヘアピンは、鈴鹿のなかでもタイトなコーナーのひとつであり、オーバーテイクポイントのひとつ。また、四輪ではこのヘアピン立ち上がりからスプーン、130R、日立オートモティブシステムズシケインへと続く攻防は、見どころのひとつでもある。  そんな鈴鹿の名物コーナーのひとつであるヘアピンカーブが、2020年4月1日付けで日信工業とのネーミングライツ契約により『NISSINブレーキヘアピン』として名付けられることになった。コースサイドのバリアなどに、二輪でも四輪でもおなじみの『NISSIN』のロゴが貼られる。...
XPB_1039402_HiRes_5efecaf92327c-660x440.jpg
Jul
02
 ルイス・ハミルトンは、今週日曜日に行われるF1開幕戦オーストリアGPの決勝で、ドライバーたち全員で団結して人種差別主義に立ち向かうメッセージとなる何らかの意志表明をしようと考えている。ただしそれが片膝をつくジェスチャーを含むものになるのかどうかはまだ決まっていないようだ。  大きな混乱が続く今の時期にF1がそうした行動を取る背景には、F1、メルセデス、そしてハミルトン自身が、これまでも人種的な不正義に対抗する取り組みの必要性を提唱してきたということがある。  マクラーレンのランド・ノリスは、決勝グリッドでドライバーたちが片膝をつく案をほのめかしているが、今のところハミルトンは、この人種差別反対運動の象徴的ジェスチャーが「最重要」とまでとは考えていないという。  今週末に予定されている2020年シーズン開幕戦を前に、6度の世界チャンピオンであるハミルトンは「これまでその質問は何度も受けてきたけれど、スタートラインで片膝をつく案については、何よりも重要なこととまでは考えていない。日曜日の僕たちを見ていてほしい」と語った。...
levitt-ROLEX-1-20_05369_5efecd4a0e07d-660x440.jpg
Jul
02
 7月3〜4日に、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで再開されるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のDPiクラスに参戦するマツダは、シリーズによるクルーの人数制限のため、レース中のドライバー交代手順の変更を余儀なくされた。  オペレーションがヨースト・レーシングからマルチマチックへと変更になった2台のマツダDPiマシン「RT24-P」は、ピット作業中の「ドライバーヘルパー」を置かず、マシンから降りたドライバーが、新たにコクピットに乗り込んだドライバーのシートベルト装着などを補助することになる。  これは、今回のレースにおいてIMSAがマシン1台あたりのクルーを15名に制限しているためだ。高温多湿となる7月のフロリダ州でのレースにおいて、ドライバーの負担はさらに増すことになる。  マツダRT24-Pをドライブする4人のドライバーは先日、ノースカロライナ州ムーアズビルにあるチームの新たなファクトリーを訪れた際に、変更されたドライバー交代手順を練習した。...
2_5efebdf724caf-660x440.jpg
Jul
02
 ロータスカーズ日本正規販売輸入総代理店のエルシーアイは7月3日より、ロータス・エキシージの誕生20周年を記念した限定モデル『ロータス・エキシージ スポーツ410 20thアニバーサリー・エディション』の受注を開始した。  同限定モデルは、西暦2000年に登場したエキシージ・シリーズ1を彷彿とさせる20周年記念の“ブラックシルエット”など、シリーズ1に敬意を表したノスタルジックなエクステリアが特徴にされている。  ベースとされたのは3.5リッタースーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力416馬力、車両重量1110kgを実現する“究極のロードカー”として評されている『エキシージ・スポーツ410』だ。  エクステリアは“レトロ”からインスピレーションが得られ、ルーフやサイドエアインテークボッド、リヤウイングはボディー同色にされたが、リヤホイール前にはシャークフィン状のブラックストーンチッププロテクターが装着され、デザインが引き締められている。...
XPB_1039182_HiRes_5efebabd0149b-660x440.jpg
Jul
02
 FIAはF1開幕戦の舞台となるレッドブルリンクの最後のふたつのコーナーに追加された縁石をセンサーに置き換え、今週末のレースでドライバーのトラックリミット違反を検知できるようにするという。  2019年のオーストリアGPでは、レッドブルリンクのターン9とターン10に設置された縁石が話題のひとつとなった。数名のドライバーがこの縁石を跨いだ際、マシンのサスペンションにダメージを負ったのだ。  FIAはスペアパーツの供給が減るなか、この場所の縁石をセンサーに置き換えることで、車両のダメージを減らすことが期待できるほかドライバーがトラックリミットを超えることを阻止することもできるとしている。 「レース中にドライバーが、ターン9(もしくはターン10)出口にある赤と白の縁石の後ろを3度目に通ると黒白旗が提示される。それ以上カットすればスチュワードに報告がいくようになっている」と語るのは、オーストリアGPの担当スチュワード。 「どのマシンも(当該コーナーの)出口の縁石の後ろを通り過ぎるたびに、チームには公式のメッセージシステムで通知が届く」...
017-1280x853.jpg
Jul
02
 7月4日、NTTインディカー・シリーズは第2戦『GMRグランプリ』を迎えるが、デイル・コイン・レーシング・ウィズ・チームゴウから参戦するルーキーのアレックス・パロウは、参戦2戦目で初のロードコースでのレースに挑むことになる。  スーパーGT、全日本スーパーフォーミュラ選手権で印象的なスピードをみせてきたパロウは、2020年はアメリカに渡り、NTTインディカー・シリーズに挑戦している。新型コロナウイルスの影響で大きくカレンダーが変更された今シーズンだが、ようやく迎えた第1戦テキサスでは、自身のキャリア初となる高速オーバルでのレースで貴重な経験を積んだが、他車のクラッシュに巻き込まれ、短時間でのレース終了を強いられた。  迎える第2戦GMRグランプリは、インディアナポリス・モーター・スピードウェイが舞台だが、2.439マイルのロードコースでの戦いだ。これまでのキャリアをヨーロッパ、そして日本を中心にロードコースで戦ってきたパロウにとっては、これまでの経験をフルに活かせる環境でのレースとなる。...
RD_24_D_2020_083_5efea8ea872c2-660x440.jpg
Jul
02
 アキュラ・チーム・ペンスキーに所属するファン・パブロ・モントーヤは、7月4日にアメリカ・フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催されるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第2戦で成功を納めるためには、サーキットでの走行時間を最大限に活用することが重要になると考えている。  ウェザーテック・スポーツカー選手権は新型コロナウイルスの世界的流行によって1月のデイトナ24時間以来、シリーズの中断を余儀なくされていたが、4日のデイトナで約半年ぶりにレースが再開される。  モントーヤとアキュラ・チーム・ペンスキーの6号車アキュラARX-05をシェアするデイン・キャメロンの前年王者コンビは土曜の2時間40分レースを前に、夏場のデイトナの路面コンディションやミシュランのハードコンパウンドタイヤへの切り替え対応、そしてDPiマシンでのスピード感を取り戻す必要があるなど多くの問題に直面している。  キャメロンは先月、ロード・アトランタで行われたHPDアカデミーでアキュラNSX GT3...