RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

04_5efde236e7c0b-1280x853.jpg
Jul
02
 7月2日、メルセデスベンツは7月3〜5日にオーストリアGPで開幕するF1世界選手権第1戦オーストリアGPを目前に控え、2020年のセーフティカーとして使用されるメルセデスAMG GT Rの新たなカラーリングを披露した。  長年F1のセーフティカーを担うメルセデスは、2019年に続きメルセデスAMG GT Rを供給する。4リッターV8ツインターボを積み、最高速318km/hを発生するAMG GT Rは、今季もベルント・マイランダーがステアリングを握り、シルバーのカラーリングも変わらない。  しかし2020年から、F1が人種差別との戦いへの団結、そして不平等の打開へ取り組むために展開することになったキャンペーン『#WeRaceAsOne』のロゴと、虹色のビジュアルがマシンのボンネットとサイドに入れられることになった。また、安全運転への取り組みである『ドライブセーフティ』のロゴなどが入る。  また、緊急時に導入される車両として、メルセデスAMG C63S エステートがメディカルカーとして導入されるが、こちらも『#WeRaceAsOne』のカラーリングが施された。...
20-newW11-Merc1-660x348.jpg
Jul
02
 7月2日(木)、メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツは、2020年シーズンにおいてルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスが着用するブラックのレーシングスーツを発表した。  メルセデスは、あらゆる形態の人種差別と不平等への反対や、チームやF1の多様性の向上を表明し、2020年シーズン型マシン『W11』のカラーリングをシルバーからブラックへと変更している。  またF1では不平等や人種差別への反対運動、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)などの重要な問題に取り組むための『#WeRaceAsOne』キャンペーンが始まっており、W11のミラーには『#WeRaceAsOne』のロゴが掲げられている。...
AP-1ZX7SFYTS1W11_hires_jpeg_24bit_rgb_5efdbb7423a55-660x440.jpg
Jul
02
 WRC世界ラリー選手権は7月2日、2020年シーズン再始動に向けた新しい開催スケジュールを発表した。シリーズ再開初戦は9月4~6日のラリー・エストニア、最終戦は予定どおり11月のラリー・ジャパンとなっている。  2020年のWRCは3月の第3戦メキシコまでは予定どおりに開催されたものの、それ以降は新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で大会の中止や延期が相次ぎ、事実上のシリーズ中断を余儀なくされてきた。  新たにカレンダー入りを果たしたラリー・エストニアは、バルト三国のひとつ、エストニア共和国を舞台に行われるグラベル(未舗装路)戦。イベント自体は1973年にスタートしたものだが、WRCに組み込まれるのは今回が初めてだ。...
01_081052_U5I4966-1_5efdb209adbf4-660x440.jpg
Jul
02
 いよいよ、7月3日からF1がオーストリアで再開される。チームとともにイギリスからオーストリアへ入国するため、日本を6月12日に発ち、イギリスでの2週間の自主隔離後、2020年の再開幕の地となったレッドブルリンク入りしたホンダの山本雅史(マネージングディレクター)に話を伺った。 ────────── ──山本さんは、いつサーキットへ入られましたか。 山本雅史マネージングディレクター(以下、山本MD):6月30日に(サーキットへ)入りました。原則、移動はチーム単位で行われているため、オーストリア到着後、そのままサーキットへ行って、みんなと一緒にランチをとりました。今回、レースに参加するスタッフの食事は基本的にホテルかサーキットとなっているためです。  再開後はモーターホームの使用が禁止されているので、パドッククラブがすべてチームごとにコンストラクターズ選手権順で部屋が割り当てられています。...
20-06filming-Alb-RBR1-660x440.jpg
Jul
02
 レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、開幕が遅れ、極めてハードなスケジュールが組まれた2020年F1シーズンをうまく戦っていくためには、できるだけ早く感覚を取り戻す必要があると語った。  新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響で、3月の開幕が延期され、7月3日から5日のオーストリアでようやくシーズンがスタートすることが決まった。  アルボンはシーズン休止期間にバーチャルレースに積極的に参加し、ファンを楽しませた。 「バーチャルGPはとても楽しかった。隔離生活中、ドライバーは体を鍛える以外、ほとんどやれることはない。だからファンにエンターテインメントを提供し、自分も楽しめる機会があったのはいいことだった」とアルボンはレッドブル・レーシングのインタビューにおいて語った。 「F1のパドックは、空気が張り詰めていて、他のドライバーたちとじっくり話したり笑ったりということはできない場所だ。そういう環境から離れてのんびりできたのはよかった。最初は皆それほど真剣じゃなくて、ホイールを当てて笑ったりしていたのに、そのうち誰もが本気で勝負するようになった」...
AP-235KCHBVW1W11_news-660x440.jpg
Jul
02
 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーが、2020年F1開幕戦オーストリアGPに向け、パワーユニット(PU/エンジン)パートナーのホンダとの関係は2年目に入りさらに緊密になっており、共にタイトル獲得という野心を持ってシーズンを戦っていくと語った。 「レッドブル・リンクは、パンデミックの影響でレースが減少していく中で、早期からF1再開に向けて取り組んできた。ディートリヒ・マテシッツ氏(レッドブル創業者)とレッドブル社に感謝している」とホーナー代表はコメントした。オーストリアGPの舞台、レッドブル・リンクのオーナーはレッドブル社であり、レッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウリにとって、このグランプリはホームレースとなる。...
RedBullRacing-JPNPage_5efdacb35ced0-660x314.jpg
Jul
02
 2020年のF1開幕となる第1戦オーストリアGPを目前に控えた7月2日、レッドブル・レーシングの.が公開され、登場を記念した連動キャンペーンも実施されている。  日本メーカーのホンダからパワーユニット供給を受けるレッドブル・レーシングの公式ホームページは、これまで英語での展開が行われていたが、7月3日からの2020年シーズンF1開幕に伴い公式日本語サイトがローンチした。  現在、日本語の公式ホームページではレッドブル・ホンダのドライバー、マックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンのインタビューのほか、2019年のブラジルGPでチームが記録した“世界最速”のピットストップの解説『1.82秒の世界を知る』などが公開されている。  そのほかにもレッドブル・レーシングのモーターホームの全貌紹介、『ベスト・オブ・レッドブル』と題されたこれまでのレース振り返りや回顧録、チームグッズなどの紹介など盛りだくさんの内容だ。...
Jul
02
 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、新型コロナウイルスの感染拡大によって開催を見合わせていた『TOYOTA GAZOO Racing Driving experience(TGRD)』を8月6日(木)から開催される筑波サーキットから、全国各地のサーキットなど各会場で開催する。  TGRDはクルマの『走る』、『曲がる』、『止まる』の基本操作から、よりハイレベルで実戦的なドライビングテクニックまで、自分のレベルに合わせてレッスンを受けることができるドライビングプログラム。これまで全国のサーキットで、トップカテゴリーで活躍する現役のプロドライバーを講師に迎え、幅広いレベルでのドライビングスキルの向上、クルマの楽しさを体験できる場として活動を続けてきた。...
Jul
02
 今週末に開催されるF1第1戦オーストリアGPで走行するフェラーリのマシン『SF1000』には、アレックス・ザナルディを支援する特別なメッセージ『#ForzaAlex』が掲載されるという。ザナルディはハンドサイクルの事故の後、今もイタリアの集中治療室にいる。  6月19日、ザナルディはハンドサイクルのイベント中に頭部と顔に酷い怪我を負い、シエナ大学病院に搬送され、今週前半には2度目の手術が行われたばかりだ。  元F1ドライバーであり、CARTのチャンピオンでもあるザナルディは、人工的な昏睡状態に置かれており、容体は安定しているものの、担当医師たちの最新の発表によると、深刻な状態にあるという。 「患者は手術から約24時間が経ったが、臨床的に安定しており、神経学的観点からも安定した経過を辿っている」と火曜日午後の声明で述べられている。 「アレックス・ザナルティは病院の集中治療室に入院しており、鎮静と挿管が続けられている。予後の状態については発表を差し控える」...
cq5dam.waeb_.2000_5efbd3fe48098-660x440.jpg
Jul
02
 7月2日、スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦しているBMWは、2021年にマイケル・ファン・デル・マークをBMWモトラッド・ワールドSBKチームで起用すると発表した。  ファン・デル・マークは、2015年にホンダからSBKに参戦をはじめ、2017年にヤマハに移籍。2018年第6戦イギリスで初勝利を挙げるといきなり2連勝をマーク。2019年は第6戦ヘレスのレース2で優勝を飾っている。SBKでは、これまでに29度の表彰台を獲得しており、昨年は8度の表彰台を獲得しランキング4位でシーズンを終えた。 ....
Jul
02
 FIAは7月1日、2022/23年のABBフォーミュラE世界選手権に向けた各サプライヤーの選定結果を公表した。各チームに供給される共通シャシーは引き続きスパーク・レーシング・テクノロジーズが製造するほか、ワンメイクタイヤサプライヤーは韓国のハンコックタイヤが務める。  電動フォーミュラで争われるフォーミュラEは、2020/21年シーズンのシーズン7から世界選手権として開催される。そして世界選手権化3年目にあたる2022/23年からは、環境面と経済面への影響をさらに抑えた次世代車両規格“Gen3”導入が決まっている。  このGen3は2022/23年から4シーズンに渡って採用される規定で、現行のGen2よりもよりパワフルかつクイックでありながら、コストを削減することも念頭に置かれているもの。  具体的にGen3のパワーユニット出力は現行規定の発展型“Gen2...
DUCATI_PANIGALE_V2-_3__UC173830_Preview_5efd957bd0782-1280x854.jpg
Jul
02
 ドゥカティは7月1日、ドゥカティ・レッドの1色だったパニガーレV2に、新カラーリングのホワイト・ロッソを追加すると発表した。  パニガーレV2は959パニガーレの後継モデルにあたり、2気筒の955ccスーパークアドロ・エンジンを搭載している。ユーロ5規制にも適合しており、最高出力は155馬力/10,750rpm、最大トルクは104Nm/9,000rpmを発揮する。 ....
02_DSC3595-960x640_5efd54d3a6900-660x440.jpg
Jul
02
 2020年にSTCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権こと、TCRスカンジナビア・シリーズ復帰参戦を決めたLestrup Racingは、シーズンラウンチを開催して今季投入する2台のフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRのカラーリングを公開した。北欧シリーズ初挑戦となる2012年WTCC世界ツーリングカー選手権王者ロブ・ハフのチームメイトには、複数年チームに所属する若手有望株オリバー・セーデルシュトレームが起用されうこともあわせてアナウンスされている。  チームとは長年のパートナーであるストックホルムのフォルクスワーゲン・ディーラーにて実施されたお披露目イベントには、今季からチームに加入する元世界王者も姿を見せ、イメージカラーであるホワイト×ブルーの爽やかなスキームを採用した2020年版フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRの2台が披露された。 「この新しいデザインスキームとカラーリングには本当に満足している」と語るのは、自身もレーシングドライバーである現チーム共同創業者のフレデリック・レストラップ。...