RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_02_M21_1814_fine_d560c39646235c2-660x440.jpg
Jun
11
 WEC世界耐久選手権は6月11日、ポルトガル南部のポルティマオ(アルガルベ国際サーキット)で走行初日FP1のセッションが行なわれ、LMP2クラスのJOTA38号車オレカ07・ギブソン(ロベルト・ゴンザレス/アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/アンソニー・デビッドソン)が総合トップタイムをマークした。  セッションに先立ち、エントリーリストの変更が明らかとなった。LMP2クラスのユナイテッド・オートスポーツ22号車オレカ07・ギブソンをドライブする予定だったファビオ・シェーラーがCOVID-19の検査において陽性反応を示したことからポルティマオ戦を急遽欠場することとなり、代わりにウェイン・ボイドが起用されることになった。  金曜日9時36分にスチュワードが判断したところによると、過去48時間以内にシェーラーは2度、COVID-19の検査で陽性を示したことがチームから報告されたという。  ボイドはELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズのLMP3チャンピオンであり、今季もユナイテッド・オートスポーツから同カテゴリーにエントリーしている。WECはこれがデビュー戦となる。...
Jun
11
 6月11日、ポルトガル南部のポルティマオ(アルガルベ国際サーキット)で2021年シーズンのWEC世界耐久選手権第2戦『ポルティマオ8時間レース』が開幕した。レースウイーク初日の11日は15時15分から、この日唯一の走行セッションとなるフリープラクティス1回目が行なわれ、LMP2クラスのJOTA38号車(ロベルト・ゴンザレス/アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/アンソニー・デビッドソン)がトップタイムをマークしている。  最高峰ハイパーカークラスの首位は、アルピーヌ・エルフ・マットミュートの36号車アルピーヌA480・ギブソンが総合2番手。トヨタGAZOO Racingが走らせるトヨタGR010ハイブリッドは、8号車が総合3番手/クラス2番手、7号車が総合4番手/クラス3番手となっている。デビューレースを迎えた709号車グリッケンハウス007 LMHは、総合12番手で最初のセッションを終えている。 ■2021WEC第2戦ポルティマオ フリープラクティス1回目 暫定結果 Pos. No. Class Team...
asimg_02_WEC_2021_Rd2_014_a60c372120466f-660x440.jpg
Jun
11
 6月13日に決勝レースが行なわれるWEC世界耐久選手権第2戦ポルティマオ8時間レース。現地時間の11日午前、FP1の走行開始を午後に控えたトヨタGAZOO Racingの中嶋一貴と小林可夢偉が、ポルトガル・ポルティマオにあるアルガルベ国際サーキットからリモート形式で日本メディアの質問に答え、レースへの抱負などを語った。  まずは取材の冒頭、8号車GR010ハイブリッドをドライブする一貴が第2戦のレースへ向けた意気込みを語った。 「開幕戦のスパでは、8号車はハイパーカー初優勝を遂げることができましたが、チームとしてはいろいろと課題の残るレースでもありました」と一貴。 「その後テストもあり、チームとしてクルマやオペレーションなど、見直せる部分は見直して今回のレースに臨んでいるので、前回以上にいいレースをしたい。8時間という長いレースとなりますが、最後までしっかりとミスなく、出すべき結果を出し、優勝目指して頑張っていきたいと思います」...
asimg_03_ff60c363f581d78-660x440.jpg
Jun
11
 全日本スーパーフォーミュラ選手権をプロモートする日本レースプロモーションは、新たな試みとして6月14日(月)19時30分から、Youtube Liveで『第3戦オートポリスレビューリアクションLIVE』を配信することになった。第3戦オートポリスでうれしい初優勝を飾ったジュリアーノ・アレジと、予選2番手につけた宮田莉朋というKuo VANTELIN TEAM TOM’Sのふたり、舘信秀監督が生出演する。  霧、風、そして雨と悪天候に見舞われるなか、トップを守りきり、代役参戦ながらスーパーフォーミュラ初優勝を飾ったアレジ、そして予選2番手から4位入賞を果たした宮田。そんなふたりが、Kuo VANTELIN TEAM TOM’Sの協力のもと、スーパーフォーミュラが新たにスタートさせるYoutube Liveに出演することになった。...
asimg_01_SUPERGTJGTC_2021_Rd.2_278_d460c340de9c713-660x440.jpg
Jun
11
 ル・マン24時間レースを主催するACOフランス西部自動車クラブは、8月21〜22日に決勝レースが行なわれるル・マン24時間レースの暫定エントリーリスト更新版を6月9日付で発表。このなかで、LMGTEプロクラスのハブオート・レーシングから、スーパーGT・GT500クラスのタイトル経験者であるヘイキ・コバライネンとニック・キャシディが、ル・マン・デビューを飾ることが明らかとなった。  ふたりのGT500チャンピオンは72号車ポルシェ911 RSR-19のステアリングを握る。3人目のドライバーには、ドリス・ファントールの名が記されている。  台湾籍のハブオートは、当初のエントリーリストではLMGTEアマクラスにその名前が記載されていたが、.。...
asimg__KT15046_f560c346d7cb0c7-660x440.jpg
Jun
11
 全日本ロードレース選手権第4戦筑波特別スポーツ走行2日目も朝から快晴となり最高気温は32度、路面温度は56.5度まで上がり真夏のような暑さとなった。いきなり暑くなったため、厳しい暑さもさることながら、急にフィーリングが変わってしまい、そこに対応するために各ライダーは苦労していた。 . 渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)/2021全日本ロード第4戦筑波 特別スポーツ走行  そんな厳しいコンディションの中、転倒したライダーも多く、ST1000クラスでは、1本目に最終コーナー進入で渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI...
asimg_210611_kone_racing02_de60c332628cf76-660x440.jpg
Jun
11
 モータースポーツ車両の製作やタイヤサービスを手がける共栄タイヤサービス株式会社は6月11日、同社のラリーチームであるK-oneレーシングにスーパーGTなどで活躍する織戸学をドライバーに迎え、今週末6月12~13日に群馬県高崎市を中心に開催されるJRC全日本ラリー第6戦モントレーに参戦すると発表した。  昨年までの大会と開催地域が変更となった今季のモントレーに登場する織戸がドライブするのはトヨタ86で、参戦カテゴリーはJN3クラスとなる。サミー株式会社の協賛により『パチスロ頭文字D』のカラーリングが施された車両は、今季第2戦新城から第5戦丹後まで森嶋昭時がドライブしてきたものだ。  2015年からK-oneレーシングに所属する織戸は、これまでにTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceや全日本ラリーに同チームから参戦した経験を持つ。今回のラリー出場は2019年シーズンの第9戦M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ以来、約2年ぶり3回目となる。  山本磨美とのコンビでモントレーに挑む織戸は、今戦でのJN3クラス優勝を目標に掲げた。...
asimg_SI202106060476_hires_jpeg_24bit_rgb_9660c320b3621fb-660x440.jpg
Jun
11
 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPでは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが首位を走行中に左リヤタイヤのバーストに見舞われリタイアとなった。一方2番手につけていたセルジオ・ペレスがこれで首位に浮上し、赤旗中断後も最後までその座を譲らず、レッドブル移籍後初優勝となるキャリア2勝目を飾った。ホンダF1の山本雅史マネージングディレクターは、今回の勝利について、レッドブル・ホンダがメルセデスを追い込むことができて「非常に刺激的でいい終わり方だった」と高く評価した。 ──────────────────── ──前戦モナコGPに続いて第6戦アゼルバイジャンGPも連勝し、ホンダとしては1992年以来29年ぶりの2連勝となったわけですが、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はリタイア、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がノーポイントに終わったことで、痛み分けとなりました。タイトル争いを戦ううえで、今回のフェルスタッペンのリタイアとハミルトンのノーポイントは、どちらのほうがよりダメージが大きいと捉えていますか?...
asimg_P0003278_ab60c316c12129b-660x440.jpg
Jun
11
 6月10日、BMW M GmbH代表取締役であるマルクス・フラッシュが投稿したInstagram(.)によって、BMWがトップレベルのプロトタイプレースに復帰することが確認された。ドイツのメーカーは2023年からスタートするLMDh規定のランクに参入し、グローバル・スポーツカーレース・プログラムを実行する予定だ。  BMW MのCEOであるフラッシュが、デイトナ24時間レースでのプログラム開始を示唆する「We are back! Daytona 2023」というメッセージを投稿してから一夜明けた11日までに、BMWからプログラムが及ぶ範囲や詳細についての公式発表はなされていない。  3月にSportscar365によって明らかにされたように、BMWはル・マン24時間レースの主催団体であるACOフランス西部自動車クラブと、ウェザーテック・スポーツカー選手権の運営組織であるIMSAが共同で作り上げた新プラットフォーム(=LMDh)の評価を行っていた。...
Jun
11
 2021年からF1デビューしたロシア人ドライバー、ニキータ・マゼピン(ハース)。マシンのポテンシャル不足もあり、これまでは全戦ノーポイントの苦しいシーズンを送っている彼に、さらなる問題が生じている。  ロシアのイタル・タス通信によると、マゼピンの父でハースのタイトルスポンサー、ウラルカリ社の共同オーナーでもあるドミトリー氏は、出席した経済フォーラムで「ニキータ(・マゼピン)は年に23レースを抱えているのに、軍隊に参加するように言われている」と明かした。  ロシアでは18歳から27歳の男性に1年間の兵役の義務が課せられており、著名なスポーツ選手であっても例外ではない。徴兵を逃れることはロシアでは重罪で、最長2年間の懲役を受けることになる。  ロシア軍には軍務中のトレーニングが認められた『スポーツ中隊』が存在し、他の競技ではこれに所属することで競技と兵役の両立を可能にしてきた選手もいるが、世界中を転戦するマゼピンには厳しい。兵役を民間での奉仕活動により代替することも認められているものの、こちらも多忙なスポーツ選手には難しいと言わざるを得ない。...
asimg_m04_1d60c308e287e37-660x440.jpg
Jun
11
 2021年も、ファンのために熱いレースを展開してくれるスーパーGTドライバーたち。SNS等でも散見されますが、所属するチームやメーカーによって差はあれど、多くのドライバーが“繋がり”をもっています。そんなGTドライバーたちの横の繋がりから、お悩みを聞くことでドライバーの知られざる“素の表情”を探りだす新企画をスタートしちゃいました! 今回はGOODSMILE RACING & Team UKYOの片岡龍也選手からバトンが繋がった、Arnage Racingの柳田真孝選手に突撃しました。...
asimg_SI202106060561_hires_jpeg_24bit_rgb_f560c2fd7bc3e1f-660x441.jpg
Jun
11
 波乱のレースとなったF1第6戦アゼルバイジャンGP。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は予選で初のQ3進出を果たすと、7番手からスタートした決勝ではライバルを抑えながら順調に周回を重ね、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のクラッシュにより6番手で赤旗中断を迎える。リスタート後に2台に抜かれはしたものの、前を走るルイス・ハミルトン(メルセデス)のミスにより角田は7位でフィニッシュ。開幕戦以来のポイントと、自己ベストリザルトを獲得した。  角田自身はリスタート後にポジションを落としたことに悔しさを見せるが、第2戦以降厳しいレースが続いた彼にとっては名誉挽回のレースとなったことは間違いない。そんな角田のアゼルバイジャンGP週末を海外メディアはどう捉えたのだろうか。今回も彼らの評価を見ていこう。...
asimg_02_901-Victor-Cartier-Toyota-Yaris-Rally2-Kit-scaled_4e60c2d9abaa397-660x440.jpg
Jun
11
 サーキット系カテゴリーと同様に度重なるカレンダー改訂を経ながらも、6月18日~20日の週末にラリー・ポーランドでの開幕を予定する2021年のERCヨーロッパ・ラリー選手権。その新シーズンに向け、フランス出身のヴィクトル・カルティエが自作の“Rally2-Kit”を装着する『トヨタ・ヤリス・ラリー2キット』での参戦を表明。ERC2クラスにエントリーし、スズキのスペイン法人であるスズキ・モーター・イベリカが投入予定の『Swift R4lly S(スイフト・ラリーS)』や、マティアス・エクストローム率いるEKS JCが開発した新型『アウディA1クワトロ』らと相見えることとなった。  2015年に初代トヨタ・ヤリス(日本名ヴィッツ)でキャリアを開始した24歳のカルティエは、このERCへのステップアップが「他のラリー2キットカーと比較するための最良の方法だ」として、自らの愛機を試す場としてセレクトした。 「もちろん、フランスにはターマックとグラベルの双方で、とてもレベルの高いドライビングを要する美しいチャンピオンシップがある」と語ったカルティエ。...
asimg_d21b4d6933f0613069de_6e60c303ae427aa-660x440.jpg
Jun
11
 スーパー耐久シリーズ 2021 Powered by Hankookの激戦区、ST-5クラスをマツダ・ロードスターで戦うiCraftはプレスリリースを発行し、新たに株式会社トレスとスポンサー契約を結んだことを発表した。それに伴い、次戦となる第4戦TKU スーパー耐久レース in オートポリスより車両名を『TRES☆TiR☆NATS☆ロードスター』に一新することとなった。また、第5戦鈴鹿では山野哲也をドライバーとして起用することを明らかにしている。  全日本ジムカーナ選手権の名手として知られた猪爪俊之監督兼エンジニアが率いるiCraftは2020年よりスーパー耐久シリーズのST-5クラスに挑戦。参戦にあたって日本自動車大学校(NATS)の支援をうけ、学生の実習授業も行っていることでも知られている。  そんなiCraftは、一般向けのスポーツウェアの製造販売を行いながら、サッカー、バスケ、バレーボールなどのプロチームのオフィシャルサプライヤーとして、スポーツ振興とサポートに力を入れてき株式会社トレスとのスポンサー契約締結を発表した。それに伴い、第4戦TKU スーパー耐久レース...