RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_SI202205050027_hires_jpeg_24bit_rgb_f66282111de78dc-660x440.jpg
May
16
 2022年F1第5戦マイアミGPを前に、フロリダで水陸両用車でのレースに挑んだマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と角田裕毅(アルファタウリ)。ふたりの直接対決の行方はいかに。  AMAスーパークロスチャンピオンのジェット・ローレンス、東京五輪にも出場したスケートボーダーのザイオン・ライトとともに、フロリダ州ネープルズにやってきたフェルスタッペンと角田。4人がここで挑戦するのは、1949年から続くこの街の名物『スワンプ・バギーレース』だ。  F1の舞台マイアミのイメージとは正反対のスワンプ(沼地・湿地帯)で行われるこのレースで使用するのは、900馬力を発揮するV8エンジンに2段変速のギアと68インチ(=172センチ)の車輪をつけただけのなんともアメリカンな水陸両用車。  このマシンが巻き上げる爆音と水しぶきが醍醐味のこのレースでは、もちろんドライバーが水浸しになることは免れられない。ただし「前にいれば濡れないよ」とクールに語るのがフェルスタッペンだ。...
asimg_2-1-f1-2022-technique-miami-ferrari-gurney-_new_e16282c33313140-660x1087.jpg
May
16
 2022年F1第5戦マイアミGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点などについて解説する。.に続く第2回では、用意してきた新リヤウイングを使用しなかったフェラーリの、レッドブルへの対抗策について語る。 ────────────────────────────────  レッドブルのトップスピードに対抗するため、フェラーリはマイアミGPに低ドラッグ仕様のリヤウイングを導入することを計画していた。しかしそれは、直前に中止された。イタリアの日刊紙『コリエレ・デラ・セラ』に、マッティア・ビノット代表はこう語っている。 「マイアミに到着して、路面舗装の状態を実際に見て、これが正しい選択ではないことがわかった。直線での速さより、タイヤマネージメントに集中するべきだとね」...
asimg_XPB_1141147_HiRes_896282640c84c2a-660x440.jpg
May
16
 2022年シーズンのF1は新規定によるマシンの導入で昨年までとは勢力図もレース展開も大きく変更。その世界最高峰のトップバトル、そして日本期待の角田裕毅の2年目の活躍を元F1ドライバーでホンダの若手育成を担当する中野信治氏が独自の視点でレースを振り返ります。今回はアメリカで初開催となった第5戦マイアミGPがテーマ。市街地の初コースで見えたドライバーの特徴の違い、そしてフェラーリの謎の失速、アルファタウリの致命的なウイークポイントという内容でお届けします。   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  初開催となった2022年F1第5戦マイアミGPですが、イベントの雰囲気として非常にマイアミらしく、天気と同様にエネルギーに満ち溢れ、またアメリカ人の国民性も現れていまたしたね。今後の新しいF1の見せ方、未来のF1のカタチといいますか、プールがあったっりエンターテイメントとしての見せ方が変わってきているのだなというとことを改めて再認識させてくれたレースでした。...
2023_chevrolet_bolt_euv_0091.jpg
May
16
Filed under: .,.,.,.,.,.,....
asimg_64409948-46172586_97628239a09afd2-660x440.jpg
May
16
 WRC世界ラリー選手権に参戦しているTOYOTA GAZOO Racing WRTのボス、ヤリ-マティ・ラトバラが自身のSNSを更新し、『ラリーフェスティバル・オスナヨ』に参加したトヨタ・セリカGT-FOUR(ST165)のオンボード映像を公開している。  スペイン北部のオスナヨを舞台に開催されたラリーフェスティバル・オスナヨ。5月5日から7日にかけて行われた2022年のイベントには、往年のWRCマシンなど世界中から100台を超えるヒストリックラリーカーが集結した。  2022年シーズンのWRCで3部門のチャンピオンシップをリードしているトヨタチームのボスと、彼の下でTGR WRTのテストドライバーや、勝田貴元が参加しているTGR WRCチャレンジプログラムのインストラクターなどを務めるユホ・ハンニネンのペアもこの中に含まれ、彼らはラトバラが所有する『トヨタ・セリカGT-FOUR』で同イベントに参加した。...
May
16
 5月13日付けで、スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは、5月28〜29日に三重県の鈴鹿サーキットで開催される第3戦『たかのこのホテル SUZUKA GT 300km RACE』の参加条件について発表した。第2戦富士で採用される参加条件から変更され、鈴鹿に合わせた参加条件が採用されている。 ※太字:第2戦富士からの変更箇所 I.GT500クラス 参加車両については、SpR第23条 サクセスウェイト制に従った燃料流量リストリクターを装着すること。燃料補給装置給油ホースリストリクター(内径 25.0mm)が引き続き適用される。取付位置等については、末項を参照のこと。 II.GT300クラス GT300 競技車両 最低重量 エアリストリクター径 BoP 重量 車両重量 備考 スバルBRZ
1150kg​
None
+50kg​
...
asimg_D740577_6c6119dda0b28ac-660x440.jpg
May
16
 5月16日(月)、ウイリアムズ・レーシングは、今週末にバルセロナ-カタロニア・サーキットで開催されるF1第6戦スペインGPのフリー走行1回目において、ニック・デ・フリースを起用すると発表した。  現在27歳でオランダ出身のデ・フリースは、2012年よりシングルシーターでのキャリアをスタートし、2014年にはユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0やフォーミュラ・ルノー2.0 NECなどでタイトルを獲得。2019年にはARTグランプリから参戦したFIA F2でチャンピオンに輝いた。  デ・フリースはかつてマクラーレンのドライバー育成プログラムの一員だったが、2019年シーズンが始まる前にマクラーレンを離れている。F2でタイトルを獲得した2019年からはフォーミュラEに参戦し、メルセデスのワークスチームであるメルセデスEQフォーミュラEチームに所属。2020/21年にはタイトルを獲得した。...