RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_XPB_1097225_HiRes_a26332b04f731c3-660x440.jpg
Sep
27
 元F1チャンピオンのデイモン・ヒルは、フェルナンド・アロンソはまだF1で戦えるだけの能力と意欲を持っていると語り、彼の引退時期を3年後の「44歳」だと予想した。  アロンソは引退を発表したセバスチャン・ベッテルに代わり、アストンマーティンF1と2023年からの複数年契約を結んだ。アロンソとの契約延長が有力視されていたアルピーヌF1のオットマー・サフナウアー代表は、2022年7月に41歳の誕生日を迎えた彼の年齢がネックとなり、単年の契約しか提示できなかったことが交渉が決裂した原因だと考えている。  グリッド上で最年長のドライバーとなった今も現役続行への強い意欲を見せるアロンソだが、彼はいつまで一線で戦うことができるのか。この疑問に1996年のF1ドライバーズチャンピオンであるヒルが答えた。  F1公式ポッドキャスト『F1 Nation』で視聴者からの質問を受けたヒルは、「レーシングドライバーは40歳までにやめるべきだという思いがいつも心にあったんだ」と、まず自身の現役時代を振り返った。...
asimg_777_RS3_7519_856332ab8f65247-660x440.jpg
Sep
27
 9月25日に岡山国際サーキットで行われた第10戦をもってシーズン終了となった2022年のファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア・パワード・バイAWS。マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットを皮切りに、鈴鹿サーキット、富士スピードウェイ、スポーツランドSUGO、そして岡山と日本の4サーキットを転戦し、各週末60分の決勝レースを2回開催、トータル10レースで選手権が争われた。  最終レースまで続いたタイトル争いの結果、GT3カテゴリーのオーバーオール(総合)ドライバー選手権は、カーガイ・レーシングの木村武史&ケイ・コッツォリーノが獲得。アジアチャンピオンに輝くこととなった。...
asimg_XPB_906704_1200px_4963329a25a6f6e-660x439.jpg
Sep
27
 アルピーヌのエステバン・オコンは、今週末のF1第17戦シンガポールGPが手ごわいものになると予想しているという。コースのバンピーな性質から、今年のF1マシンは大きな影響を被ると予測しているのだ。  新型コロナウイルスのパンデミックにより2020年と2021年はレースが中止になったため、F1がマリーナベイ・ストリート・サーキットへ行くのは2019年以来のこととなる。オコンは2019年はF1でレースをしていなかったが、それまでに3回の出走経験があり、2017年には当時のフォースインディアで入賞を果たしたが、2018年はクラッシュによりリタイアを喫した。...
asimg_02_The-all-Ford-front-row-of-pole-starter-Brad-Keselowski-left-and-Joey-Logano-rolls-through-the-turns-in-pace-laps_f1633289ed7be12-660x440.jpg
Sep
27
 プレーオフもいよいよ第二段階、16名から12名に絞られた“ラウンド・オブ12”初戦となった2022年NASCARカップシリーズ第30戦『オートトレーダー・エコパーク・オートモーティブ500』は、今季頻発するワンメイクタイヤ“バースト”による長いドラマとなった1日を乗り切り、タイラー・レディック(リチャード・チルドレス・レーシング/シボレー・カマロ)が今季3勝目を獲得。前戦のマルチクラッシュにより、僚友のオースティン・ディロン(リチャード・チルドレス・レーシング/シボレー・カマロ)とともにプレーオフ進出権を逃していたレディックが、この日最多の77周をリードしてカップ戦オーバルでの初勝利を収めている。...
Sep
26
 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは9月22日付けで、第6戦SUGOを終えてのGTAドライビングモラルハザード制度の通達一覧、ドライビングモラルハザード防止制度のペナルティポイント表を発表した。10月1〜2日に開催される第7戦オートポリスでは3名のドライバーが公式練習後半1時間の参加が禁止されたほか、うち1名がペナルティポイント累積にともない4グリッド降格となっている。  GTAドライビングモラルハザード防止制度は、「レースの観客に対し、プロフェッショナルなドライビング・バトルを見せ魅力的なスーパーGTレースを構築する」、「不必要なレース中断を防止し、面白いレースを演出する」、「ドライバーにとって、すべてのレースの規範となるスポーツマンシップを構築する」、「観客を含むレース関係者すべての安全性をより高く確保する」ことを目的としている。  制度内では危険なドライブ行為や接触で相手をスピンアウトさせる行為、黄旗中のスピン、安全確認義務違反、青旗無視などさまざまな項目に応じて罰則ポイントが課され累積するが、累積の罰則ポイントにともない下記のペナルティが発生する。...
asimg_NZ7_9954_6c63327cce6636b-660x990.jpg
Sep
26
 2023年1月13~15日に千葉県・幕張メッセで開催の世界最大級のカスタムカーショー「東京オートサロン2023」。イベントを盛り上げるイメージガールA-classが発表となった。  新年最初のビッグイベントとして恒例となっている世界最大級のカスタムカーショー「東京オートサロン」。近年ではモータースポーツの体制発表なども行われ、モータースポーツファンにも欠かせないイベントとなっている。  東京オートサロンを盛り上げるのがイメージガールA-classだ。2003年の誕生以来、人気女性タレントやグラビアモデル、トップレースクイーンたちが歴任している。  2023年のA-classを務めるのは、2022年度もA-classとして活躍した松田蘭さん。トップレースクイーンとして活躍する藤井マリーさん、2021年にレースクイーンデビューし2022年もサーキットで活躍する長坂有紗さん、花乃衣美優さん、広瀬晏夕さんに加え、日本レースクイーン大賞2022新人部門から朝倉咲彩さんが選出。レースクイーンとして活躍する6名が東京オートサロン2023イメージガールA-classとして活動していく。...
Sep
26
ทดสอบโพสต์
Sep
26
 モータースポーツ総合情報サイト『autosport web』では、ユーザーの皆様にモータースポーツをもっと楽しんでもらうため、最新情報をいち早くお伝えするほか、イベント開催などコンテンツの充実を図っていきます。そのために、皆様のご意見ご要望を聞かせていただく『ユーザーアンケート企画』.を実施中です。皆様のご協力をお待ちしております! ■autosport webユーザーアンケート企画 . 【実施期間】2022年9月27日(火)〜2022年10月29日(土)
.
asimg_P90477152_highRes_suzuka-jpn-27-28-aug_e96332790946797-660x440.jpg
Sep
26
 BMW MチームRLLのフルタイムドライバーとして、来季のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権GTPクラスで新型LMDhマシンをドライブするアウグスト・ファーフスとニック・イェロリーは、BMW MハイブリッドV8がこれまでのLMDhのテストにおいて有望な進歩を遂げ、箱から出してすぐにでも競争力を発揮することができると考えている。  ファーフスとイェロリーは先週、同じくBMWワークスドライバーであるコナー・デ・フィリッピ、フィリップ・エングとともにBMW MチームRLLでIMSA GTPの最初のフルシーズンを戦うドライバーとなることがアナウンスされた。  この4人のドライバーは、ダラーラの次期LMP2シャシーベースの新型LMDhカーが北米に渡る以前に行われたイタリアでのシェイクダウンや、バルセロナとアラゴンでのテスト、これらいずれかに参加しておりヨーロッパのトラックで周回を重ねている。 「まだ初期の段階ではあるが、クルマが正しく生まれたかどうかは感じ取れるもので、僕はこのクルマが正しいと言わざるをえない」とファーフスはSportscar365に語った。...
Sep
26
 WRC世界ラリー選手権イベントとして2012年以来、10年ぶりに開催される『ラリー・ニュージーランド』のシェイクダウンが、WRC公式YouTubeチャンネルで無料ライブ配信される。  2022年シーズン第11戦として行われるラリー・ニュージーランド(ラリーNZ)は、ニュージーランドの北島を舞台とし、同国最大都市であるオークランドを中心に9月29日から10月2日までの4日間で争われる。  同イベントのステージはグラベル(未舗装路)で、路面がスムーズかつバンク状になったコーナーが多いのが特徴。コースサイドに障害物が少ないこともありドライバーたちの人気が高いラリーとして知られている。  そんなラリーNZは、29日(木)に実施されるスーパーSS(SS1)を皮切りに計17本のSSで争われていくが、それに先立って行われるシェイクダウンの模様が、今戦も公式YouTubeチャンネルで無料ライブ配信されることが決まった。配信開始時刻は木曜日の朝5時だ。 ■シェイクダウン ライブ!| WRC Repco Rally New Zealand...
asimg_1main_ba63325380bdfd0-660x440.jpg
Sep
26
 オラクル・レッドブル・レーシングは9月27日、日本企業のポノス株式会社と2022年F1第18戦日本GPにおけるパートナーシップ締結を発表した。ポノスは、スマートデバイス向けのゲームなどを軸に事業を展開している企業で、代表作には『にゃんこ大戦争』が挙げられる。  またモータースポーツに関しては、スーパーGTとスーパーフォーミュラに参戦するトムスのスポンサーを2015年から務めており、F1では2020〜2021年までウイリアムズのスポンサーを務めていた。  日本GPにおけるポノスとのパートナーシップ締結について、オラクル・レッドブル・レーシングのチーム代表兼CEOのクリスチャン・ホーナーは、次のように語った。 「コロナ禍の終息とともに国境をまたぐ往来が再開され、F1史に残る数々の名レースが繰り広げられてきた鈴鹿の地で、再びF1グランプリが開催されることを本当に嬉しく感じている」...
asimg_mgp14kazuki-watanaber9_bf6315d58aa65d6-660x440.jpg
Sep
26
 9月27日、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦しているチーム・スズキ・エクスターは、9月30~10月2日にチャン・インターナショナルサーキットで開催される第17戦タイGPで負傷しているジョアン・ミルの代役にダニロ・ペトルッチを起用すると発表した。  ミルは第13戦オーストリアGPの決勝で転倒を喫した際に、右足首の距骨に小さな骨折と、距骨靭帯の損傷が確認され、15日間の安静が必要とされていた。そのため第14戦サンマリノGPを欠場し、渡辺一樹が代役を務めていた。 ....
asimg_2022R15Dutch-Sai-Pirelli1_306332287a5ff3e-660x440.jpg
Sep
26
 フェラーリが前回優勝したのは、7月のオーストリアGPのことであり、その後の5レースで、勝ち星から見放されている。シーズン当初のあの目を見張るようなF1-75の速さは、いったいどこに行ってしまったのか。フェラーリの失速をF1i.comのニコラス・カルペンティエルが技術的な面から分析、3つの理由を挙げた(全3回連載)。 ────────────────────────────────  7月末のハンガリーGP以降、フェラーリは、予選ではかろうじてレッドブルに対抗できているものの、決勝レースではすっかり躍動できなくなった。その一番の理由は、タイヤが熱くなりやすいというF1-75の特性から来ている。逆に言えば熱が入りやすいわけで、予選ではそれが有利になる。しかし決勝では、タイヤが持たないのだ。特にブダペスト、スパ、ザントフォールトは、レース中にリヤタイヤがオーバーヒートする傾向が強く、シャルル・ルクレールもカルロス・サインツも、熱劣化を抑えるためにペースを落とさざるをえなかった。そしてモンツァでは、シーズン序盤のイモラやマイアミのように、左フロントタイヤが早く消耗してしまった。...
Sep
26
 3年ぶりに開催された日本GPは、天候がライダーを翻弄したレースウイークだった。金曜日は曇り、雨天の土曜日は午後に雨脚が激しくなってフリー走行3回目がキャンセルとなり、予選もディレイ。スケジュールから約1時間遅れで、ウエットコンディションの中で予選が行われた。だが、決勝日の天候は快晴。気持ちのよい秋晴れに恵まれた。    この週末、ライダーが決勝レースまでにドライコンディションで走行できたのは金曜日と日曜日のウオームアップ・セッションのみ。今年の日本GPは機材輸送の関係で金曜日午前中にフリー走行が行われず、午後に時間を75分に拡大してフリー走行1回目が行われた。ただ、金曜日は前述のように曇天だったために路面温度が上がらず、28度。対して日曜日は路面温度が38度まで上昇した。3年ぶりの開催、そしてフリー走行から変わったコンディションなど、ライダーにとっては難しいタイヤ選択となった。  ...
asimg_02_RD_f4632c40ac6362f-660x440.jpg
Sep
26
 WEC世界耐久選手権に参戦中の気になるドライバーたちを取り上げてきたこのコーナー。第6回目にして最終回となる今回は、番外編としてユナイテッド・オートスポーツの共同オーナーであるリチャード・ディーンを紹介したい。  現在マクラーレン・レーシングCEOともなっているザク・ブラウンとともにチームを運営しているディーンはイギリス出身の元レーシングドライバーで、1993年にはチーム・ルマン、1994年には東名スポーツ・オペルから全日本F3に参戦。1994年には、チーム5ZIGENから全日本F3000、1995年にはジャラーナBPダンロップBMWでJTCCの最終大会にもスポット参戦している、日本に馴染みのある人物だ。  日本のレースに出場している時には、他の外国人ドライバーと同様、御殿場在住だったディーン。約30年が経過し、ディーン自身も56歳で迎えた今回の富士戦で、当時の様子について聞いてみた。 ■トム・クリステンセンとの共通項...
asimg_XPB_454571_1200px_a66331977ebec7b-660x439.jpg
Sep
26
 元トロロッソのF1ドライバーであるハイメ・アルグエルスアリは、レッドブルの育成ドライバーの頃に経験したトラウマが今も残っていることから、「とても奇妙な」夢を見るといい、そのなかには怒ったヘルムート・マルコが出てくることもあるという。  2009年、レッドブル・ジュニアチームの一員だったアルグエルスアリはフォーミュラ・ルノー3.5シリーズに参戦していたが、マルコに突然呼び出され、セバスチャン・ブルデーの代わりにトロロッソからハンガリーGPでF1デビューを果たすことになった。たった19歳と125日でアルグエルスアリは、F1史上最も若いドライバーとして、ハンガロリンクのグリッドに並んだのだ。  トロロッソには2011年まで在籍し、その間の2度の7位フィニッシュが、F1におけるアルグエルスアリのベストリザルトだった。アルグエルスアリはチームメイトだったセバスチャン・ブエミに引けを取ってはいなかったものの、残念ながら彼の成績はモータースポーツのエリートたちとレースを続けるのに十分なものではなかった。...