RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_2017Malaysia-DanFallows-VerstappenRicciardo-RBR1_ed61e7433dcd3f7-660x458.jpg
Jan
18
 レッドブル・レーシングの元ヘッド・オブ・エアロダイナミクス、ダン・ファローズのアストンマーティン移籍に関し、両チームは合意に達したことを発表した。ファローズは4月2日付けでアストンマーティンにテクニカルディレクターとして加入する。  2021年6月、レッドブルはファローズが離脱することを発表した。アストンマーティンは、ファローズが6カ月のガーデニング休暇を終えて、2022年序盤に正式に加入することを希望していた。しかしレッドブルは、ガーデニング休暇期間がスタートするのは、本来の契約が終了する2022年12月31日であると主張。レッドブルはファローズの移籍時期について、法的措置を取り、法廷で争っていた。  しかし1月18日、レッドブルとアストンマーティンは共同で声明を発表、両者が合意に至り、ファローズが2022年4月2日にアストンマーティンに加入することを明らかにした。ファローズはそれまではレッドブル・テクノロジーの従業員であることが強調されている。...
asimg_03_169-61e690afc937c_8561e6ef3321796-660x440.jpeg
Jan
18
 1月18日、プジョーは新しいル・マン・ハイパーカー(LMH)のホモロゲーション登録前のテストプログラムを継続するため、セブリングで行われるWEC世界耐久選手権の2022年シーズン開幕戦への出場を見送ることを明らかにした。  現在、LMH規定に基づく新型ハイパーカー『プジョー9X8』を開発しているフランスのメーカーは、93号車と94号車のペアが3月19日にアメリカ、フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイで開催されるセブリング1000マイルを欠場することを確認した。  WECのフレデリック・ルキアンCEOは先週、プジョーが6月のル・マン24時間レースでグリッドを確保するためには、.している。そうしたなか、プジョースポールは彼らのニューマシンがどのタイミングでレースデビューを果たすのかを明らかにしていない。...
Jan
18
 プジョースポールは1月18日、新しいハイパーカーである『プジョー9X8』が2022年のWEC世界耐久選手権開幕戦セブリングを欠場することを明らかにすると同時に、ウイングレスという独創的なスタイリングを持つ最新レースカーの走行シーンを収めたショートムービーを公開した。  レーシングカーにおいて通常は考えられない、リヤウイングを持たない構造のプロトタイプカーとして注目を集めるプジョー9X8の開発テストがスペイン、アラゴン州にあるモーターランド・アラゴンで行われ、その模様が初めて写真と動画で公開された。  残念ながら開発状況の関係でWECの2022年フルシーズンエントリーリストに名を連ねたプジョー9X8のペア、.こととなったが、まだデビューレースが確定していないマシンはプジョー独自の車両開発フィロソフィーが継続されたまま開発が進められている。...
asimg_XPB_731059_HiRes_4261e694e3499bb-660x440.jpg
Jan
18
 メルセデスのドライバーであるジョージ・ラッセルは、かつてメルセデスのサポートを断り、永遠に彼らから見捨てられる危険を犯したことがあると述べている。  ラッセルはウイリアムズで印象強い3年間を送ったおかげで、2022年シーズンはチャンピオンチームのメルセデスのメンバーとしてF1キャリアの次のレベルへと進む。しかし23歳のラッセルは、頂点へ到達するのにまったく異なる道をたどるか、もしくは自身によるリスクの高い決断のせいで、完全に道を外れる可能性があったという。  2015年の初め、ラッセルはメルセデス・モータースポーツ代表のトト・ウォルフから連絡を受けた。ラッセルが2014年のイギリスF4選手権タイトルを獲得した勝利シーズンのすぐ後のことで、ウォルフはヨーロピアンF3選手権参戦のためのスポンサーシップとメルセデスからのサポートをオファーしたという。  しかしラッセルはそれらのオファーを断り、代わりにカーリンとフォルクスワーゲンに忠誠を誓った。 「カーリンとフォルクスワーゲンに入る前に、すでにトトとメルセデスと話し合いをしていた」とラッセルは振り返り、『Motor...
369274e0-6b59-11e9-b7d5-9638211c1b24
Jan
18
Filed under: .,. We're playing F1 2019 today. .
asimg_21R19BraSu-Ham-XPB5_1361922bad10ab0-660x440.jpg
Jan
18
 メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チームは、2022年シーズンを戦う新マシン『W13 E Performance』を2月18日(金)に発表することを公式ツイッターで明らかにした。  F1にパワーユニットが導入された2014年以降、圧倒的なパフォーマンスを誇ってきたメルセデス。2021年はルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのペアで5シーズン目を迎え、前人未到のコンストラクターズ選手権8連覇を達成した。  2022年はボッタスがチームを離脱し、育成ドライバーのジョージ・ラッセルが昇格する。ラッセルは2017年にメルセデスのジュニアドライバープログラムに加入し、GP3とFIA-F2でタイトルを獲得。2019年にウイリアムズからF1デビューを果たした。2020年第16戦サクヒールGPでは、新型コロナウイルスに感染してレースを欠場したハミルトンの代役を務めた経験もある。...
Jan
18
 2021年末にフランスメディア『autojournal』は、『F1参戦を志向するアウディが、そのLMDhプログラムをトラックデビュー前にキャンセルした』と報じたが、アウディ・カスタマーレーシングのボス、クリス・ラインケはこれらの主張に反論し、2023年のデビューに向けプログラムはいまなお「全速力で進んでいる」と述べた。  アウディは2020年11月30日、現在IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の最高峰クラスで採用されているDPiの次期規定で、WEC世界耐久選手権のハイパーカー・クラスにも参戦可能となる.。2021年4月には、.していた。  またその際には、2022年初頭のトラックデビュー、2023年1月のデイトナ24時間でのレースデビューが目標であるとしていた。...
asimg_34-INTER-EUROPOL-COMPETITION..._8861e67fca0f976-660x440.jpg
Jan
18
 2022年のWEC世界耐久選手権にフルシーズンエントリーしているインターユーロポル・コンペティションは、元F1ドライバーのエステバン・グティエレスと契約を結びLMP2チームのドライバーラインアップを完成させた。  ザウバーとハースの2チームからF1に参戦したメキシコ出身のグティエレスは“世界三大レース”のひとつに数えられるル・マン24時間レースを含む全6戦のWECキャンペーンに参加し、インターユーロポルに戻ってきたアレックス・ブランドルとヤクブ・スミエコウスキーとチームを組んで34号車オレカ07・ギブソンをドライブする。  30歳の彼は、デイル・コイン・レーシングから2017年のインディカー・シリーズに参戦したのを最後にビッグレースに出場しておらず、今回の決定によって自身5年ぶりとなるレース復帰を果たす予定だ。  このメキシコ人ドライバーはアメリカのオープンホイールシリーズを戦った後、メルセデスのF1、およびフォーミュラEのリザーブ兼開発ドライバーとしてドイツメーカーのプログラムに関わってきた。...
asimg_XPB_1126055_1200px_fb61b6211ce24b5-660x440.jpg
Jan
18
 元F1世界チャンピオンのデイモン・ヒルは、セルジオ・ペレスがレッドブル・レーシングでの新たな役割にうまく移行できたのは、F1における確かな実績と豊富な経験があったおかげだと述べている  レッドブルは2021年に、マックス・フェルスタッペンのチームメイトをレッドブルのドライバープログラム外から探すという驚きの決断を下した。それまでにレギュラードライバーを務めたアレクサンダー・アルボン、ピエール・ガスリー、ダニール・クビアトは基準に達しなかったのだ。  ペレスは2020年シーズンに自身初のF1優勝をサクヒールGPで飾ったものの、レーシングポイント(現アストンマーティン)が4度のF1世界チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルの起用とペレスの放出を決めたため、彼はシートを失った。  レッドブルで落ち着くまでにしばらく時間を要したペレスだが、6月にはアゼルバイジャンGPで自身2度目の優勝を飾ったほか、チャンピオンシップにおけるチームのタイトル争いへの貢献も評価された。特に2021年の最終戦アブダビGPでは重要な役割を演じたのだ。...