RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

EQ_gnS3VAAEPV_j-660x440.jpg
Feb
21
 スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスは2020年のニュルブルクリンク24時間レースへの投入を予定している新型GT3カー『SCG 004C』のシェイクダウンを完了させた。  創業者のジェームズ・グリッケンハウスは2月18日、イタリア北部のクレモナ・サーキットでSCG 004Cのファーストマイレージを記録し、その後のテストのためにレースドライバーのトーマス・マッチにステアリングを引き渡している。  彼らが開発中の004Cは、ロードゴーイングモデルである『004S』のレーシングバージョン。2017年に、ニュルブルクリンク24時間の予選でポールポジションを獲得した『SCG 003C』の後継車となるモデルだ。  初走行を担当したグリッケンハウスは、004Cは3月に行われるNLSシリーズ(旧VLN)のオープニングラウンドでデビューするとSportscar365に語った。  SCGはその後シリーズ第2戦と、5月に開催される24時間レースに先立って行われるニュルブルクリンク24時間の予選レースにも参加する予定で、いずれもSPXクラスでの出場になるという。...
ws200221_006H-660x440.jpg
Feb
21
 2020年シーズンのSBKを戦うホンダのワークスチーム、Team HRCのマシン『CBR1000RR-R FIREBLADE SP』とライダーのアルバロ・バウティスタ、レオン・ハスラムの画像ギャラリー。 . 2020年SBK:ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP . 2020年SBK:ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP...
2020TESTCOLOR_phase1_page-00012-660x440.jpg
Feb
21
 スーパーGT GT500クラスにRAYBRIG NSX-GTで参戦するTEAM KUNIMITSUは2月21日、チーム公式TwitterとRAYBRIGモータースポーツホームページで、2020年のシーズンオフテスト専用カラーリング『RA20YG PHASE1』を公開した。  高橋国光総監督が率い、2018年には念願のGT500クラスシリーズチャンピオンを獲得したTEAM KUNIMITSU。2020年シーズンは山本尚貴と牧野任祐という、強さと速さを兼ね備えるコンビでチャンピオン奪還を狙う。  そんなTEAM KUNIMITSUは、ほぼ毎年、シーズンオフのテストではその年のブルー基調の本番カラーリングに先駆け、ブラックが基調とされたテスト専用のカラーリングで走行しており、ファンにも非常に人気が高い。  今シーズンGT500クラスは新規定が導入され、ホンダ陣営は新たにFR化されたNSX-GTでレースに挑むことになるが、今年もRAYBRIG NSX-GTにテスト専用カラーリングが登場した。...
Feb
21
 ハースF1チームのチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、レーシングポイントの2020年型マシン『RP20』が2019年のメルセデスのマシン『W10』に酷似していることについて、レーシングポイントはハースのやっていることと同じことをしていると語った。  レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、2018年にハースを最も声高に批判したうちのひとりであり、当時多くの人々が単なるフェラーリのクローンだと見なしていたマシンをハースが使用したとして非難していた。  しかし2020年のレーシングポイントは、ハースと同様のアプローチを採用した。テクニカルディレクターのアンディ・グリーンは、2020年型マシン『RP20』の空力コンセプトとフロントとリヤのサスペンションの設計に関して、メルセデスからヒントを得たのだ。  シュタイナーはW10そっくりのレーシングポイントのマシンについて、「ときには口を開く前に考えるべきだと言っておこう。なぜならいつかは自分の番になり、そうなると(それに)反対することはできなくなるからだ」と言及した。...
S__139944038-660x440.jpg
Feb
21
 2月21日(金)、ホンダはウエルカムプラザ青山で2020年シーズンのスーパーバイク世界選手権(SBK)チームローンチイベントを開催した。  今回のイベントは、一般公開の予定だったが、現在発生している新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み、一般公開を中止しライブ中継のみとなった。  2019年シーズンは、モリワキエンジニアリングとアルティア・レーシングにより結成された『モリワキ・アルティア・ホンダ・チーム』をHRCがサポートする体制でSBKを戦ったホンダ。ライダーは2010年からSBKに参戦しているレオン・キャミアと自身10年ぶりのSBK復帰となった清成龍一のふたりがエントリーした。マシンは2019年型のホンダCBR1000RR SP2で臨んだものの、キャミアの転倒による欠場や清成の苦戦により総合ランキングでは下位に沈むことになった。...
IMG_2403-660x440.jpg
Feb
21
 いよいよ、2020年シーズンのプレシーズンテストがスペインのバルセロナ-カタロニア・サーキットで始まりました。初日は走行前に新車のお披露目やFIAの撮影もありましたね。さて、今年も柴田久仁夫氏が現地の様子をお届けてしていきます。 ──────────  F1チームはこれまで長いこと、ド派手な新車発表を自粛してましたよね。それが今年はフェラーリやアルファタウリ、それからレーシングポイントなどなどが、コンサートやファッションショーと見紛う発表会を開きました。はたしてそのトレンドは、今後も広まって行くのでしょうか。  一方でテスト会場のカタルーニャサーキットで、控えめに新車のお披露目をするチームもありました。 . 2020年F1バルセロナテスト現地情報(1)...
02_De6e8gkUcAAiHkl-large-660x440.jpg
Feb
21
 2年目のシーズンを迎えるTCRオーストラリア・シリーズに向け、各陣営が続々と2020年体制を発表している。VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーでニッサン・アルティマをドライブしてきたマイケル・カルーソは、GRM(ギャリー・ロジャース・モータースポーツ)との2年契約でアルファロメオ・ジュリエッタ・ヴェローチェTCRのステアリングを握り、ホンダ系のウォール・レーシングは3台体制に。また国際ゲストが多数参戦することもアナウンスされている。  2013年のニッサン・モータースポーツによるファクトリー参戦以降、ケリー・レーシングで6シーズンにわたってアルティマをドライブしてきたカルーソは、2019年にGRMの助っ人として数戦でホールデンのシートに座り、後半戦の耐久カップではティックフォード・レーシングのキャメロン・ウォーターズとペアを組み、フォード・マスタング・スーパーカーを経験する忙しいシーズンを過ごした。  そんな激動のファイナルシーズンを経て2020年は心機一転。主戦場をTCRシリーズに求め、バルボリン・カラーのアルファロメオでシーズンを追うことが決まった。...
20PreT1-2-Vet-XPB1-660x440.jpg
Feb
20
 フェラーリのセバスチャン・ベッテルが2020年F1プレシーズンテスト2日目午後に登場した。初めて本格的にニューマシンSF1000を走らせたベッテルは、昨年型に比べて向上したと感じると述べた。  テスト初日を担当する予定だったベッテルだが、体調不良のため、急遽走行をキャンセルして休養をとり、20日の午後にシャルル・ルクレールからステアリングを引き継いだ。  ベッテルは73周を走行、1分18秒154(C4タイヤ)で13人中6番手となった。 「やっとSF1000に乗ることができた。昨日は気分がよくなくて、ずっと横になっていた」とベッテル。 「また走ることができてうれしい。とてもポジティブな午後だった。信頼性のトラブルに見舞われることなく73周を走れた。新車テストをする時にはそれが一番大事なことだ」  昨年ダウンフォース不足で苦労したフェラーリはその問題を今季型では解決することを目指している。...
Feb
20
 アルファロメオ・レーシング・オーレンのキミ・ライコネンは、スペインのバルセロナ-カタロニア・サーキットで行われている2020年の第1回プレシーズンテストの2日目を終え、大きな問題もなく、順調に進んでいると述べた。  2020年型マシン『C39』のシェイクダウンを担当したライコネンは、この日が今回のテストでの初走行となった。セッション終盤にテスト2日目の最速タイムとなる1分17秒091をマークしたライコネンだが、その後スピンを喫してコース上でストップ。これにより、今年最初の赤旗が出された。  それでも、ライコネンはテストについてポジティブな感想を述べ、すべてが順調に進んでいるようだという。 「僕の最初のテストデーとしてはまずまずだった。重要なのは、大きな問題もなくすべてが順調に機能しているように見えることだ。直近の感想はとてもポジティブだけど、まだ始まったばかりだこれからも先は長いが、昨年に比べて一歩前進したと思う」 「僕たちがどのあたりの位置につけることになるかは誰にも分からないけれど、今のところは順調だ」...
1f9d0.png
Feb
20
 2020年F1プレシーズンテスト2日目に、メルセデスF1チームは、革新的なステアリングシステム『DAS』のテストを行い、注目を集めた。  メルセデスの説明によると、『DAS』は『Dual Axis Steering』の略だという。午前中に走行したW11の車載映像に、ルイス・ハミルトンのステアリングが前後にスライドする様子が映っていた。  このデバイスは、フロントホイールのアライメント(トー角)を調整する役割を持つものであり、マシンの挙動やタイヤの温度の面で効果を発揮すると考えられている。  このシステムが違法ではないかと疑う声も上がっているが、メルセデスのテクニカルディレクター、ジェームズ・アリソンは、FIAに問い合わせ済みであり、合法であることは明らかだと答えた。
....​
p011-660x440.jpg
Feb
20
 ポルシェジャパンは2月21日、ポルシェジャパン・モータースポーツのスカラシッププログラムであるポルシェジャパンジュニアドライバーとして、石坂瑞基と大草りきのふたりを選出したと発表した。石坂はポルシェカレラカップ・ジャパン(PCCJ)に、大草はポルシェスプリントチャレンジ・ジャパン(PSCJ)に参戦する。  ポルシェジャパンは、毎年ジュニアドライバーを採用しており、2019年はジュニアドライバーの笹原右京がPCCJのチャンピオンを獲得している。2020年に向けては、書類選考を経て各カテゴリーで複数名選ばれたドライバーに対しの面接および実車のドライビングテストを富士スピードウェイで実施。PCCJ委員会やPCCJの影山正美ドライビングアドバイザーによるラップタイム、ドライバーとしての資質や環境、英語力など総合的な審査を行った結果、石坂と大草がジュニアドライバーに選出された。...
61_AF8I0328-660x440.jpg
Feb
20
 2019年に自らがドライバー兼チーム代表を務めるABSSA MOTORSPORTを立ち上げ、ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアに参戦した澤圭太が、2020年シーズンも引き続きアジアでのレース活動を継続することが分かった。  AsLMSアジアン・ル・マン・シリーズのチャンピオンで、WEC世界耐久選手権での優勝経験を持つ澤は昨シーズン、自ら組織のマネジメントを行う新チームを設立。マクラーレン・カスタマーレーシングと提携を結び、マクラーレン720S GT3でGTワールドチャレンジ・アジアに初参戦した。  タイ人のジェントルマンドライバー、ピティ・ビョロムパクティとコンビを組んでPro/Amクラスを戦った澤とABSSA MOTORSPORTは、“激戦区”であるこのクラスでデビューシーズンをランキング8位で終えている。  そんな澤とチームは2020年シーズン、タイトルスポンサーが替わったことで『GTワールドチャレンジ・アジア・パワード・バイ・AWS』と名称が変更されたシリーズに継続参戦することを発表。...
0110-660x440.jpg
Feb
20
 マレーシア、岡山、鈴鹿と2020年のスーパーGT開幕へ向け、各所でメーカーテストが行われ、GT500、GT300とも続々とニューマシンやニューカラーリングのマシンが姿をみせているが、どの車両もスーパーGTマシンに“本来あるもの”がないことにお気づきだろうか。2019年まで、フロントウインドウに装着されていたドライバー識別灯がついていないのだ。  300kmのレースでは2名1組、500km以上になると3名のチームもあるスーパーGTでは、誰がドライブしているのかを外部から確認するために、フロントウインドウにドライバー識別灯というものが装着されてきた。2006年に初めて導入されたときはグリーン1色で、点灯がAドライバー、点滅がBドライバーという見分け方だった。  2014年から新たに導入されたシステムは、Aドライバーが赤、Bドライバーが青、Cドライバーが緑(Dドライバー用に白もある)と色で見分けるシステムになり、識別がより容易になった。スーパーGTではおなじみの表示であり、レースウイークに販売される公式プログラムにも、ドライバーごとの色の表示が記されていた。...
XPB_1036302_1200px-660x439.jpg
Feb
20
 スペイン・バルセロナでの2020年F1プレシーズンテスト2日目、ドライコンディションのもと、10チーム13人がニューマシンで走行を行った。この日の最速タイムをマークしたのは、アルファロメオのキミ・ライコネンだった。 ■ライコネン、最速タイムも、スピンで2020年初の赤旗の原因に  ライコネンはセッション終盤に自己ベストタイム1分17秒091をC5タイヤでマーク、午前からタイムシートのトップに立っていたレーシングポイントのセルジオ・ペレスのタイムを塗り替えた。その後、ターン9の手前でスピンし、コース上でストップ。今年最初の赤旗の原因となった。 ■“メルセデスW10のコピー”と言われるレーシングポイントRP20が再び速さを発揮...
OGAQ7475-660x440.jpg
Feb
20
 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは2月21日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月7~8日に開催を予定していた『モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~』を中止すると発表した。  モビリティランドとトヨタ自動車、本田技研工業の3社が共催するモースポフェスは、メーカーやレースカテゴリの垣根を越えたマシン、ドライバー、ライダーが集結するイベントだ。  初開催の2019年には2日間合計で5万人が足を運んでおり、2回目となる2020年に向けてもル・マン24時間レースを制したトヨタのTS050ハイブリッドやWRC世界ラリー選手権でチャンピオンを獲得したトヨタ・ヤリスWRC、スーパーGTの2020年規定GT500車両がデモランを予定するなど、多くのコンテンツが予定されていた。...
SatNotebook1-660x396.jpg
Feb
20
 2月20日、WEC世界耐久選手権に参戦しているチーム・プロジェクト1は、LM-GTE Amクラスに投じている57号車ポルシェ911 RSRを同シリーズの2ラウンドでスペシャルカラーにすると発表し、ウインズ(Wynn’s)を象徴する色彩を用いた新しいカラーリングを公開した。  ウインズは創業から80年を超える老舗自動車添加剤メーカーのウイン・オイル社のブランド。1950年代からモータースポーツに進出してきたウインズは近年、アメリカの実業家でジェントルマンドライバーでもあるベン・キーティングの活動を支援してきた。    そんなウインズが今週末、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われるWEC第5戦ローン・スター・ル・マンに挑むチーム・プロジェクト1を後援することになり、キーティングとイェルーン・ブリークモレン、フェリペ・フラガが乗り込む57号車ポルシェは、同ブランドのオフィシャルカラーであるパープルを基調としたカラーリングをまとってGTE Amクラスを戦うことになった。...
a01-660x440.jpg
Feb
20
 スーパーGT GT300クラスに参戦するAudi Team Hitotsuyamaは2月21日、2020年の参戦体制について発表した。今季はドライバー、メンテナンスともに変更され、アウディファクトリードライバーのクリストファー・ミースが加入。また、これまでスーパーGTをはじめ多くのレースに参戦した経験をもつ川端伸太朗が加わった。  GT300クラスのトップチームのひとつとして、長年スーパーGTに参戦するAudi Team Hitotsuyamaは、2020年に向け大きく体制を変更して臨むことになった。まず、マシンはアウディR8 LMS、タイヤはヨコハマと変更はないが、新たに2019年までGT500やスーパーフォーミュラで活躍してきたTeam LeMansと業務提携を行い、マシンメンテナンスとチームオペレーションを担当することになった。Team LeMansがもつ実績を活かし、マシンのパフォーマンスアップを狙う。...
Feb
20
 スペインのヘレス・サーキットで行われたロードレース世界選手権Moto2クラスの公式テスト2日目が2月20日に行われ、マルコ・ベゼッチ(SKY RACING TEAM VR46)が総合トップタイムをマークした、2番手にアロン・カネト(ANGEL NIETO TEAM)、3番手にホルヘ・マルティン(RED BULL KTM AJO)。長島哲太(RED BULL KTM AJO)は7番手に入っている。 ■Moto2へレス公式テスト2日目総合結果 Pos. No. Rider Team Motorcycle Time In Session
1​
72​
マルコ・ベゼッチ SKY Racing Team VR46 カレックス
1’40.448​
Day 2 Session 5​
2​
44​
アロン・カネト Aspar Team スピード・アップ...
20PreT1-2-Gas-XPB3-660x440.jpg
Feb
20
 2月20日、アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーが2020年プレシーズンテスト1回目に初めて登場、AT01での本格的なテストに取り掛かった。  第1回テスト2日目を担当したガスリーは、序盤、路面温度が低い状態の時に、9コーナーでスピンを喫し、一瞬グラベルにはみ出す場面があり、セッション終盤にはマクラーレンのランド・ノリスとのニアミスもあったが、マシンにダメージを受けることなく順調に周回を重ねた。13人のドライバー中2番目に多い147周を走行したガスリーは、タイムは1分18秒121(C2タイヤ)で、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンに続く5番手となった。...
GSX-S125XAM0_YVU_1-660x440.jpg
Feb
20
 2月20日、スズキ株式会社は、125ccのストリートスポーツバイク『GSX-S125 ABS』と軽量で高性能なスーパースポーツバイク『GSX-R125 ABS』をマイナーチェンジして2月27日に発売すると発表した。GSX-S125 ABSの価格は36万800円(税込)、GSX-R125 ABSは39万3800円(税込)。  GSX-S125 ABSは、アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特徴とするストリートスポーツで、初心者や若年層にも幅広く楽しめるGSX-Sシリーズの原付二種バイクだ。高出力のエンジンと軽量でコンパクトな車体により、街乗りからスポーツライディングまで取り回しのよい走りを実現している。  GSX-R125 ABSは、レースで培ったノウハウを惜しみなく注ぎ込まれたGSX-Rシリーズの最小排気量エンジンを搭載した原付二種スポーツバイクだ。力強い加速力と、高い燃費性能を兼ね備え、軽快なハンドリングを実現している。GSX-S125とはフロントカウル周りや最小回転半径、全幅・全高などが異なっている。...