RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Sepang19_PodiumSSTa-660x440.jpg
Sep
22
 9月18~19日、2021FIM世界耐久選手権(EWC)第3戦ボルドール24時間耐久ロードレース決勝がフランスのポール・リカール・サーキットで行われ、渥美心が参戦したOG MOTORSPORT BY SARAZINは総合21番手(SSTクラス7番手)から総合7位(SSTクラス4位)でフィニッシュした。  渥美は、TONE RT SYNCEDGE4413 BMWで全日本ロードレース選手権ST1000クラスに参戦しているライダーであるが、過去にはEWCで輝かしい成績を残してきた。 . EWCセパン8時間耐久ロードレースでSSTクラス3位表彰台を獲得したTONE RT SYNCEDGE4413 BMW...
asimg_GT7_BeautyShot_PS5_STE_3840x2160_ASA_JP_P_22614b04c689255-660x371.jpg
Sep
22
 9月21日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、日本国内で2022年3月4日(金)に発売を予定しているプレイステーション5(PS5)/プレイステーション4(PS4)用ソフトウェア『グランツーリスモ7』の予約購入受付を開始した。  予約は21日からプレイステーション・ストア(PS Store)にてダウンロード版の予約購入受付が始まり、9月27日(月)より全国のプレイステーション取り扱い店および、各種ECサイトにてパッケージ(ディスク)版の予約購入受付が順次開始される。  また、SIEは合わせて発売予定となる2エディションの詳細を発表し、グランツーリスモ7には通常版となる『スタンダードエディション』と豪華特典が付属する『25周年アニバーサリーエディション』というふたつのモデルが発売されることになった。  このうち、25周年アニバーサリーエディションではPS5/PS4両方のゲーム本編が入手でき、ゲーム内で使用できるクレジット(パッケージ版:1億クレジット/ダウンロード版:1億5000万クレジット)や、『トヨタGRヤリス...
asimg_GP-ARAGON-2021-132-GP-MISANO-PREVIEW_a06145cbb04d7cc-660x440.jpg
Sep
22
 9月19日、ロードレース世界選手権のMoto3クラスに参戦しているSterilgarda Max Racing Team(ステリルガルダ・マックス・レーシング・チーム)は、2022年に佐々木歩夢を起用すると発表した。  Moto3クラスに参戦しているマックス・レーシング・チームは、元WGPライダーのマックス・ビアッジがチーム代表を務めるチームだ。 . 2021年MotoGP第14戦サンマリノGP Moto3クラス:ロマーノ・フェナティ(Sterilgarda Max Racing Team)...
asimg_02_92614b13b0edb64-660x440.jpg
Sep
22
 9月22日、TOYOTA GAZOO Racingは2022年1月2日にサウジアラビアを舞台としてスタートするダカールラリー2022に、4台のトヨタ・ハイラックスで参戦すると発表した。2022年は、これまでのT1カテゴリーを拡張する形で設定されたT1+カテゴリーに適合する新型ハイラックスを開発し投入する。  近年、ダカールラリーのトップコンテンダーのひとつとして挑戦を続けているTOYOTA GAZOO Racing。その理念である『もっといいクルマづくり』に基づき、チームはハイラックスの改良を続けており、2022年のダカールラリーへ向けて、チームは最新のレギュレーションにあわせて開発したハイラックスを投入することになった。...
asimg_XPB_1099575_1200px_29614af8bebef2c-660x440.jpg
Sep
22
 アルピーヌF1チームのエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、アルピーヌのドライバーアカデミーは若い才能の持ち主たちの供給過剰に直面しており、現在のところ彼らをF1へ導くことができないでいると述べている。  ルノーが2016年に開始したこのドライバープログラムは、多くのジュニアクラスの逸材を支援し、ここ何年もの間人材を蓄積してきた。しかし同プログラムはまだ若いドライバーをF1に導くことができていない。最高峰のF1において空いたシートが不足しているせいもあるが、アルピーヌには若手を送り出すことができる提携チームがないことも原因だ。  アルピーヌ傘下ドライバーのオスカー・ピアストリと周冠宇は、現在FIA-F2でドライバーズランキング1位、2位につけている。ピアストリには来シーズンのF1での戦いに加わるチャンスがない一方、周はF1に食い込むことができる可能性がある。だがそれはアルファロメオ・レーシングでのことであり、実現すればアルピーヌから周への投資の見返りが奪われることになる。...
asimg_ewc3-teamr1_b0614afd1a6164a-660x440.jpg
Sep
22
2021年9月18・19日 2021年 FIM世界耐久選手権 第3戦 ボルドール24時間レース 会場:フランス ポールリカールサーキット . ヨシムラSERT Motul/2021EWC第3戦ボルドール24時間 ヨシムラSERT Motul ボルドール24時間レースで完全勝利  2021年FIM世界耐久選手権(EWC)第3戦、ボルドール24時間レースが9月18日-19日の日程でフランス南部、ル・キャステレに位置する伝統のポールリカールサーキットで開催され、ヨシムラSERT Motulは圧倒的な勝利を収め、チャンピオンシップでもポイントリーダーに返り咲いた。  ヨシムラSERT...
asimg_S-GT_Rd5_Gallery_020_1c614af7ac49a02-660x440.jpg
Sep
22
SUPER GT 第5戦 SUGO GT300KmRACE レースレポート DATE:予選 9月11日(土) 決勝 9月12日(日) TEAM:Modulo Nakajima Racing CAR No.64  第3戦の鈴鹿大会ではポールポジションを獲得したにも関わらず、ブレーキトラブルが発生したことによりリタイアしてしまい悔しいレースとなりました。今大会では悔しさを晴らし私自身得意としているスポーツランドSUGOで優勝を獲得するという強い気持ちで臨みました。  予選Q1は私が担当しました。気温が24度と想定より低くタイヤの作動温度を下回っていたため、入念にタイヤを温めてアタックラップに入りました。しかし1周目のアタックではタイヤに熱が入り切らなかったためもう1周アタック。大きなミスなく1周をまとめることができたためタイム更新し3番手でQ2へバトンを繋げました。...
asimg_20210919_02_e7614af62b1f68d-660x440.jpg
Sep
22
2021.09.20  9月18日(土)午後3時、世界耐久選手権第3戦Bol d’Or 2021がル・カステレにあるサーキット・ポールリカールで開催された。  最終予選で得た4番手グリッドから、F.C.C. TSR Honda Franceのスタートライダーを務めたマイクが好ダッシュを見せ、レース開始直後からトップを走るなど会場を大いに沸かせた。しかし、そのポジションを受け継いだ裕紀が最初のクラッシュで順位を10位まで落として追い上げる。 . F.C.C. TSR Honda France/2021EWC第3戦ボルドール24時間...
asimg_02_to_6b614ad9b52cc4f-660x440.jpg
Sep
22
 スーパーGTのGT500クラスを始め、国内の各カテゴリーを最前線で戦うトムス。そのチーフエンジニアである東條力氏より、スーパーGTのレース後にコラムを寄稿いただいています。  第6回となる今回はスーパーGT第5戦『SUGO GT 300km RACE』の分析と、前回のドライバー編に続く“レースエンジニアのコミュニケーション術”第2弾として、チーム内外の関係者との付き合い方、という2本立てでお届けします。  まずは、トヨタ勢にとっては厳しい展開となった第5戦SUGOの分析からお読みください。  * * * * *  オートスポーツweb読者みなさん、こんにちは。トムスレーシングのチーフエンジニア・東條です。スーパーGT/スーパーフォーミュラともにシリーズは後半戦へ突入し、じわじわと熱が入ってきましたね。9月11〜12日のS-GT Rd.5 SUGO大会では、観客の皆様の応援をいただいて、晴天の下熱いレースが行われました。...
asimg_02_0acbe85ce26ad97a9e145dd1b94a53a1_44614aaadcab41a-660x440.jpg
Sep
22
 ERCヨーロッパ・ラリー選手権第5戦となる第55回アゾレス・ラリーが9月16~17日に争われ、初日レグ1はインド製タイヤの開発チームとして参戦するチームMRFタイヤに強力助っ人として加わった38歳のベテラン、ダニ・ソルド(ヒュンダイi20 R5)が選手権リーダーのアンドレアス・ミケルセン(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ/トックスポーツWRT)を約4秒差で上回り首位に立つ展開に。しかし、レグ2の5ステージでベストタイムを奪取したミケルセンが、追い縋るソルドを14.8秒差で逆転し、今季ERC初優勝を飾っている。  シリーズ伝統の1戦として、大西洋中部に浮かぶサンミゲル島を中心に開催される風光明媚なグラベル戦に向け、クレイグ・ブリーン、シモン・カンペデッリ、そして前戦のWRC3チャンピオンのヤリ・フッツネンに続き、ERCでのMRFタイヤ開発作業に加わったスペイン出身のWRCトップランナーは、初日のSS1、SS2こそ地元スペシャリストのリカルド・モーラ(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)に対し29.1秒ものビハインドを背負う展開となる。...