RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

2022_ford_mondeo_001.jpg
Jan
19
Filed under: .,. ....
asimg_DSC_8121-Edit_8361e7f9c19c244-660x440.jpg
Jan
19
 2年ぶりに開催となったファン投票でその年の人気No.1レースクイーンを決めるMediBang日本レースクイーン大賞2021。  2カ月間に渡る投票期間を終え、1月15日に東京オートサロンのイベンホールステージで表彰式が実施。相沢菜々子さん、今井みどりさん、太田麻美さん、川瀬もえさん、安田七奈さんの5人が2021年の大賞を獲得した。  そして、5人の中から栄えある第11代グランプリに輝いたのは、2021年にレースクイーンデビューを果たし、Pacific Fairiesとして活動した川瀬もえさんだった。  同一シーズンに新人部門グランプリと大賞グランプリの二冠を勝ち取るという、日本レースクイーン大賞史上初めてとなる快挙を成し遂げた川瀬さん。  そこには“キラキラしたレースクイーンがたくさんいるということを、もっと多くの人に知ってもらいたい”、“レース業界をもっと盛り上げたい”という、彼女の中に秘められた確固たる信念と決意があった。...
asimg_XPB_1108253_1200px_4e614b4067512e8-660x440.jpg
Jan
19
 アラン・プロストは、アルピーヌCEOのローラン・ロッシとの不和によりチームの意志決定プロセスから外され、最終的にはF1チームから離脱することになったと述べている。  1月17日、アルピーヌF1チームがプロストとのディレクター兼アドバイザー契約を更新しないことが報じられた。しかしその後、4度の世界チャンピオンであるプロストはアルピーヌに対してソーシャルメディア上で発言し、双方が共同発表を行うことで同意していたはずであり、発表のタイミングについて落胆したと主張した。 「今日このニュースが報道されたやり方に非常に失望している」とプロストはインスタグラムに投稿した。 「我々は.のアカウントでともに発表を行うことで同意したはずだ。敬意が感じられないことは残念だ!」 「アブダビで提示された2022年シーズンに向けたオファーを私は拒否した。それは個人的な人間関係によるものだったが、私は正しかった!」...
asimg_XPB_1099139_1200px_7060f30c33be13a-660x440.jpg
Jan
19
 マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、競争上の優位性を守るためにF1の予算制限額を増額しようと、このスポーツを人質にしている一部チームの姿勢を非難した。  マクラーレンのウェブサイトで公開されたグランプリレースの現状評価のなかで、ブラウンは説得力をもって現在F1につきつけられているいくつかの論争中の問題を掘り下げた。  ブラウンが提示したトピックのなかには、選手権のスプリント予選に関連し、マシン損傷を想定したコストをチームの年間予算に追加するべきだという口実のもと、大規模チームがF1の予選制限額を増やそうと絶え間ないロビー活動を行っていることがあり、それはブラウンにとって大きな懸念事項となっている。2021年にスプリント予選のトライアルが成功したことで、2022年シーズンにF1は土曜日のスプリント予選を6回まで増やす予定だ。...
asimg_M22_0073_fine_4661e7b5c2d5e81-660x371.jpg
Jan
18
 ABB FIAフォーミュラE世界選手権および、ドイツのスポーツカーメーカーであるポルシェは1月18日、2021/2022年フォーミュラE“シーズン8”に導入される新セーフティカー『ポルシェ・タイカン・ターボS』を公開した。  ポルシェ初のフル電動スポーツカーとなるタイカンは、高剛性かつ軽量なボディ、低重心設計、卓越したエアロダイナミクス性能などにより生み出されるステアリングを通じ得られる安心感、安定性の高いハンドリングなど、電動車にもかかわらずポルシェの各モデルに共通した特徴をもっている。  そんなタイカンシリーズのフラグシップモデルモデルとなるのが“ターボS”だ。出力は実に761PSまで高められたこのモデルはローンチコントロールを搭載し、0-100km/h加速2.8秒、最高速度は260km/hというパフォーマンスを発揮する。...
asimg_A220333_medium_3761e7b5486002d-660x440.jpg
Jan
18
ダカールラリー結果:アウディRS Q e-tronが新たな時代の幕開けに成功 ◆4回のステージ優勝と合計14回の表彰台を獲得 ◆AUDI AG技術開発担当取締役 ホフマン:アウディはパイオニアの役割を果たす ◆アウディスポーツGmbHマネージングディレクター シーバッハ:アウディにとって歴史的な結果 (ドイツ本国発表資料)  ジェッダ/ノイブルク アン デア ドナウ:アウディ史上もっとも高度な構造をもつレースカーが、ダカールラリーの炎暑のなか、素晴らしい成績を残しました。サウジアラビアでデビューし、世界でもっとも過酷なオフロードラリーに参戦した3台のアウディRS Q e-tronは、すべての車両が優秀な成績をおさめゴールしました。  ...
asimg_rd8-2_461e7b2569a92a-660x440.jpg
Jan
18
 1月14日、岡谷雄太は、スーパースポーツ世界選手権300(WSS300)に継続参戦すると発表した。チームも引き続きMTM Kawasakiに所属し、カワサキ・ニンジャ400を駆る。  岡谷は、2018年に全日本ロードレース選手権のデビューを飾り、J-GP3クラスで3勝を挙げランキング2位を獲得した。2019年からは活動の拠点を海外に移し、スーパースポーツ世界選手権300(WSS300)に参戦している。  WSS300の参戦初年度は、ランキング41位、2020年は優勝を1度、3位表彰台を1度獲得し、ランキング10位。そして2021年は3位表彰台に3度上がりランキング5位と成績を伸ばした。 ....
asimg_M20_4690_fine_5c61e7a2e347247-660x440.jpg
Jan
18
 ポルシェ・ファクトリー・レーシングの責任者を務めていたパスカル・ズーリンデンがポルシェ退社後、カナダのマルチマチック社に加わり同社のパフォーマンス・エンジニアリング・ディレクターに就任することが明らかになった。  2021年10月にポルシェを離れたズーリンデンは、3月1日からマルチマチックのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(MSVO)部門で新たな役職に就く。これは、彼がMSVOのラリー・ホルト副社長の直属の部下となることを意味する。  彼の就任は、マルチマチックとポルシェが、先週ドイツの.の開発に取り組んでいる期間に行われる。  ズーリンデンが所属するMSVO部門は2020年に設立された。同部門では以来、ニッチの車両の開発、およびモータースポーツ・プロジェクトに焦点が当てられている。...
asimg_S22_0076_fine_a461e7a4dcde268-660x440.jpg
Jan
18
 ポルシェジャパンは1月19日、ポルシェデザインの50周年を記念し、911タルガ4GTSをベースとした750台限定モデル『911エディション50Yポルシェデザイン』の予約受注を、1月19日(水)より全国のポルシェ正規販売店にて開始すると発表した。 『911エディション50Yポルシェデザイン』は、ポルシェデザイン創業者であり、ポルシェ911のデザイナー、フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェ(F.A.ポルシェ)氏のデザインにインスパイアされた多数の装備を備え、希望小売価格は2505万円(消費税込)、750台限定で販売される。  F.A.ポルシェ氏に敬意を表し、エクステリアとインテリアの両方に1972年に同氏がデザインした腕時計『クロノグラフI』と同じブラックが使用される。また、プラチナサテン仕上げの“Porsche Design”ロゴ入りのクラシックなサイドストライプが側面を飾る。...
asimg_420404_Remy-Gardner_Red-Bull-KTM-Tech3-KTM_MotoGP_RC16_Circuito-de-Jerez-Angel-Nieto-_ESP_19-11-21-14_8f61e7961dd53ce-660x440.jpg
Jan
18
 1月18日、テック3KTMファクトリー・レーシングはMotoGPに参戦するレミー・ガードナーがモトクロストレーニング中の転倒で右手首を骨折し、手術を受けたとアナウンスした。  ガードナーは15日にモトクロストレーニングを行ってる最中に、クラッシュを喫してしまい、右手首を骨折した。  右手首は、小さなヒビが入った状態だったが、スペイン・バルセロナに向かい、18日に2本のスクリューを入れる手術を受けた。手術を担当したチャビエル・ミル医師によれば、21日から回復プロセスに入るという。...
asimg_GT7-Pre-order-3-Car_6661e796631fe9e-660x361.jpg
Jan
18
 1月19日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、3月4日に発売を予定しているプレイステーション5/4専用ソフト『グランツーリスモ7』の最新のゲームプレイ映像を日本国内に向けて公開した。  グランツーリスモ・シリーズは1997年にプレイステーション専用ソフトとして1作目の『グランツーリスモ』がリリースされて以来、リアルドライビングシミュレーターとして広く親しまれてきた。そんなグランツーリスモ・シリーズの最新作となる『グランツーリスモ7』の発売に先立ち、プレイステーション5からキャプチャーされた初公開となる最新のプレイ映像が公開された。  新たに公開されたプレイ映像では2013年にプレイステーション3専用ソフトとしてリリースされた『グランツーリスモ6』以来となる収録コース『デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ(ロードコース)』でのレースを、ポルシェ911...
asimg_2019Hun-NicholasTombazis-Toto-Wolff-XPB1_cf61e5104180cee-660x440.jpg
Jan
18
 FIAのF1レースディレクター、マイケル・マシとシングルシーター技術責任者ニコラス・トンバジスは、現在FIAが公開している組織図のなかに名前が掲載されていないが、現在も契約は継続しており、その職務に当たっている。ふたりが更迭されるといううわさもあるものの、FIAはふたりを残留させる形で新たな体制を形成するかもしれない。  2021年12月にFIA会長としてモハメド・ビン・スライエムが新たに就任した後、彼をトップとする新しい組織図が公開された。ジャン・トッド前会長の時代に含まれていたマシとトンバジスの名前が新組織図から消えていたため、彼らが外されたという説が流れ始めた。...
asimg_SI202201150145_hires_jpeg_24bit_rgb_7761e6b116a0b6a-660x440.jpg
Jan
18
 プラグイン・ハイブリッドシステムを搭載した新型ラリーカーで争われる新時代のWRC世界ラリー選手権が1月20~23日、モンテカルロで開幕する。モナコとフランスにまたがって行われる同イベントに先立ち、ラリー1規定車で最高峰クラスを戦うMスポーツ・フォード、ヒュンダイ、トヨタの各陣営から今戦に臨むドライバーたちのコメントが発表されている。 “ラリー1”レギュレーションが採用され、従来のWRカーから一新されたハイブリッドマシンでの戦いとなる2022年のWRC。そのオープニングイベントとなるのは、今年もラリー・モンテカルロだ。ただし、今季のモンテカルロはラリーの中心がフランス南部のギャップからモナコへと移り、2021年大会と比較すると約85%が新しいステージとなる。  各メーカーの新型車両は20日(木)のシェイクダウンから走行を開始し、同日夜に実施されるセレモニアルスタートを経て、夜のチュリニ峠を走るルートを含む計2本のステージで競技をスタートさせる。...
asimg_the_racer_f161e7722b69398-660x852.jpg
Jan
18
 GT500マシンを見慣れた目にはむしろ新鮮に映った。1995年のル・マン24時間レースにおいて、GT2クラス優勝を飾ったホンダNSX-GT2である。未だ破られていない唯一の日本人トリオ(高橋国光/土屋圭市/飯田章)によるクラス優勝に貢献したマシンは、当時の誌面やテレビで見る限りは地味な存在だった。GT1が主役であり、GT2は脇役。戦績は注目を集めたものの、マシン自体にあまり注目されることはなかった。  しかし、ホンダコレクションホールに収蔵され、大規模な改修を終えたばかりの同車の撮影に立ち会って細部を拝見して、生産車をベースしながら必要な部分にだけ手を入れたその設計は非常に好ましいものにみえた。...