RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

1980_bmw_m1_1606799148374bb320TD7_0874.jpg
Feb
01
. . originally appeared on...
asimg_10_c16017c25db662b-1280x853.jpg
Feb
01
 2月1日、岡山国際サーキットで8台のGT300車両が参加して行われた『GT3特別スポーツ走行』と題されたスポーツ走行が行われたが、ここで1月29日にスーパーGT GT300クラス参戦を発表していていたTeam LeMans with MOTOYAMA Racingが初めての走行を行った。本来のチームが走らせる車両ではないが、三度のスーパーGTチャンピオンの本山哲と、スーパーフォーミュラ・ライツで経験を積んできた片山義章がドライブした。  2021年のスーパーGTのなかでも、大きな話題のひとつとなっている帝王・本山の復帰とTeam LeMans with MOTOYAMA RacingとしてのスーパーGT参戦。2018年を最後に「GT500クラスからの引退」を表明した本山が、2020年末のフォーミュラでの「リハビリ」を経て、この日ひさびさにGTカーのコクピットに乗り込んだ。  午前、午後と2時間ずつ行われたこの日の走行では、まだチームがオーダーしているアウディR8 LMSが到着していないため、2020年にチーム・ルマンがメンテナンスを担ったAudi Team...
asimg_20R01AusSu-Vet-XPB5_3e5fb623fc2d92c-660x440.jpg
Feb
01
 F2、F3のグリッド、また他のシリーズについては言うまでもないが、F1グリッドのほぼすべてのドライバーも、ルイス・ハミルトンが2020年に7度目の世界タイトルを獲得したメルセデスの『W11』をドライブすることができれば、F1のチャンピオンシップを制することができると確信している。  もちろんこうしたドライバーのほとんどは、たとえ最高のF1マシンを与えられても、チャンピオンシップどころかグランプリで1勝もできないだろう。しかし元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、昨年のメルセデスのマシンでタイトルを獲得できる可能性を持ったドライバーがふたりいると確信している。 「シャルル・ルクレール(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のふたりは優れたドライバーだ。だがハミルトンが世界でも最も競争力があり、完成されたドライバーであることは変わらない」とベルガーはイタリアの『Autosprint』に語った。...
asimg_02_900-Mike-and-Michelle-Halder-Photo-Michelle-Halder-1024x683_7e60177e9f8d9e6-660x440.jpg
Feb
01
 複数年にわたってFK8型ホンダ・シビック・タイプR TCRで戦ってきたドイツ出身のドライバー、マイクとミシェルのハルダー兄妹は、2021年のWTCR世界ツーリングカー・カップへのステップアップを計画していることを明かし、2020年のTCRヨーロッパ挑戦からわずか1年で世界戦へのチャレンジを決断した。また、WTCRは今季からP1 Racing Fuels(P1レーシング・フューエルズ)と2年契約を結び、15%のバイオ燃料を導入するとアナウンスしている。  現在24歳の兄マイク・ハルダーは、2017年にTCRドイツでドライバーズランキング2位を獲得したのを最上位に例年タイトル争いを繰り広げ、3歳年下の妹ミシェル・ハルダーとともに、家族経営の組織“Team Halder(チーム・ハルダー)”でTCR規定ツーリングカーのシリーズを戦ってきた。...
asimg_XPB_1004940_1200px_546017b952b5cef-660x439.jpg
Feb
01
 2020年のFIA-F2終了後にFIAルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた角田裕毅が、アルファタウリ・ホンダから2021年シーズンのF1に参戦する。海外でもその走りで注目を集めている角田だが、ヨーロッパのファンたちは彼のどんな面に共感をもったのだろうか。スペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアが2018年のFIA-F4時代から角田の走りを振り返る。 ———————————————  2014年にケータハムに在籍した小林可夢偉以来となる、日本人F1ドライバーが誕生した。2021年に角田裕毅がアルファタウリ・ホンダからF1に参戦する。角田はピエール・ガスリーのチームメイトとなるが、ガスリーも2017年にスーパーフォーミュラに参戦していたので、日本とのつながりを持っているドライバーだ。  日本のモータースポーツファンにとって非常にエキサイティングな状況であることは間違いない。実際のところ、ヨーロッパの誰もがこのドライバーに何ができるのか見ることを楽しみにしているのだ。このことは、これまでの彼の成功を評価するための良い方法だと感じている。...