RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_campaign2_0602de12f456cf-320x107.jpg
Mar
18
 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankookに参戦するCOMET RACINGが、チームを盛り上げるレースクイーン「にゃんこ大戦争ガールズ」を発表した。  メルセデスAMG GT4の2台体制でST-Zクラスに挑戦するCOMET RACINGは、日本のビジネスシーンで活躍する4名の実業家たちが2020年に結成したレーシングチームだ。  2021年からスーパー耐久に参戦し、ブラックのカラーリングをまとう70号車は、株式会社インサイトの代表取締役である藤井正明と株式会社A’Group代表取締役の坂井一裕のふたりに、プロとして横溝直輝が加わる体制。一方、ピンクの77号車はポノス株式会社の辻子依旦代表取締役社長CEO、そしてケイ・コッツォリーノ、山﨑裕介という3名がドライブする。  レースクイーンを務めるのはポノス株式会社の人気ゲーム「にゃんこ大戦争」をPRする『にゃんこ大戦争ガールズ』。にゃんこコスチュームで人気を博し、昨年はガラッとコスチュームを一新している。...
asimg_20210317-011_d56051fd511cffb-660x440.jpg
Mar
18
 3月17日、2021年のF1世界選手権に参戦する角田裕毅がレッドブルジャパン主催のオンライン会見に出席し、その注目の高さから多数の日本メディアが参加するなか、3月12~14日に開催されたプレシーズンテストを改めて振り返ると同時に、バーレーンでのF1開幕戦、そして今シーズンの目標などを語った。  2021年、実に7年ぶりとなる日本人ドライバーとしてアルファタウリ・ホンダからF1にレギュラー参戦する角田は、4歳のときからカートを始め、2018年にレッドブルの育成プログラム“レッドブル・ジュニアチーム”に加入すると、翌年FIA-F3に参戦、2020年にはFIA-F2にステップアップし3度の優勝を挙げ、ドライバーズランキング3位に輝いている。  F2での結果から、F1に必要なスーパーライセンスポイントをクリアした角田は、いよいよ今シーズン待望のF1デビューを果たす。今年のF1は、3月26日にバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催される第1戦バーレーンGPで幕を上げるが、3月12~14日には開幕に先立ち同地でプレシーズンテストが行われた。...
asimg_47_XPB_1076478_1200px_2c604b5aecb3d97-660x440.jpg
Mar
18
 ハースF1は今シーズンに向けてのマシン開発は行わず、完全新レギュレーションの2022年に向けての開発に全力を傾ける……とコメント、カスタマー型プライベートチームとしては納得ゆく手段である、と一般的には理解されている。しかし、これはハースF1に限ったことではなく、トップエンドを除く多くのチームが多かれ少なかれ同様の手段をとっていることだ。  実際は規則通りに昨年型を踏襲・維持しても、エアロを中心に規定に合わせて新型車両の細部も変えざるを得ず、結果的に昨年とまったく同じマシンではあり得ないのだから、ハースF1の今季車両、VF21もその部分の開発は施されていると言うわけだ。...
asimg_SAUDIARABIA-Jeddah-F1-4_666053257bd1229-660x372.jpg
Mar
18
 2021年F1サウジアラビアGPの舞台となる『ジェッダ・ストリート・サーキット』のレイアウトが正式に発表された。  初のサウジアラビアGPが今季カレンダー入りすることは、昨年決定。国内第二の都市ジェッダで開催され、紅海沿岸のジェッダ・コーニッシュのストリートサーキットが使用されることは発表されていたが、レイアウトは明らかになっていなかった。  3月18日、F1は、全長6.175km、27のコーナーを備えた『ジェッダ・ストリート・サーキット』のレイアウトを発表した。カレンダー中、ベルギーのスパ・フランコルシャンに続く2番目に長いコースで、ストリートサーキットとしては最速になるものと予想される。シミュレーションでの平均速度は250km/h以上だという。  ティルケGmbH & Co.KGと、F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンが率いるF1モータースポーツのチームが緊密な協力のもと、このサーキットのレイアウトを決定した。...
Mar
18
 NLSニュルブルクリンク耐久シリーズは3月17日、今週末の3月20日に予定されていたNLSのプレシーズンテストをキャンセルすると発表した。低すぎる気温が原因だという。  シリーズを運営するVLNオーガニゼーションは、水曜日の正午に気温が氷点下を記録した後にこの決定がされたと、発表されたブルテンでアナウンスしている。  VLN VVのマネージング・ダイレクターであるクリスチャン・ステファニは、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェが位置するドイツ・アイフェルの丘陵地域では雪が降った、と説明している。 「ニュルブルクリンクは現在、薄い雪の層に覆われており、これが今後2日で溶けるかどうかは疑わしい」とステファニは述べている。 「さらに、金曜から土曜にかけての夜は、マイナス8度という低い気温が予報されている。気温が氷点に達するのは、正午頃だ」 「さまざまなチームと相談した結果、不必要な移動を省くために、イベントを早期にキャンセルするという結論に達した」...
asimg_2021PreT1-VerPer-XPB11_76605310a16824e-660x440.jpg
Mar
18
 セルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンと同じチームでF1を戦うことは大きなチャレンジであると認めた。しかしフェルスタッペンと比較されることにおいて、自分が失うものは何もないとして、そのチャレンジを楽しみにしているということだ。  2021年、レッドブル・レーシングはアレクサンダー・アルボンの代わりにベテランのペレスと契約した。ペレスは実力を高く評価されており、フェルスタッペンとともに確実にポイントを獲得していくことが期待されている。  昨年初優勝を挙げたペレスは、レッドブルというビッグチームに加入することで、さらに優勝や表彰台を獲得するチャンスを得たことになる。一方で、将来のチャンピオン候補とみなされているフェルスタッペンのチームメイトになると、あらゆる面で比較されることにもなる。...
asimg_OGAR6799_396053121aa0398-660x440.jpg
Mar
18
 2021年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権は4月3〜4日に富士スピードウェイで開幕を迎える。第1戦を前に、2021年シーズンを戦うスーパーフォーミュラのドライバーたちのこれまでのレースキャリアやドライバーとしての特徴などを紹介する。今回は参戦5年目を迎え、スーパーフォーミュラ2勝目、そしてシリーズチャンピオン獲得を渇望する山下健太(KONDO RACING)だ。 * * * * * * * * *  今年で国内トップフォーミュラ5年目を迎える山下健太。4輪デビューを果たした2012年にスーパーFJもてぎ選手権を制し、翌2013年にはフォーミュラ・チャレンジ・ジャパンでシリーズチャンピオンに輝いた。  2014年からトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)のサポートを受け、全日本F3選手権に参戦。毎年チャンピオン争いに絡む活躍をみせ、3シーズン目となった2016年にシリーズチャンピオンを獲得したほか、その年のマカオグランプリでも表彰台まであと一歩となる4位入賞を飾った。...
asimg_c02_f960530b250fa2e-1280x854.jpg
Mar
18
 3月18日、2021年のスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankookに参戦するCOMET RACINGは、今季の参戦体制を発表した。メルセデスAMG GT4の2台体制で、激戦のST-Zクラスに挑戦する。  COMET RACINGは、日本のビジネスシーンで活躍する4名の実業家たちが2020年に結成したレーシングチーム。2021年から、メルセデスAMG GT4の2台体制でスーパー耐久のST-Zクラスに挑むことになった。  ブラックのカラーリングをまとう70号車は、株式会社インサイトの代表取締役である藤井正明と株式会社A’Group代表取締役の坂井一裕のふたりに、プロとして横溝直輝が加わる体制。一方、ピンクの77号車はポノス株式会社の辻子依旦代表取締役社長CEO、そしてケイ・コッツォリーノ、山﨑裕介という3名がドライブする。...
Mar
18
 JRC全日本ラリー選手権の1戦である『ツール・ド・九州2021 in 唐津』を主催するグラベルモータースポーツクラブは3月16日、来月開催予定の同大会およびイベントを無観客で実施すると発表した。  4月9~11日に開催されるツール・ド・九州2021 in 唐津は、佐賀県唐津市と伊万里市周辺で展開されるターマックラリー。2021年シーズンの全日本ラリーでは第3戦(開幕戦中止につき実質第2戦)として行われる。  そんな同大会についてグラベルモータースポーツクラブは16日、大会公式ページにて『インフォーメションNo2』を公示し、第3戦唐津の無観客開催をアナウンスした。  公示において大会組織委員会は「地元の方々と協議を重ねました結果、誠に残念ではありますが本年の『ツール・ド・九州2021 in 唐津』におきましては観戦及び、イベントは無観客といたします」との声明を発表。 「来年の開催に向け新型コロナウイルスの動向を見ながら地元関係者と協議を行っていきたいと思います」...
asimg_a02_r-dam_1170880_80605306d163cd2-660x440.jpg
Mar
18
 ノンハイブリッドLMP1マシン『アルピーヌA480』で2021年のWEC世界耐久選手権ハイパーカークラスに参戦するアルピーヌ・エンデュランス・チームのフィリップ・シノー代表によれば、ハイパーカークラスとLMP2クラスのラップタイム差を拡大するために、いくらかの“微調整”が必要になるという。  規則移行年の特例措置により、レベリオン・レーシングが使用していたレベリオンR13をベースに.は、これまでのところ唯一となるテストをスペインのモーターランド・アラゴンで2月に実施している。  このセッションには、WECのLMP2クラスにエントリーするリシャール・ミル・レーシングのオレカ07・ギブソンも参加していた。.ものだ。...
Mar
18
 富士スピードウェイは3月18日、シーズン開幕前の恒例イベントとして親しまれているスーパーGT公式テストを3月27~28日に開催すると発表した。3月最後の週末に行われるこのイベントでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止策が実施された上でファンの来場が可能となる。  すでに.され参加チームやドライバーが明らかになっている、オフシーズン恒例のスーパーGT富士公式テスト。  昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となった同テストだが、例年はシーズン開幕直前の公式テストとあって新型車両や新しいカラーリングをまとったマシン、フレッシュなドライバーラインアップが確認できるなど見どころ豊富なイベントだ。...
asimg_2021F1PreT3-Vers-Pirelli1_ac6052f9487690a-660x382.jpg
Mar
18
 F1タイヤサプライヤーのピレリは、プレシーズンテストの分析を基に、2021年のルール変更にもかかわらず、今年のマシンには昨年と同等のタイムを出す力がありそうだと述べている。  今シーズン、チームは基本的には2020年型シャシーを持ち越すことがFIAにより義務づけられた。一方で、ダウンフォースレベルを削減することを目的とした技術レギュレーションにより、フロアやバージボード、リヤブレーキダクトに関する変更を行うこととなった。  今年のフロアはリヤに向かって先細りになる形で削られ、昨年はフロア上に見えていた、ダウンフォースを増すために使われていた縦および横方向のさまざまなスロットが排除された。  こうした空力上の変更によりダウンフォースレベルは10パーセント削減され、ピレリのより堅牢なタイヤによりさらにスピードが抑制されると予想されていた。  しかしピレリが3日間のバーレーンテスト後に行った包括的な分析によると、チームは今年のルール変更で失ったダウンフォース量を徐々に回復する可能性が高いという。...
asimg_campaign2_0602de12f456cf-320x107.jpg
Mar
17
 ギャルズ・パラダイス公式サイトリニューアルを記念した春のキャンペーンでは、2020年にリリースしたギャルパラ+のグラビアの中から、創刊号からメインフォトグラファーを務めている田渕悟カメラマンが自らセレクトした限定デジタルフォトブック「GALSPARADISE plus 2020 Photographer’s Selection」を会員の方全員にプレゼントを実施する。  2015年9月よりスタートした電子書籍「ギャルパラ+」は、サーキットでは味わえないレースクイーンの新たな魅力を伝える写真集クオリティのレースクイーンデジタルマガジンだ。  そのメインフォトグラファーを務めているのが、ギャルズ・パラダイスの撮影でレースクイーンを撮り続けている田渕悟カメラマン。今回のキャンペーンで会員限定でプレゼントする限定デジタルフォトブックは、2020年に撮影したギャルパラ+のスペシャルグラビアから、田渕カメラマン自らが写真をセレクトした「GALSPARADISE plus 2020 Photographer’s Selection」となる。...
asimg_02_levitt-R24-012821-GB-08351_966052d72bd4c83-660x440.jpg
Mar
17
 3月20日(土)、アメリカ・フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイにおいて、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の2021年第2戦となる『モービル1セブリング12時間レース』が開催される。  今回で69回目の開催と、長い歴史を誇るセブリングでの12時間耐久レース。1月の開幕戦デイトナ24時間レースでは惜しくも総合2位となった日本の小林可夢偉が、デイトナと同じくキャデラックDPi-V.Rで参戦することでも注目される。  レースウイークに先立ち、ここでは最新のエントリーリストやスケジュール、追加レギュレーションなどを以下にまとめておこう。 ■第69回セブリング12時間レース スケジュール ※カッコ内は日本時間。日本からの時差は−13時間 ※ウェザーテック・スポーツカー選手権のスケジュールのみ記載 ・3月18日(木) 9:05〜10:05(22:05〜) プラクティス1 13:55〜15:10(翌2:55〜) プラクティス2 19:30〜21:00(翌8:30〜) プラクティス3 ・3月19日(金)...
asimg_02_1-A48I2852-scaled_f26052be549bd55-660x440.jpg
Mar
17
 BTCCイギリス・ツーリングカー選手権で2020年もチーム王者に輝き、マニュファクチャラー部門で5連覇を達成したチームBMWの名門ウエスト・サリー・レーシング(WSR)が、3台の『BMW330i M Sport』を飾る新しい外観の2021年仕様カラーを披露した。また、今季からクプラ・レーシングの一員としてマシンスイッチを予定していたチーム・ハードも、完成した新型『クプラ・レオンBTCC』の実車を初公開している。  不動のエース、コリン・ターキントンを筆頭にトム・オリファント、新加入ステファン・ジェリーの3台体制で臨むWSRは、マットブラックのベースに伝統的なBMW Mストライプを採用した、2020年からの正常進化版とも言うべきリバリーを披露。 「2020年シーズンは従来のスケジュールより1カ月遅れで終了したこともあり、我々WSRとチームBMWにとっては非常に厳しい冬の期間となったが、それでも引き続きBMW330i M Sportの包括的な開発プログラムに取り組むことができた」と語るのは、チーム代表を務めるディック・ベネットだ。...
asimg_2021PreT2-Alo-XPB2_1a604d9a45a60e6-660x440.jpg
Mar
17
 アルピーヌF1チームは、要求が極めて高く、手強い人物であるとされるフェルナンド・アロンソをうまく管理していけるのかという懸念に対し、レーシングディレクターを務めるダビデ・ブリビオは、強い熱意を持つアロンソは前進を目指していくチームにとってまさに必要な存在であり、彼の能力を生かすために力を尽くしていきたいと語った。  39歳のアロンソは、2年間の空白を経て、2021年、アルピーヌからF1に復帰する。今シーズン、アルピーヌとアロンソが表彰台の最上段に立つのは難しいとみられるが、彼は新たなスタートを切るチームとともにいずれ優勝争いに戻るという野心を持っている。  アロンソは、政治的な動きをしがちで、チームにとって管理するのが簡単ではない人物であると言われることが多い。しかしブリビオは、アロンソの強い熱意はアルピーヌにとって必要なものであると考えている。...
asimg_02_m3497_Timo-Scheider_credit-Palm-Fiction_1_216052bc481dc19-660x440.jpg
Mar
17
 地球環境保全活動とその啓蒙、さらに男女平等と独創的な放映形態を採用する新世代の電動オフロード選手権『Extreme E(エクストリームE)』シリーズは、この4月に迫った初年度開幕を前に“ジョーカー・ドライバー”と呼ばれる新たなポストを創設。その2名のうち最初のドライバーとして2008、2009年のDTMドイツ・ツーリングカー選手権チャンピオンであり、WorldRX世界ラリークロス選手権にも参戦するティモ・シャイダーを指名した。  参戦チームアナウンスにも先駆け、シリーズは公式に“ドライバーズ・クラブ”と銘打って、事前参戦枠のように有力提携ドライバーのアナウンスを行ってきたが、今回シャイダーが担う役割は、実際にレギュラー勢で欠員が出た際にリザーブとして代役参戦するかたわら、エクストリームEのレースコースの設計にも貢献することになるという。...