RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_XPB_1212337_HiRes_bd6482f4c791ff2-660x440.jpg
Oct
22
 FIA国際自動車連盟とACOフランス西部自動車クラブは10月20日、2026年に開始される新たなレギュレーション期間においても、ギブソン・テクノロジー社がLMP2クラスの共通パワーユニット供給を継続すると発表した。  英国に本拠を置くギブソンは、メカクロームやオレカら複数社の関与があったとみられる入札プロセスを勝ち取り、2026年から5年間のエンジンサプライヤーを務めることとなった。 「この入札手続きでは、性能、重量と信頼性、ユニットのランニングコストとメンテナンスコスト、スペアパーツのコスト、入札会社のインフラストラクチャと顧客サービス能力、持続可能性、環境と二酸化炭素排出量など、いくつかの要素が考慮された 」とACOの声明には記されている。  新たなLMP2パワーユニットのスペックは、現行のLMP2規定と同じ4.2リッター自然吸気V8となる。...
asimg_01_elms_e86535d9a87ec11-660x440.jpg
Oct
22
 10月22日、ELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズの2023シーズンの最終第6戦『ポルティマオ4時間レース』がポルトガル・ポルティマオ近郊のアルガルベ・インターナショナル・サーキットで行われ、ユナイテッド・オートスポーツ22号車オレカ07・ギブソン(佐藤万璃音/フィル・ハンソン/オリバー・ジャービス)が.に続き優勝、今シーズン3勝目を飾った。  LMP2クラスのシーズンタイトルは、このレースを2位でフィニッシュしたアルガルベ・プロ・レーシング25号車オレカのアレックス・リン/ジェームス・アレン/カイフィン・シンプソン組の手に渡っている。 ■残り30分、一瞬にして上位勢3台がアクシデントに散る...
asimg_23R19USA-Su-Ham-XPB1_c56535b00875d63-660x440.jpg
Oct
22
 F1第19戦アメリカGP決勝終了後、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)のマシンが、フロアおよびプランクの摩耗のチェックを受けた結果、技術レギュレーション違反が見つかり、スチュワードが両チームの代表者の話を聞いて調査を行った。その結果、スチュワードは2台を失格にするという判断を下した。  決勝後、2位のハミルトンと6位のルクレールのマシンのスキッドが、F1技術規則第3.5.9条e)に従っていないとして、FIA技術代表ジョー・バウアーは、この件をスチュワードに報告した。F1技術規則第3.5.9条e)は、プランクアセンブリの厚さについて定めた規定だ。...
asimg_23R19USA-Su-Lec-LAT1_fc6535b03f2bc4b-660x440.jpg
Oct
22
 F1第19戦アメリカGP決勝終了後、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)のマシンが、フロアおよびプランクの摩耗のチェックを受けた結果、技術レギュレーション違反が見つかったことが分かった。  両車のスキッドは、技術規則第3.5.9条e)に従っていないと、FIA技術代表ジョー・バウアーは述べている。このレギュレーションは、プランクアセンブリーの厚さについて定められたもの。バウアーはこの件をスチュワードに報告し、それぞれのチーム代表者が呼び出しを受けている。  ハミルトンは2位、ルクレールは6位でフィニッシュしたが、スチュワードの判断によっては、失格となる可能性がある。...
asimg_DSC_7914_6365354aeb87cc0-660x440.jpg
Oct
22
 10月26~29日にドイツ、オーストリア、チェコの三カ国を跨いで開催される初めての試みとなるセントラル・ヨーロピアン・ラリー(CER)。2023年のWRC世界ラリー選手権において、4月に行われた第4戦クロアチア以来、8戦ぶりに行われるターマック(舗装路)イベントは、ドイツにWRCが3年ぶりにカムバックするとともに隣国オーストリアでは実に50年ぶり、そしてチェコで初開催となることから高い注目を集めている新ラウンドだ。  このCERの開催を目前に控え、ADACドイツ自動車連盟の所在するミュンヘン市内の総合自動車施設、モーターワールド・ミュンヘンにてTOYOTA GAZOO Racingワールドラリーチーム(TGR-WRT)に所属するセバスチャン・オジエを迎えての記者会見が開催された。会見後、通算8度のワールドチャンピオンであるオジエに近況などを聞いた。 * * * * * * * *...
asimg_03_RD_PLM_23_433_246533345f7b7a6-660x440.jpg
Oct
22
 元F1ドライバーのフェリペ・マッサは、最近LMP3マシンでテスト走行を行った。彼は、2024年1月のデイトナ24時間レースに、ライリーの第4ドライバーとして参戦する可能性が高まっている。  マッサは約3週間前、アメリカ・ジョージア州に位置するロード・アトランタで、同チームのリジェJS P320・ニッサンをドライブした。  2023年までLMP3クラスに参戦したライリーは、クラス消滅に伴い、.現在のところ、フルシーズンのドライバーとしてガー・ロビンソンとフェリペ・フラガがアナウンスされており、ミシュラン・エンデュランス・カップ戦では第3ドライバーとしてジョシュ・バードンが加わることになっている。  そして、4人目の登録が許されるシーズン開幕戦の24時間レースでは、そのシートの候補にマッサが挙げられている。...
Oct
22
 現地時間10月22日、2023年F1第19戦アメリカGPの決勝レースがサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝を飾った。2位にはルイス・ハミルトン(メルセデス)、3位にはランド・ノリス(マクラーレン)が続き、角田裕毅(アルファタウリ)は10位入賞に加えファステストラップを記録している。 ■2023年F1第19戦アメリカGP決勝 暫定結果 Pos. No. Driver Team Time/Gap Laps
1​
1​
M.フェルスタッペン レッドブル
LEADER​
56 2​
44​
L.ハミルトン メルセデス
0’02.225​
56 3​
4​
L.ノリス マクラーレン
0’10.730​
...
asimg_XPB_1247143_HiRes_f7653587c4886ce-660x440.jpg
Oct
22
 現地時間10月22日、2023年F1第19戦アメリカGPの決勝レースが行われ、6番手から追い上げたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が今季15勝目を飾った。2位にルイス・ハミルトン(メルセデス)、3位にランド・ノリス(マクラーレン)が続いた。アルファタウリの角田裕毅は10位、さらに日本人ドライバーとしては3人目となるファステストラップをマークし、今季4度目の入賞を果たした。  サーキット・オブ・ジ・アメリカズを舞台に開催されたアメリカGP。タイヤコンパウンドはC2タイヤがハード(白)、C3タイヤがミディアム(黄)、C4タイヤがソフト(赤)と、前戦から1段階柔らかめとなる。スタートタイヤは、18台がミディアムをチョイス。ピットスタートのニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)、ランス・ストロール(アストンマーティン)の2台がハードを選択した。  天候は青空が広がる晴れ。気温度30度、路面温度41度、湿度42パーセントというコンディションのなか、現地時間22日14時(日本時間23日4時)より56周の決勝レースはスタートを迎えた。...