RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_OGA16527_b36272548661595-660x440.jpg
May
04
 2022年のスーパーGTの第2戦決勝レースが5月3日、富士スピードウェイで開催された。スーパーGT史上初の450kmレース(100周)として開催された本大会だが、2度の大クラッシュにより長時間にわたる赤旗中断を2度挟むことに。その結果、18時20分にレースの最大延長を迎え、GT300クラスは58周目終了時点でチェッカーを迎えた。  GT300クラスは2番グリッドスタートからオープニングラップでトップに浮上したTANAX GAINER GT-R(富田竜一郎/大草りき/塩津佑介)が優勝。2位にBUSOU raffinee GT-R(柳田真孝/井出有治)、3位にポールスタートのSUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が続いている。...
May
04
 5月4日、2022スーパーGT第2戦『FAV HOTEL FUJI GT 450km RACE』の決勝レースが富士スピードウェイで行われ、レースは58周終了時点でGT500クラスはDENSO KOBELCO SARD GR Supra(関口雄飛/中山雄一)がトップ、GT300クラスはTANAX GAINER GT-R(富田竜一郎/大草りき/塩津佑介)が首位に立っている。レースは3号車CRAFTSPORTS MOTUL Zのクラッシュにより赤旗が提示され、現在もレース中断となっている。なお、3号車をドライブしていた高星明誠は無事が確認されている。 ■2022スーパーGT第2戦富士 GT500決勝58周終了時点(編集部計) Pos. No. Team Car Driver Tire SW Time/Gap Laps
1​
39​
TGR TEAM SARD DENSO KOBELCO SARD GR Supra 関口雄飛/中山雄一...
asimg_KWN04298_556272393df1f16-660x440.jpg
May
04
 晴天の富士スピードウェイで開催された恒例のゴールデンウイーク決戦、5月4日に決勝を迎えた2022年のスーパーGT第2戦は、レース距離中盤にして2度の赤旗掲出という大荒れの展開となり、3号車CRAFTSPORTS MOTUL Zの高星明誠が首位攻防の最中にサーキット全体を凍りつかせる大クラッシュに見舞われてしまう。これにより、14番手スタートだった39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supraが暫定首位のままレーススタートから2時間を迎えたところで、レースは赤旗中断されている。  最初の赤旗中断は44周目に起きた。100R出口からヘアピンへ向かう地点で、GT300クラス車両が大クラッシュを喫しマシンが大破。すぐさまFCY(フルコースイエロー)が宣言される。そのまま車両やデブリの回収とバリア修復の必要からセーフティカー(SC)ランに切り替わると、39号車(DENSO KOBELCO SARD GR Supra)のシートを引き継いだ関口雄飛は80km/hのスロー走行を強いられていた隊列の3番手でコースへと復帰。トヨタ陣営が思わぬ展開でトップ3を固めることに。...
asimg_fia-wec-affiche-spa-2022-horizontal_42391c_9e627206e3031e4-660x440.jpeg
May
04
 3月にアメリカ、.の今季第2戦スパ・フランコルシャン6時間レースが、5月5~7日にかけて、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで開催される。  F1ベルギーグランプリや、“世界三大耐久レース”のひとつに数えられるスパ24時間などの開催地としてお馴染みのオールドトラックでの1戦は、スパが速度域の高いサーキット特性を持つことや、ル・マン24時間レースのひとつ前のラウンドであることから“ル・マンの前哨戦”に位置づけられている。  そのため、現在のトップカテゴリーであるハイパーカークラスでは年間を通じてひとつのエアロパッケージを使用することが義務付けられているが、以前のLMP1時代はル・マン用のローダウンフォース仕様のエアロキットが実戦投入されることもあった。...
May
04
 晴天の富士スピードウェイで開催された恒例のゴールデンウイーク決戦、2022年のスーパーGT第2戦『FAV HOTEL FUJI GT 450km RACE』が14時30分にスタートを迎え、GT500クラスはレース48周終了時点でau TOM’S GR Supra(坪井翔/ジュリアーノ・アレジ)がトップに立っている。  例年500kmで争われてきたGWの富士ラウンドは、今回その距離を50km短縮した初のフォーマットを採用し、義務ピット2回ながら給油作業のみが必須となり、チームの判断によりドライバー交代やタイヤ交換を行わない“ダブルスティント”の採用が規定上は可能となるなど、車両特性やコンディション、そしてタイヤ銘柄によっても幅広い作戦遂行が見込まれた。  しかし前日予選は、午前こそ良好なコンディションのもと各陣営ベースセットの確認やロングランのペース確認を進められたものの、一転して午後の予選を前に気温が下がったことで、想定より低温条件でのアタックを強いられることに。...
May
04
 5月4日、2022スーパーGT第2戦『FAV HOTEL FUJI GT 450km RACE』の決勝が14時30分にスタート。100周で争われるレースは48周が終了し、GT500クラスはau TOM’S GR Supra(坪井翔/ジュリアーノ・アレジ)がトップを走行し、GT300クラスはmuta Racing GR86 GT(加藤寛規/堤優威)がリードしている。なお、レースは42周目にアールキューズ AMG GT3がアドバンコーナーでクラッシュしてしまったため、48周終了時点でバリア修復のため赤旗が提示されレースは中断となっている。途中経過での両クラスの順位は以下のとおり。 ■2022スーパーGT第2戦富士 GT500決勝47周終了時点途中経過 Pos. No. Team Car Driver Tire SW Lap PIT
1​
36​
TGR TEAM au TOM’S au TOM’S GR Supra 坪井翔/G.アレジ...
May
04
 富士スピードウェイで開催中の2022年スーパーGTの第2戦決勝レース。快晴の中で450kmレースがスタートし、各車の戦略・レース運びも含め白熱した戦いが繰り広げられていたなかで、GT300クラスのマシンに大きなアクシデントが発生した。  44周目のアドバンコーナーで和田久が乗る22号車アールキューズ AMG GT3が100Rの出口でコントロールを乱して、イン側のタイヤバリアに激しくクラッシュ。前後回転する形で、タイヤ、そして運転席側のドアが吹き飛びストップ。これにより、フルコースイエロー(FCY)となったが、すぐにセーフティカー(SC)へ。  その後、クラッシュした100R出口からアドバンコーナーのタイヤバリア修復のためには重機が必要との判断により、46周時点で赤旗が掲示され、レースは一時中断となった。  16時18分現在、赤旗中で修復作業が続けられている状況で、和田も自力でクルマから出た模様。  なお、レースは16時25分に再開される見込みだ。...
asimg_2-1-f1-2022-technique-imola-mercedes-copy_8f627216fe9f3f5-660x1115.jpg
May
03
 2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点などについて解説する。.に続く第2回では、低迷から抜け出せずにいるメルセデスが入れたアップデートを紹介する。 ────────────────────────────────  ポーパシングを抑えようと地上高を上げたイモラでのメルセデスW13は、想定したダウンフォースを生み出すことができず、タイヤを暖めるために2周する必要があった。さらに予選ではカルロス・サインツのクラッシュによる赤旗と雨も加わり、ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルは金曜日の予選はQ2に進むのが精一杯だった。  メルセデスはいくつかのアップデートパーツを投入したが、W13の性能はほとんど改善されなかった。...
May
03
 5月4日、2022スーパーGT第2戦『FAV HOTEL FUJI GT 450km RACE』のウォームアップ走行が富士スピードウェイで行われ、GT500クラスはCRAFTSPORTS MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)、GT300クラスはweibo Primez ランボルギーニ GT3(小暮卓史/元嶋佑弥)がトップタイムを記録した。 ■2022スーパーGT第2戦富士 GT500ウォームアップ結果(編集部計) Pos. No. Team Car Driver Tire SW Time
1​
3​
NDDP RACING CRAFTSPORTS MOTUL Z 千代勝正/高星明誠
MI​
12kg
1’28.950 2​
23​
NISMO MOTUL AUTECH Z 松田次生/R.クインタレッリ
MI​
22kg...
asimg_02_dd6271f752aed7b-660x440.jpg
May
03
 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは第2戦の決勝日午前、富士スピードウェイで定例記者会見を開いた。このなかで坂東正明GTA代表が、カーボンニュートラル・フューエル(CNF)の開発状況や、新型コロナ感染対策の緩和方針、来季カレンダーなどについて言及した。  .一方で、現在全日本スーパーフォーミュラ選手権は『NEXT 50』プロジェクトのもと、トヨタエンジン、ホンダエンジン搭載の2台のテスト車両で、次世代燃料の開発を進めている。  記者の代表質問で、「2シリーズ間での共同開発という手はなかったのか」と問われた坂東代表は、「別々にやっているという意識はありません」と答えた。...
48e7bc2d6f7b81f069878b49dc84e173-660x440.jpg
May
03
■サーキットデータ ・名称:マイアミ・インターナショナル・オートドローム ・全長:5.412km/レース距離:308.326km ・周回数:57/コーナー数:19 ■タイヤ選択 ・ホワイト・ハードC2(白) ・イエロー・ミディアムC3(黄) ・レッド・ソフトC4(赤) ■タイムスケジュール/日本時間(現地時間) ・5月7日(土) フリー走行1 03:30~04:30(14:30~15:30) フリー走行2 06:30~07:30(17:30~18:30) ・5月8日(日) フリー走行3 02:30~03:00(13:00~14:00) 予選 05:00~06:00(16:00~17:00) ・5月9日(月) 決勝(57周) 04:30~(15:30~) ■TV放送/映像配信予定 ・CS放送/フジテレビNEXT 【FP1】5月7日(土)03:20~04:40...
asimg_OGA28472_276271e694e4de9-660x440.jpg
May
03
 5月4日、2022年シーズンFIA-F4選手権の第2戦決勝レースが富士スピードウェイで行われ、小出峻(HFDP RACING TEAM)が優勝を飾った。 ■2022FIA-F4 第2戦富士 決勝結果 Pos. No. Driver Car Time/Gap
1​
5​
小出峻 HFDP RACING TEAM
24’41.979​
2​
7​
三井優介 HFDP RACING TEAM
8.428​
3​
80​
伊東黎明 OTG DL F4CHALLENGE
8.939​
4​
97​
岩澤優吾 BJ Racing F110
10.659​
...
May
03
第2戦/予選 富士スピードウェイ 2022.5.3 tue 前戦クラッシュからの完全復活! 苦手富士の予選は想定以上の3番手獲得  シリーズ第2戦は富士。ゴールデンウィークに開催されるのが恒例で、シーズンで最も多くの観客を集めるビッグレースです。K-tunes Racingにはその準備に多忙を極めました。前戦岡山でクラッシュしてしまい、マシンはフロント部分に大きなダメージを受けました。その修復に時間的な余裕はなかったのです。  第2戦直前に予定されていた鈴鹿でのメーカーテストに参加するためには、正味1週間しか時間は残されていなかったのです。しかしK-tunes Racingのメカニックたちはチャレンジし、そして見事に鈴鹿へとマシンを持ち込むことに成功しました。走らせてみても大きなトラブルもなく、高いレベルで修復されていたのです。  そして、その成果が、今日の公式予選で明らかになりました。...
asimg_TonyBrooks-LAT1_36271d0d957c5a-660x440.jpg
May
03
 1956年から1961年にF1に参戦し、6回の勝利を挙げたトニー・ブルックスが90歳で死去した。  イギリス出身、1932年2月25日に生まれたブルックスは、“The Racing Dentist”(レースをする歯科医)として知られた人物で、歯学を学ぶ傍ら、レース活動を始め、F1にデビューした1956年に歯科医師資格を取得している。  ヴァンウォールで4勝を挙げた後、1959年にはフェラーリで走り、この年、2回優勝し、ジャック・ブラバムに次ぐランキング2位を獲得した。  非常に高い評価を受け、同時代に走ったスターリング・モスは、もし自分がF1チームを作るなら、ドライバーとしてジム・クラークとブルックスを選ぶと述べていたという。  昨年フェラーリは、ブルックスについて「モーターレース界で最も危険な時代に現役時代を送った存命する唯一のドライバーとなり、イギリス南部のサリー州で静かに暮らしている」と紹介していた。...
May
03
 5月3日に公式練習、そして公式予選が行われた2022年スーパーGT第2戦『FAV HOTEL FUJI GT 450km RACE』。スーパーGTの公式YouTubeチャンネルでは予選日の模様をまとめたダイジェスト動画や注目車両のオンボード映像が公開されている。 富士予選ダイジェスト GT500 WedsSport ADVAN GR Supraがポール!リアライズコーポレーション ADVAN Zが続きヨコハマタイヤが1-2! 第2戦富士 予選オンボード GT500クラス ポールポジション #19 WedsSport ADVAN GR Supra 阪口晴南 [Rd.2 予選Poleインタビュー/GT500] #19 WedsSport ADVAN GR Supra / 2022 SUPER GT Rd.2 FUJI 富士予選ダイジェスト GT300 SUBARU BRZ R&D...
asimg_06_456271da9112733-660x440.jpg
May
03
 5月3日、ランボルギーニはGT3マーケット向けの新型ランボルギーニ・ウラカンGT3エボ2を発表した。市販車のウラカンSTOをベースとし、空力や新たなエンジンエアインテークシステム、さらに車両自体の安全性が向上された。レースデビューは2023年のデイトナ24時間が予定されている。  イタリアのサンタアガタに拠点を置くランボルギーニのモータースポーツ部門、スクアドラ・コルセが生み出したウラカンGT3エボ2は、2019年にホモロゲートされた現行のウラカンGT3エボと比較し、2022年のFIAテクニカルレギュレーションに準拠。全面改良された空力とインテークシステムを備える。  六角形のエアスクープデザイン、さらにリヤのフィンは市販車のウラカンSTOから派生しており、スーパートロフェオ等でも採用されていたルーフ上のシュノーケルスタイルのエアインテークがウラカンGT3エボ2でも採用された。これまでサイドから取り入れられていたエアフローが改善されることにより、レスポンスが向上するとしている。さらにV10エンジンは、新たな電子制御スロットルによって効率が向上された。...
asimg_large-2022-Emilia-Romagna-Grand-Prix-Friday_ca62710c6e8c445-660x440.jpg
May
03
 アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、マイアミ・インターナショナル・オードトロームについて、今週末のF1初開催を控えて体験したシミュレーター走行に基づけば、ドライバーにとってはオーバーテイクのチャンスが多いコースだと考えている。  長く待ち望まれた新会場でのレースに向けて、F1の各チームは次々とフロリダ州の“マジック・シティ”に到着している。2022年F1第5戦マイアミGPは、今年アメリカで開催される2戦のうちのひとつ目となる。  全長5.412kmのストリートサーキットは、NFLのマイアミ・ドルフィンズが本拠地を置くマイアミガーデンズのハードロックスタジアム周辺に展開しており、19カ所のコーナーやいくつかの長いストレート区間などで構成されている。  チームとともにレースに備えるため、マイアミのバーチャルコースを走行したボッタスは、コースレイアウトに感銘を受けたと語った。 「とてもオーバーテイクしやすいコースのようだね。それが分かってよかったよ」とボッタスは語った。...
asimg_1019093705-LAT-20220423-GP2204_131009_ONZ7430-882_66626513ea76f49-660x440.jpg
May
03
 ハースのミック・シューマッハーは、カルロス・サインツがフェラーリとの契約を延長したニュースについて、そのことが近い将来のキャリアの見通しに影響を与えることはほどんどないと主張している。  FDA(フェラーリドライバーアカデミー)のメンバーであるシューマッハーは、ハースF1チームでの見習い期間を終えた後はいずれフェラーリへ昇格するとみられている。しかしサインツがフェラーリとの契約を少なくとも2024年まで延長し、チームメイトのシャルル・ルクレールもすでにチームと長期契約を締結していることから、今のところシューマッハーの行く手は阻まれているようだ。  サインツの新契約についての感想を尋ねられたシューマッハーは、「フェラーリにとって明らかに前進だ」と答えた。 「カルロスは昨年、言うまでもなく素晴らしいシーズンを過ごしたし、今年もとても優れたレースをしてきた」 「彼らにはふたりの最高のドライバーがいる。だから明らかなことだった」 「僕にとってはそれほど変わることはない。僕の仕事は今ここでベストを尽くすことだからね。つまりハースでということだ」...