RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

dc4b28cf3a6d5ef54b6c38072271515e-660x440.jpg
Jun
14
 モータースポーツの「歴史」に焦点を当てる老舗レース雑誌『Racing on』と、モータースポーツの「今」を切り取るオートスポーツwebがコラボしてお届けするweb版『Racing on』では、記憶に残る数々の名レーシングカー、ドライバーなどを紹介していきます。今回のテーマは『NISMO GT-R LM』です。 * * * * * *  BNR32型の時代には、車両開発のときからターゲットにしていた『グループA』レースにおいて、国内のみならずスパ24時間など海外の耐久レースも制し、世界をも席巻させたスカイラインGT-R。  1995年にBCNR33型へとモデルチェンジしたあとは、国内カテゴリーの変遷とともに主戦場を全日本GT選手権(JGTC)にしていたGT-Rだが、このR33時代にもGT-Rは世界のレースへと挑戦し続けた。  その舞台となったのは、伝統のル・マン24時間。日産にとってもグループCカー期以来、5年ぶりだったル・マン24時間への挑戦は、GT-Rにとって厳しい戦いとなった。...
asimg_21R06AzeSu-Ver-XPB7_3b60c477654a6ea-660x440.jpg
Jun
14
 F1第6戦アゼルバイジャンGPで発生したタイヤトラブルについて、ピレリは詳細な調査を行い、報告書をまとめ、フランスGP前にそれを発表する予定だ。まだ発表前の段階だが、イタリアメディアは、タイヤの構造に問題は見つからなかったと伝えている。  決勝中、ランス・ストロール(アストンマーティン)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の左リヤタイヤが相次いで壊れ、それぞれ激しくクラッシュした。F1タイヤサプライヤーであるピレリは、現在、報告書を作成しており、まずはそれをFIAの技術・安全代表および全10チームに送り、その後、結果を公表する。 ....
asimg_XPB_1090748_1200px_d560bcfa5feb16f-660x440.jpg
Jun
14
 アストンマーティンF1のCEO兼チーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、セバスチャン・ベッテルの加入により、チームのレース週末に対するアプローチ方法が大きく変わったと語った。 「セバスチャンのおかげで物事のやり方が広がった。デブリーフィングの取り組み方も、今は変わったのだ。週末に向けてのプロセスも、我々全員が少しずつ改善してきた」とサフナウアーは明かした。  どのような変化であれ、それは確実に実を結んでいるようだ。ベッテルはフェラーリから移籍してわずか6戦目の第6戦アゼルバイジャンGPで2位に入賞し、アストンマーティンでの初表彰台を獲得した。厳しいシーズン序盤を経て、第5戦モナコGPで今季初入賞を果たし、そこから2週間後の出来事だった。...
asimg_02_22-HRT-EV10-3647-1_5960c6e820a47fd-660x440.jpg
Jun
14
 2021年も定番の10月開催を予定するRSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップ最大の祭典『バサースト1000』に向け、現在ホールデン陣営のトップチームとして活動するエレバス・モータースポーツがワイルドカード枠の参戦ドライバーを発表した。シリーズのレジェンドとして、このお祭りイベントで4勝を飾っているグレッグ・マーフィーと、惜しくも2019年限りで現役を退いたリッチー・スタナウェイという2名の“Kiwi(キウィ/ニュージーランド出身者)”が強力タッグを組むことが決まった。  オーストラリア大陸を代表するツーリングカー選手権でも、シーズン中の特別な1戦としてその名を世界に轟かせるバサースト1000は、毎年のようにワイルドカード枠で豪華ゲストドライバーのエントリーを迎え入れてきた。...
asimg_04_WEC_2021_Rd2_006_8f60c43d74e7cfa-660x440.jpg
Jun
14
 6月14日、全日本スーパーフォーミュラ選手権をプロモートする日本レースプロモーションは、新たな試みとして19時30分からYoutube Liveで『第3戦オートポリスレビューリアクションLIVE』を配信したが、この番組内で、6月13日にWEC世界耐久選手権第2戦ポルティマオを終えたばかりの中嶋一貴が、オンラインでサプライズゲストとして出演した。  2021年は全日本スーパーフォーミュラ選手権にKuo VANTELIN TEAM TOM’Sから、WECにはTOYOTA GAZOO Racingから参戦する中嶋一貴。この日、スーパーフォーミュラをプロモートする日本レースプロモーションは新たな試みとしてYoutube Liveで『第3戦オートポリスレビューリアクションLIVE』を配信し、第3戦オートポリスで一貴の代役として出場し、ポール・トゥ・ウインを飾ったジュリアーノ・アレジと、予選2番手につけた宮田莉朋、そしてKuo VANTELIN TEAM...