RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_XPB_1088260_1200px_5260adf3d898a44-660x440.jpg
Sep
23
 F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、モナコGPについて来年は伝統的な木曜日の走行を廃止し、他のグランプリと同様に金曜からの3日間のフォーマットに切り替える予定であることを明らかにした。  モナコ公国で開催されるグランプリは、かつてキリスト昇天祭のある木曜からスタートしていた習慣が残り、毎年、走行初日は木曜に設定され、金曜には走行はなく、土日にセッションが行われる流れになっている。  F1は何十年にもわたってモナコの伝統的なタイムテーブルを維持し、金曜日には地元商店や企業が通常どおり営業し、住民はモンテカルロを自由に移動することができた。  しかし、現在立案されている2022年F1カレンダーでは、モナコGPの前週にスペインGPが予定されているため、ロジスティクス面から、モナコが金曜スタートになるといううわさが流れていた。ドメニカリは最近、それが事実であることを確認した。...
asimg_1018802356-LAT-20210910-GP2114_163920_ONZ3976-648_ea614c5a23db606-660x440.jpg
Sep
23
 9月23日(木)、ウラルカリ・ハースF1チームは、2022年シーズンもミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンを起用すると発表した。  2020年からチーム再建に取り組んでいるハースは今年、ドライバーラインアップを一新してルーキーのシューマッハーとマゼピンを起用した。新しいレギュレーションが導入される2022年のマシン開発に注力するため、今季はマシン開発を行わず厳しいシーズンを送っている。  ハースのラインアップに関しては、シューマッハーに移籍の噂が流れたこともあったが、これでラインアップが確定したことになる。2022年シーズンに向け、F1で残っている空席はアルファロメオのひとつだけだ。  チーム残留の決まったシューマッハーは、今年の経験を来年に活かし、入賞を争えるようになると信じていると語った。...
Sep
23
 国内屈指の名門レーシングチームTOM’Sを運営する株式会社トムスは10月18日に、未経験者からレース参戦を目指すエキスパートまで幅広く対応するフォーミュラ・ドライブ・サポートプログラム『TOM’S FORMULA COLLEGE(トムス・フォーミュラ・カレッジ)』の『エクスペリエンス・コース』の第3回目を富士スピードウェイのP7駐車場の特設コースにて開催することを発表した。  今回はKuo VANTELIN TEAM TOM’Sの中嶋一貴が特別インストラクターとなり、各参加者のスキルに応じたアドバイスを行うという。  国内トップチームのひとつとして数々の成功を収め、今季も国内トップカテゴリーである全日本スーパーフォーミュラ選手権やスーパーGT、ミドルフォーミュラの全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に参戦するトムス。若手育成にも力を注ぐ同チームは、2021年から未経験者でもフォーミュラカーのドライブが体験できるプログラム『トムス・フォーミュラ・カレッジ』を展開している。...
asimg_s20210919_ST5_Sokuho_34_eb614c3ad1c873a-660x440.jpg
Sep
23
◆レース名 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第5戦 「鈴鹿S耐」 鈴鹿サーキット(9月18日〜19日) ◆車両&ドライバー #52埼玉トヨペットGB クラウンRS (服部尚貴選手/吉田広樹選手/川合孝汰選手) ※クラウンは2リッター直噴ターボ(8AR-FTS型)のクラウンRSがベース。シーケンシャルミッションを使用しています ◆決勝結果 決勝:5位(121周、5時間01分42秒399) ※天候は晴れ、路面はドライ ◆ST-3クラス予選結果 Aドライバー:服部尚貴選手:2分19秒625(4位) Bドライバー:吉田広樹選手:2分18秒692(3位) A+Bドライバー合算タイム:4分38秒317(予選4位) Cドライバー:川合孝汰選手:2分22秒830(5位) ※天候は晴れ、路面はドライ ◆埼玉トヨペット社員コメント ・青柳浩チーム監督(モータースポーツ室 室長)...
asimg__TIX7064_c4614c12345861a-660x440.jpg
Sep
22
 9月21日~22日、2021年MotoGPミサノ公式テストがイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は総合4番手に入った。  MotoGP第14戦サンマリノGPの2日後に同地で公式テストが行われ、中上はホンダRC213Vのセットアップを進め最後のセッションで2番手に入る好走を見せた。  中上は様々な新パーツをテストし、2日間のテストでマシンのスピードとフィーリングの両面で大幅な改善を施し、1日目は57周を走り1分31秒913で総合4番手に入った。2日目のテストでは合計58周を走り1分31秒735のタイムをマーク。2日間の総合でも4番手に入っている。  最後の4戦に向けて大きな進歩を遂げた中上は、10月1日~3日に開催されるMotoGP第15戦アメリカズGPで上位入賞を狙っていく。 ■LCRホンダ・イデミツ 中上貴晶(総合4番手:1分31秒735)...