RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

asimg_IMG_5564_1d62bd864b763cb-660x440.jpg
Jun
30
 2022年はフランスに移住し、OG Motorsport BY SarazinからFIM世界耐久選手権(EWC)に“フル参戦”することになった渥美心選手。そんな渥美選手がEWC参戦のなかで感じた、日本のレースとの違いや耐久レースならではの出来事や裏側を語ります。  今回は2001年以来に開催されたスパ24時間の雰囲気やレースに参戦した心情や表彰台獲得の思いなど、レースウイークの日々を渥美選手と同行している広報兼ヘルパーの目線でお伝えします! (.) ※ ※ ※ ※ ※ ※  ■レース直前の大ハプニング!そこに現れた救世主  予選までとても順調に進んできたのですが、レース前最後のウォーミングアップ中に大ハプニングが起こりました……。第3ライダーのアレックス・プランカッサーニュ選手が走行中に転倒し、左肩を負傷してしまいレースに出場することができなくなったのです。...
Jun
30
 6月23~26日に開催されたWRC世界ラリー選手権第6戦ケニア。19年ぶりに復活した2021年の大会に続き、今大会も“サファリ・ラリーらしい”サバイバルの様相を呈したイベントのポイントとなったシーンや、あわやのシーンをまとめたクリップ集がWRCの公式YouTubeチャンネルで公開されている。  カッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がシーズン4勝目を飾り、彼の所属するTOYOTA GAZOO Racing WRTが歴史的な1-2-3-4フィニッシュを達成して幕を閉じたサファリ・ラリー・ケニアは、戦前から多数のアクシデントが起きることが予想され、それが裏切られることはなかった。  WRC公式チャンネルで公開中の“Top 5 Moments, Problems and Stories”ではそれらの一部が紹介され、選手たちを襲ったトラブルやアクシデントの数々を確認することができる。また、今戦では砂漠地帯の路面を思わせる“フェシュ・フェシュ”と呼ばれる、細かい砂が厚く堆積した区間があり、これも今戦を振り返るうえで欠かせないものとして3つめのモーメントに加えられた。...
a39d0a3c877f01a8152d57d103aadcd9-660x440.jpg
Jun
30
 現在開催されている『人とくるまのテクノロジー展2022 NAGOYA』にて、ホンダレーシング常務取締役 四輪レース開発部部長の浅木泰昭氏が期間中の7月1日(金)10時より、技術開発特別講演としてF1パワーユニット開発についてオンライン講演を行う。  2021年のF1で王者メルセデスと激しいタイトル争いを繰り広げ、最終戦アブダビGPでマックス・フェルスタッペンがドライバーズチャンピオンを獲得したレッドブル・ホンダ。そのタイトル獲得をサポートしたのが日本の自動車メーカーであるホンダが開発を行ったパワーユニットだ。  そのパワーユニットについて、当時は本田技術研究所 HRD Sakuraセンター長兼F1プロジェクトLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)としてホンダF1のパワーユニット開発を率いたのが浅木氏となる。  今回、人とくるまのテクノロジー展2022にて浅木氏の技術開発特別講演がオンライン開催(事前録画編集済の映像を放映)されることになり、F1のパワーユニット開発にかけた熱意や思い入れ、レースパワーユニットについて技術解説を行う。...
asimg_WRCChallengeProgram_2022_Rd6.Kenya_053_b62bd5b9901fb7-660x440.jpg
Jun
30
 6月23日から26日にかけて、東アフリカのケニアで開催されたWRC世界ラリー選手権第6戦『サファリ・ラリー・ケニア』において、日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合3位表彰台を獲得した。2年連続でポディウムフィニッシュを果たしたイベント後、オンラインでの合同取材に応じた勝田は、過酷なラリーを耐え抜く強いクルマを作ってくれたチームを誇りに思うとともに、感謝の気持ちが大きいと語った。  自身2度目となるWRCの表彰台を獲得したラリーのあと、「チームとしての強さが際立った」と今戦を振り返った勝田の言葉が示すとおり、彼が所属するTOYOTA GAZOO Racing WRTはこのケニアでチーム初、トヨタとしては1993年以来、29年ぶりとなる1-2-3-4フィニッシュを達成している。...