RacingMall.Com | Shopping mall for Racing cars.

The Shopping mall of Racing cars performance parts.

Feb
21
 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ジーン・ハースは、彼のF1チームがずっとフィールドの最後尾付近にいることに、少々嫌気が差しつつあるようだ。ことによると、彼は長期的にF1に参戦するという計画を、見直し始めたのかもしれない。  すでに昨年の時点で、ハースは白紙の状態から新チームを立ち上げたのは失敗だったと認める発言をしていた。チームを設立する以前に、彼はバーニー・エクレストンから、ある既存チームの買収について打診されていたのだ。  そして先日、彼はもし向こう2年以内に上位を争うようにならなければ、F1からの撤退を考える可能性もあると発言した。  今シーズンに関して、ハースはチームにきわめて高い目標を課している。それは大部分のサーキットで、ラップタイムをフェラーリのコンマ5秒落ち以内にするというものだ。...
2180222-crf250rally_002H-300x200.jpg
Feb
21
 2月22日、ホンダがアドベンチャーモデル『CRF250 RALLY<ABS>』、『CRF250 RALLY Type LD<ABS>』の新カラーリングを発表した。3月2日に発売される。  ホンダCRF250 RALLYはラリーマシンの開発思想を受け継ぐ、4ストロークDOHC水冷単気筒250ccエンジン搭載のアドベンチャーモデル。ダカールラリー参戦マシン、CRF450 RALLYをイメージさせる大型スクリーン、エアマネージメントを考慮し設計された外装を備え、フロント、リヤのサスペンションにロングストロークのものを採用することで未舗装路での走行へも考慮されている。  今回はCRF250 RALLYのABS搭載モデルと、シート高が65mm低いローダウン仕様であるCRF250 RALLY Type LD<ABS>に新色ブラックが追加。継続販売となるエクストリームレッドと合わせて全2色展開となった。なお、CRF250 RALLYとCRF250 RALLY Type LDはエクストリームレッド1色のみの販売となる。...
1f525.png
Feb
21
 メルセデスF1チームのバルテリ・ボッタスが、2018年シーズンに使用するヘルメットのデザインを発表した。今回のデザインはファンから募集したもので、1500以上の応募のなかからボッタスが選んだものとなる。  完成したヘルメットを目にしたボッタスは、以下のように話している。 「ドライバーにとってヘルメットのデザインは、外から見える唯一のもの。個人のためのデザインであり、ドライバー自身のことを少しだけ外に伝えられるものなんだ」 「多くのドライバーはキャリア全体をとおして似通ったデザインを使い続ける。それが自分のトレードマークだからね」  2016年までは青と白を基調にしたヘルメットを使用していたボッタスだが、メルセデス移籍初年度の2017年はショップから購入したものをそのまま使用しており、独自のデザインではなかったという。 「毎年(ヘルメットの)デザインを変えようとするんだ。2シーズンにわたって同じヘルメットを使ったことはない」...
d5e4c52bb4b5465d83f3ac0844b6ceba-320x159.jpg
Feb
21
 2月22日、鈴鹿サーキットは10月5~7日に開催する『F1第17戦日本グランプリ 鈴鹿30回記念大会』の大会ロゴを発表した。  1987年に初めてF1日本GPを開催した鈴鹿サーキットは2018年、30回目のグランプリを迎える。  劇的なワールドチャンピオン決定の瞬間や日本人ドライバーの表彰台獲得など、数々のドラマを生んできた過去29回の日本グランプリ。これまでに延べ約776万人、1大会平均約26万人ものファンを集める一大イベントは国内のモータースポーツファン、F1にとってもなくてはならない存在と言えるだろう。  そんな鈴鹿F1は今年“30回記念大会”として行われるが、これにあわせて特別デザインの大会ロゴが製作された。  F1の運営側と連携して創られたという本年のシンボルマークは、近年の墨文字を使った“和”と“躍動感”の溢れるデザインから一新され、2018年からリニューアルされたF1の新ロゴマークと、F1ロゴと統一されたテーマのデザインによって、30回記念大会をアピールするものとなっている。...
Feb
21
 アルマ・プラマック・レーシングは、2017年のMoto2ルーキー・オブ・イヤーを獲得したフランセスコ・バグナイアと2019年から2年間の契約を結んだと発表。バグナイアは2019年から最高峰クラスに昇格する。  バグナイアは21歳のイタリア人ライダーで、バレンティーノ・ロッシ自らが行う若手ライダー育成・教育プロジェクト「VR46・ライダーズ・アカデミー」の初期メンバーでもある。2013年にMoto3クラスでデビューし、2016年の第8戦オランダGPでキャリア初優勝を飾る。  2017年からはスカイ・レーシング・チームVR46からMoto2に昇格。5度の表彰台に登り、ランキング5位でルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。  バグナイアはドゥカティと直接契約を結んでおり、ドゥカティサテライトチームとして活動するプラマック・レーシングにライダーを貸し出す形での参戦のようだ。  バグナイアとの契約により、2019年シーズンは同チームに所属するダニロ・ペトルッチ、ジャック・ミラーのどちらかがチームを去ることになるだろう。...
Feb
21
 スーパーGT300クラスに参戦するK2 R&D LEON RACINGは2月22日、2018年の参戦体制を発表した。今季もメルセデスベンツAMG GT3+ブリヂストン、そして黒澤治樹と蒲生尚弥という体制を堅持し、悲願のシリーズチャンピオンを狙う。  2013年からスーパーGT300クラスに参戦するK2 R&D LEON RACINGは、漆黒のメルセデスでGT300クラスのトップコンテンダーとして活躍。2016年は1勝を飾ると、17年には鈴鹿、もてぎと2勝。惜しくもチャンピオンには届かなかったが、ランキング2位を獲得した。  迎える2018年は、黒澤と蒲生のコンビ、そしてメルセデスとブリヂストンというパッケージはそのままに、ブラックのカラーリング、スイス製腕時計ブランドのCVSTOS(クストス)の協力も変わらず。ただ、クストスの文字盤の絵柄がボンネットに大胆に描かれることになった。 「昨年は取りこぼしたレースがあり悔しい思いをしました。本年度も開幕戦から勝ちを狙い、確実にポイントを獲得してチャンピオンを狙います」と語るのは黒澤。...
ddcf7d10-2018-peugeot-508-11.jpg
Feb
21
ถึงแม้เซกเมนท์รถอเนกประสงค์จะเติบโตอย่างก้าวกระโดด แต่Peugeotยังไม่ทิ้งตลาดรถยนต์นั่งประเภทซีดานด้วยการเปิดตัว...
cb980747-bentley-family-day.jpg
Feb
21
เบนท์ลี่ย์ ประเทศไทย โดยบริษัท เอเอเอส ออโต้ เซอร์วิส จำกัดผู้นำเข้าและตัว แทนจำหน่ายรถยนต์เบนท์ลีย์อย่างเป็นทางการแต่เพียงผู้เดียวในประเทศไทยส่งเสริมความสัมพันธ์ของครอบครัวร่วมสนับสนุนกิจกรรมประจำปี FAMILY DAY จัด โดยสมาคมรถโบราณแห่งประเทศไทยที่สมาคมราชกรีฑาสโมสร (THE ROYAL BANGKOK SPORTS CLUB – RBSC) ในวันเสาร์ที่ 3 กุมภาพันธ์ 2561 งานแฟมิลิเดย์เป็นกิจกรรมบันเทิงของสมาคมราชกรีฑาสโมสร...
02_P90283537_highRes_the-bmw-m3-cs-300x200.jpg
Feb
21
 類い稀なる存在感を有し、誰もがその性能を認める高性能サルーンの代名詞である『BMW M3』。そのバージョンアップ版である『M3コンペティション』をベースに、2017年にも登場したクーペモデルの『M4 CS』と同等のサーキット・パフォーマンスを実現した『BMW M3 CS』が登場。30台限定販売で、2月20日より発売開始となっている。  4ドアボディの『BMW M3 CS』だが、その心臓部に搭載される3リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボは、ベースとなった『BMW M3コンペティション』よりも最高出力を10PSアップし、トルクも50Nm増大。これにより最高出力460PS、最大トルク600Nmの数値を叩き出し、0-100km/h加速でもスーパースポーツのひとつの基準となる4秒切りを果たす、3.9秒という脅威的タイムを実現した。...
05m-300x200.jpg
Feb
21
 2月22日、岡山国際サーキットでスーパーGTのタイヤメーカーテストがスタートした。1日目午前は2017年チャンピオンのKeePer TOM’S LC500が1分17秒897でトップタイムをマーク。レクサス勢がトップ3を占めている。  2月のセパンテストに続き、国内に舞台を移して初めて3メーカーがそろったブリヂストン主催のタイヤメーカーテストが2月22日にスタートした。今回参加したのは、レクサスが1月22日に行われたTRDテストに参加していたKeePer TOM’S LC500、WAKO’S 4CR LC500、ZENT CERUMO LC500、DENSO KOBELCO SARD LC500という4台だ。  一方、ホンダはセパンテストに参加したARTA NSX-GTが空輸で国内に戻り参加。また、RAYBRIG NSX-GT、KEIHIN NSX-GTが参加しており、ジェンソン・バトンも22日に岡山入りした。ニッサンは、こちらもセパンに参加したカルソニックIMPUL GT-R、そしてNDDP RACING with B-MAXの3号車CRAFTSPORTS MOTUL...
Release2018-300x200.jpg
Feb
21
 長年にわたってスーパー耐久シリーズに参戦しているGTNET MOTOR SPORTSは2月22日、2018年の参戦体制を発表。星野一樹、藤波清斗のチームメイトに浜野彰彦を加え、富士24時間ではDドライバーに安田裕信を第4ドライバーとして起用する。  スポーツカーを中心とする新車、中古車販売や車検などを手掛けるGTNET株式会社を運営母体とするチームは昨年、Y’s distractionとコラボレーション。2013年から参戦するST-Xクラスに99号車Y’s distraction GTNET GT-Rを投入し、第3戦鈴鹿で総合優勝を飾った。  そんなチームは、今季からタイヤサプライヤーやレースフォーマットなどが大きく変更される2018ピレリ・スーパー耐久シリーズに引き続きST-Xクラスから参戦するとアナウンスしたが、ドライバーラインアップについては2名のドライバーを新たに迎えている。...
5a8de4b97239856891318924_o_U_v1.jpg
Feb
21
Filed under: Videos,Autoblog Minute,Original Video An augmented reality interface is brought to your helmet with the...
4f76e0f5-2018-volvov60-01.jpg
Feb
21
ก่อนถึงงานเจนีวา มอเตอร์โชว์ในช่วงต้นเดือนมีนาคมนี้...
0317-300x200.jpg
Feb
21
 スーパーGT500クラスに参戦するLEXUS TEAM SARDは2月22日、2018年のDENSO KOBELCO SARD LC500のカラーリングをホームページ、SNSで発表した。  2018年はヘイキ・コバライネンと小林可夢偉という新たなラインアップで激戦のスーパーGT500クラスに挑むLEXUS TEAM SARD。今季のカラーリングについては、これまでも伝統的に採用されてきたホワイトをベースに、レッドとブルーのラインが入るカラーリングを採用した。  発表されたカラーリングを見ると、2017年モデルと似た印象を受けるが、これまでよりもラインが「空気を切り裂くような速さをイメージした、力強さと鋭さをより一層に強調したデザイン」となっており、さらにラテラルダクト周辺もホワイトになったことで、より洗練された印象を受ける。デンソー、コベルコ、マグナスターといった各社のロゴも映えるデザインとなっているという。  また、コバライネンと可夢偉が着用するレーシングスーツのデザインも同時に公開。こちらもマシンに合わせ、ホワイトを基調にレッドとブルーのラインが入った。...
Feb
21
 2018年シーズンのスーパーバイク世界選手権(SBK)がまもなく幕を開ける。SBKとは、MotoGPと並ぶ世界選手権シリーズのひとつ。MotoGPがレース専用マシンを使用するのに対し、SBKは市販されているバイクを使用して行う二輪レースの最高峰だ。  SBKは、カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBKのジョナサン・レイが2015年から2017年までSBK3連覇。2017年は26レース中16勝という強さで連覇を達成した。チームメイトであるトム・サイクスも2013年にカワサキでタイトルを獲得しており、近年はカワサキがSBKを席巻してきたと言っていいだろう。  しかし、SBKをプロモートするドルナにより2018年はレギュレーションが変更。エンジンの回転数に制限が加えられた。これは4気筒マシンの回転数を14700回転とするものだったが、カワサキの4気筒マシンのみ600回転少ない、14100回転に制限されることになったのだ。...
17.JPG
Feb
21
Filed under: Hyundai,Crossover,SUV It looks more like a proper SUV than before....
f0d3c2e7-ferrari-488-pista-1.jpg
Feb
21
หลังจากปล่อยทีเซอร์ออกมาเมื่อไม่กี่วันก่อนหน้านี้ เฟอร์รารี่ส่ง 488 พิสตา...
f776f5ed-corolla-im_700.jpg
Feb
21
ผู้บริหารระดับสูงของโตโยต้าให้ความเห็นว่า เทคโนโลยีที่ล้ำอนาคตอาทิระบบขับขี่อัตโนมัติจะทำให้รถยนต์กระแสหลักล้มหายตายจากไปอย่างรวดเร็ว ไซมอน ฮัมฟรีส์...
6a63807c-vw-id-buzz-19.jpg
Feb
21
โฟล์คสวาเกนกำลังซุ่มพัฒนารถยนต์พลังงานไฟฟ้ารุ่นใหม่ซึ่งจะเปิดตัวในอีกไม่ช้า โดยมีข่าวคราวความเคลื่อนไหวให้ได้ติดตามกันอย่างต่อเนื่อง...
Feb
21
 フェラーリが2018年型F1マシンにおいていくつかカラーリング上の変更を行ったと、イタリアのメディアが伝えている。  豊富な情報源を持つCorriere della Seraによれば、フェラーリはかつて主流だったやや暗めのトーンの赤に立ち戻ることを決めたということだ。  スポンサー関連の変更も行われるかもしれない。現在加熱式たばこIQOS(アイコス)の売り上げが上昇しているフィリップモリスは長きにわたりフェラーリをサポート、このパートナーシップが今後も継続することはすでに明らかになっている。2018年型フェラーリは、グレーの陰影を施すことでフィリップモリスの存在感を強調するのではないかとの説もある。  また、サンタンデールがスポンサーから撤退したことで、2018年マシンのボディワーク上の白い部分は最小限まで減るか、もしくは完全になくなるものと予想されている。  フェラーリの2018年マシンは、22日に正式に発表される。