TKRI 2022スーパー耐久第7戦鈴鹿 レースレポート

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Nov 30, 2022.

By Auto News on Nov 30, 2022 at 11:53 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

    TKRI

    ENEOSスーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook
    第7戦 SUZUKA S耐


    2022年11月26日(土)〜11月27日(日)
    鈴鹿サーキット(三重県)
    入場者数:11月26日 2,200人  11月27日 5,200人

    追い上げ実り3位でフィニッシュ
    学び多きST-X初年度を締めくくる



    FREE PRACTICE
     3月に開幕した2022年のスーパー耐久シリーズは、長い戦いを経ていよいよ今季最終戦となる第7戦を迎えた。舞台は、第1戦と同じ三重県の鈴鹿サーキットだ。TKRIにとっては、ST-Xクラス挑戦を開始した初めてのレースで、嬉しい表彰台を獲得したサーキット。今季、さまざまなドラマを味わってきたTKRI 松永建設 AMG GT3にとって、シーズンの締めくくりとなる良い結果を目指したい一戦だ。

     とはいえ、今回のレースに向けて課題もたくさんある。AドライバーのDAISUKEにとっては、鈴鹿は攻略が難しいコースでもある。中高速コーナーが多く、第1戦の際にはラップダウンの処理に大いに苦しめられた。特に今回は、全クラスが出走し57台がコース上を走る。11月25日(木)午後1時30分からスタートした特別スポーツ走行からTKRI 松永建設 AMG GT3は週末に向けてラップを重ねた。ただ、初日は晴天に恵まれていたものの、風が強く、その影響がやや響くことになった。

     明けて11月26日(金)は午前に専有走行1回目、午後には全クラス混走の専有走行が行われたが、どちらもDAISUKE、元嶋佑弥が交代しながら周回。ただ赤旗中断が相次いだほか、路面コンディションがあまり良くない状況。いずれも元嶋のタイムで首位ではあったが、DAISUKEもセットアップや走り方などに頭を悩ませながら、予選に向けて準備を進めた。

    QUALIFY
     迎えた11月26日(土)の予選日は、前日までと異なり曇り空。午前9時30分から行われたフリー走行で元嶋、DAISUKEとドライブし、午後1時からの公式予選を迎えた。まずAドライバー予選に臨んだDAISUKEは、2分06秒076というタイムをマークするも、想定よりも攻めきれず悔しい表情を浮かべた。さらにBドライバー予選では、いつも切れ味鋭いスピードをみせる元嶋がピークを伸ばせず苦戦。2分01秒713というタイムで4番手に留まってしまう。合算では4分07秒789という結果で、6番手という予選順位となってしまった。さらに、予選時のマナー違反でまさかの5グリッド降格のペナルティを受けてしまった。

     Cドライバー予選では中山友貴がきっちりと2分05秒596というタイムを記録し予選を締めくくったものの、ハンデが重いライバルが多いなか、思わぬ苦戦となってしまった。

    RACE
     晴天のもと迎えた11月27日(日)の決勝レース。グリッド降格のため、12番手からスタートすることになったTKRI 松永建設 AMG GT3は、序盤の混戦をDAISUKEに委ねることになった。混戦のなか、なるべくペースを落とさず走ることが上位進出への鍵となる。

     迎えた午前10時45分からの決勝。DAISUKEは周囲の他クラスの車両をかき分けながら、ST-X車両の集団に追いついていくが、1周目のS字で7番手スタートの#81 GT-Rと接触。これでダメージはなかったものの、オープニングラップからフルコースイエロー(FCY)が入る荒れた展開。再開後、前を追っていったが、3周目にはデグナーで他クラスの車両をかわそうとした際に姿勢を乱し、コースアウトを喫してしまった。これで大きく遅れてしまうことになったが、その後はアクシデントやトラブルによりFCY、セーフティカーランが入るなか、安定してラップを刻んでいった。

     DAISUKEは規定の1時間の周回をしっかりとこなすと、22周を終えピットイン。元嶋に交代する。ピットは迅速な作業で送り出し、元嶋は34周目に2分03秒881というベストタイムをマークし全速力で追い上げていく。
     この時点ですでにTKRI 松永建設 AMG GT3はトップに対しラップダウンになっていたが、圧倒的なペースとともに元嶋は少しずつ順位を上げていった。レースはその後もフルコースイエローが多発するが、TKRI 松永建設 AMG GT3は混乱をうまくくぐり抜けつつ、58周を終え中山友貴に交代。前を行く#888 メルセデスを追いながら、64周目についにラップダウンから抜け出し、6番手につけていった。

     その後も中山はきっちりとラップをこなし、66周目には#777 アストンマーティンがペナルティを受けたことで、5番手に浮上。さらに元嶋との交代のタイミングをうかがっていたが、ピットで戦略を練っていた河野高男エンジニアは、元嶋の180分の最大ドライブ時間が引っかかっていた。87周目、このレースで6回目のFCYが導入されることになるが、元嶋のドライブ時間を計算している間にFCYは終了。わずかに好機を逃し89周目にピットインし、ふたたび元嶋にステアリングを託すことになった。とはいえここで#888 メルセデスを先行し、TKRI 松永建設 AMG GT3は4番手までつけた。

     元嶋はふたたび好ペースで前を走る#888 メルセデスを追っていったが、114周目、トップ争いを展開していた#31 RC Fが後退。これでついに表彰台圏内の3番手に浮上した。元嶋はそのままきっちりとチェッカーまで走り切り、3位表彰台を獲得してみせた。

     レースペースはそこまで悪いものではないと分かってはいたものの、予選までの不調、さらに序盤のコースアウトからの見事なリカバリーでの表彰台に、チームは喜びに沸いた。ただコースアウト、さらに6回目のFCYのタイミングでピットインを行うことができていれば、さらなる高みも見えた可能性があった。

     これで2022年のTKRIの挑戦は幕を閉じた。シーズン3回の表彰台は、ST-X挑戦初年度としては良いものではあったかもしれない。しかし、すべてを出し切ってのノーミスのレースはまだできていない。TKRIは来季、さらに力をつけて頂点へ挑んでいく。
    .
    2022スーパー耐久第7戦鈴鹿 3位となったTKRI 松永建設 AMG GT3のDAISUKE/元嶋佑弥/中山友貴

    DRIVER’S VOICE
    DAISUKE

    序盤は大変なレースになってしまいましたね。クラス違いの車両を早く抜かなければと焦ったことでコースアウトしてしまいました。ただその後、ふたりのプロがリカバリーしてくれたのが何より大きいです。ふたりにはもう感謝しかないですね(苦笑)。とはいえ、開幕の鈴鹿で2位、そして最終戦でも表彰台に立てたので良かったです。それにしても、今回は開幕戦よりも難しかったです。予選でも苦しかったですしね。何よりまた課題も見えましたし、来季に向けてまた準備含めて頑張っていきたいと思います。一年間ご声援ありがとうございました。

    元嶋 佑弥  YUYA MOTOJIMA
    そもそも僕が予選でペナルティをもらってしまいまいたし、DAISUKE選手に難しいところを担当させてしまったので、そこは反省点です。自分の一度目のスティントでは前とのギャップを聞きながらフルプッシュし、二度目のスティントでは安定したペースで走れるようにしました。中山選手のペースもピット作業も速かったですし、総合力を感じることができました。今季、速かったとは思うのですが、僕も含めてパーフェクトにできたレースが少なかったので、チャンスがあればまた来季もまた戦いたいですね。完璧なレースができれば勝つチャンスはあると思っています。

    中山 友貴  YUUKI NAKAYAMA
    3位まで追い上げられて良かったです! グリッド降格や序盤のスピンもあったので、とにかく追い上げるしかないと頑張りました。この鈴鹿で、これだけの台数のなかで安定したペースを保つのは本当に難しく、危ないシーンもありながら、リスクをとらないように走っていきました。最後は元嶋選手に助けてもらったような感じですね。あっという間の一年でしたが、片岡さんに声をかけていただき仲間に入れてもらい、自分もさまざまなことを学ばせてもらいました。楽しい一年でしたし、チャンスがあれば来年もこのメンバーで優勝、チャンピオンを目指していきたいですね。

    河野 高男 監督  TAKAO KOHNO
    最後のフルコースイエローのときにピットインしていれば2位になれたかもしれないですけどね。自分の判断ミスもありました。しかしDAISUKE選手も大変なレースで頑張ってくれましたし、元嶋選手、中山選手のペースが良かったことが3位に繋がったと思います。予選までは開幕と異なるセットアップでピークが出せていませんでしたが、終わってみれば開幕よりもレースラップは良かったですし、我慢強く戦ったことで表彰台に繋がりました。今年最終的に3回表彰台に立てましたが、来年続けていけばもっと上も見えるのではないでしょうか。
    .
    2022スーパー耐久第7戦鈴鹿 TKRIのメンバー

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Nov 30, 2022.

Share This Page