ピレリF1、2023年はコンパウンドを1種類追加、『C0』を含む合計6種類に

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Nov 24, 2022.

By Auto News on Nov 24, 2022 at 12:34 AM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     ピレリは、F1スリックタイヤのコンパウンドを現在の5種類から、2023年には6種類に増やす予定であることを明らかにした。今までのC1コンパウンドの名称を『C0』に変更し、新しいコンパウンドを『C1』にするということだ。現在の最もハード寄りのC1とC2のタイム差が大きすぎることが理由だという。

     現在は5種類のコンパウンドから、グランプリごとにピレリが3種類のコンパウンドを選択してチームに供給している。

     アブダビでのF1タイヤテストの後、ピレリのモータースポーツディレクター、マリオ・イゾラは、来年コンパウンドを1種類追加すると明かした。
    .
    2022年F1アブダビテスト 角田裕毅(アルファタウリ)

    「現在のC1はザントフォールトやシルバーストンでは非常によく機能する。そのため、なくしてしまいたくはない。一方、新しいコンパウンドは旧C1よりグリップが高い。来年どうするかについて、非常に良い考えを持っている。プレシーズンテストや序盤数戦に基づいて、必要なら変更や微調整を行えるよう、柔軟性を維持したいと考えている」

     今までのC1コンパウンドの名称を『C0』、新しいコンパウンドを『C1』にし、残りの4コンパウンドの名称は変わらないという。1種類増やす理由について、イゾラは次のように説明した。

    「FIAからの(要求が書かれた)ターゲットレターのなかで、コンパウンド同士の間の差を1周0.5秒にするよう求められた。ところがC1とC2の差はそれよりも常に大きかった。新しいC1を導入することで、目標どおりになるだろう。サーキットの全長にもよるが、6つのコンパウンドのそれぞれの差が1ラップあたり約0.5秒になる」

     イゾラは、C1とC2のタイム差が大きいことにより、サーキットによっては、チームがC1を使いたがらなかったとも説明している。

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Nov 24, 2022.

Share This Page