ルノー、独自のハイブリッドシステム『E-TECH HYBRID』を搭載したモデルを日本導入。開発にはF1の技術とレゴブロックによる検証も

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Jan 14, 2022 at 4:38 PM.

By Auto News on Jan 14, 2022 at 4:38 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     ルノー・ジャポンは1月14日、千葉県の幕張メッセで開幕した東京オートサロン2022に出展し、ルノーがF1で培ったノウハウを取り入れて独自に開発した、軽量、コンパクトかつドライブフィールに優れるハイブリッドシステム『E-TECH HYBRID(イーテックハイブリッド)』を搭載したモデルを、順次日本に導入することを発表した。ルノーブースに参考展示されているルノー・アルカナは、この『E-TECH HYBRID』を搭載したモデルで、2022年春頃の日本導入を予定している。

     自動車の燃費規制、排ガス規制が厳しくなる中、ルノーはそれまでのガソリンエンジン、ディーゼルエンジンに代わるパワートレーンとしてハイブリッド技術の開発を目指していた。

     それまでのハイブリッド車は、街中での燃費性能には優れているものの、欧州で求められるレスポンスの良いドライブフィールや、高速域での性能に優れているとはいえず、欧州の交通環境には十分ではないと考えられていた。また、大きく、重くなりがちなハイブリッドシステムを、ルノーが得意とする中、小型車に搭載するためには、コンパクトで軽量なシステムとすることが必要だった。これらの課題を解決するために、ルノーはF1で培ったノウハウを取り入れ、新たなハイブリッドシステム『E-TECH HYBRID』を開発したという。

    『E-TECH HYBRID』は、F1を始めとするモータースポーツで使用されるドッグクラッチを採用し、軽量化、コンパクト化を果たしたトランスミッションを組み合わせたシステム。高い燃費性能に加え、モーターとエンジンそれぞれが得意とする領域で、その性能を最大限に引き出すことで、街中ではストップアンドゴーをスムーズにこなし、追い越し時や高速道路では力強い加速が得られるなど、従来のパワートレーンを凌ぐドライブフィールを実現しているという。

    ■F1の技術&レゴブロックを活用したハイブリッドシステム開発


     好燃費かつドライブフィールに優れたハイブリッド車を実現するためには、エンジンとモーターを繋ぐトランスミッションを、軽量でコンパクトなものとすることが鍵となったという。この条件を満たすために活用されたのが、ルノー/アルピーヌが参戦してきたF1の技術だった。

     F1のトランスミッションには、コンパクトで動力伝達効率に優れたドッグクラッチが採用されている。このドッグクラッチを使った、従来のクラッチやシンクロナイザーさえも排したコンパクトなトランスミッションが考案された。

     このトランスミッションの実現性を検証するために使われたのが、工業用のレゴブロックだったという。ルノーのエンジニアは、レゴブロックを使ってトランスミッションのモデルを組み上げ、このアイデアが実際に機能するか検証。同時に、F1のエンジニアと協業して、F1のノウハウを活用した技術開発も進められた。

     F1では、2014年から新たにエネルギー回生システムを組み込んだハイブリッドシステムを導入したパワートレーンを使用している。エンジンとふたつのモーターを組み合わせたこのパワーユニットを効率よく、速く走らせるためのソフトウェアを開発するため、F1チームは膨大な走行データをAIを使ってシュミレーションし検証している。メンテナンス性、デバックのしやすさ、信頼性を高めていった結果、パワートレインを制御するソフトウェアは徐々にシンプルなものとなり、結果的に『E-TECH HYBRID』が必要とするものと近いものとなったとのこと。

     このエネルギーマネジメント分野に加え、ルノーのエンジニアは、エンジン効率、ミッション、モーターの分野の経験とノウハウ、そしてF1チームの開発のスピードと問題に対応する決断の早さなどを学び、市販車のハイブリッド技術の開発に活かすことができたという。

     そんなF1のノウハウを取り入れて開発されたルノー独自のハイブリッドシステム『E-TECH HYBRID』は、メインモーターである『E-モーター』と『HSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)』という2基のモーターと、1.6リッター4気筒自然吸気エンジンに、トランスミッションのドッグクラッチマルチモードATで構成され、スムーズな変速とダイレクトな加速を両立。エンジンには、アライアンスエンジンの『HR16』が採用されたが、エンジンマッピング、ピストン、コネクティングロッド、クランクシャフトなど、いくつかのパーツを『E-TECH HYBRID』に合わせるため、再開発を経ている。

     エレクトリックモーターは、静かで滑らかな走り出し、市街地でのスムーズなストップアンドゴー、追越し時や高速域での加速ではエンジンを瞬時にアシスト。そして高速域での力強い走りはエンジンが受け持つ。欧州車ならではのレスポンスの良い爽快なドライブフィールが全速度域で楽しめるのが、『E-TECH HYBRID』の最大の特徴とのことだ。

     そんな『E-TECH HYBRID』を搭載したルノー・アルカナは、2022年春頃の日本導入を予定している。今から登場が楽しみな存在だ。

    ■E-TECH HYBRID


    2つのモーターとガソリンエンジン、これらを最適に組み合わせるドッグクラッチマルチモードATで構成。
    ・E-モーター(メインモーター):36kw/205N・m
    ・HSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター):15kw/50N・m
    ・1.6リッター4気筒自然吸気エンジン:94ps/148N・m
    *E-TECH HYBRIDは、150以上の特許を取得
    .
    ルノーブースに参考展示されているルノー・アルカナのインテリア
    .
    トランスミッションの実現性を検証するために使われたのが、工業用LEGOブロック
    .
    E-TECH HYBRID

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Jan 14, 2022 at 4:38 PM.

Share This Page