レッドブルF1、2022年型『RB18』のティーザー画像を公開。ユニークな新車発表会に参加するファンを募集

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Jan 14, 2022 at 3:29 PM.

By Auto News on Jan 14, 2022 at 3:29 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     レッドブル・レーシングは、2022年型F1マシン『RB18』の発表会を、「革新的な技術」を使用して実施すると発表、ユニークな形で参加するファンを募集している。発表会の日程は明らかにされていない。

     2022年には新たなF1技術レギュレーションが導入され、2021年までとは大きく異なる新世代F1マシンが登場する。その2022年型マシンにレッドブルは『RB18』と名付けた。2021年型は『RB16B』であり、『RB17』をスキップしたことになる。
    .
    2021年型レッドブルRB16Bのカラーリングが施された2022年型マシンのイメージ

     3年にわたりパワーユニットパートナーを務めたホンダは、2021年をもってF1活動を終了。ホンダはパワーユニットに関する知的財産権の2022年以降の使用を、レッドブル・レーシングとアルファタウリに対して許諾、レッドブルはこのプロジェクトのためにパワーユニット部門の新会社『レッドブル・パワートレインズ』を立ち上げた。

     大きな変化が訪れる2022年シーズンを戦うマシン『RB18』の発表会について、レッドブルは、1月14日、ユニークな企画を発表した。

     選ばれたファンが、『RB18』の発表会を、パーソナライズした形で、自身のソーチャルメディアチャンネルを通して、ライブ配信することができるということだ。該当者は、発表会の紹介をするドライバーを新チャンピオンであるマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスから選び、話を聞きたいチームリーダー、コンテンツの言語も選択する形でストリームをカスタマイズすることができる。

     .から応募した希望者のなかから、チームが何人かを選択するということだ。

     レッドブルはこの告知をする際に、『RB18』のリヤを示すティーザー画像を公開している。






    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Jan 14, 2022 at 3:29 PM.

Share This Page