12月6〜7日開催のスーパーフォーミュラ・ライツ鈴鹿テストのエントリー発表。初参加も

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Nov 25, 2021 at 12:03 AM.

By Auto News on Nov 25, 2021 at 12:03 AM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     11月25日、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権は12月6〜7日に三重県の鈴鹿サーキットで行われる合同テストのエントリーリストを発表した。14台が参加し、そのうち4台は車両をシェアし合計で19名のドライバーが参加する。今回スーパーフォーミュラ・ライツ初のテスト参加となるドライバーやチームの名も見られる。

     2021年は名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)がジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM’S 320)との僅差の争いを制しチャンピオンを獲得したスーパーフォーミュラ・ライツ。スーパーフォーミュラへの登竜門として、またスーパーGT等の強大なダウンフォースをもつマシンをドライブするのに必要なスキルを学ぶことができるシリーズだが、2022年をうらなう恒例の年末のテストには、レギュラーシーズンより多い14台が参加することになった。

     まず名取をチャンピオンに導いたB-MAX RACING TEAMは、50号車、51号車、52号車という3台をエントリー。50号車、51号車はまだ未定だが、52号車にはスーパーGT GT300クラスやスーパー耐久、86/BRZ Raceで活躍する菅波冬悟がエントリーした。

     一方B-MAX ENGINEERINGは2台をエントリーする。2020年のマスタークラス王者の今田信宏はコーチングと推測される松下信治と4号車をシェア。DRAGONはスーパーGT、スーパー耐久で活躍するジェントルマンドライバーの内田優大と30号車をシェアする。

     2021年のチーム部門王者であるTOM’Sは、1号車に最終戦もドライブした小高一斗をエントリー。37号車はレギュラーの平良響がドライブするが、36号車にはフォーミュラ・リージョナルでランキング首位、王座に手をかける古谷悠河が乗り込むことになった。

     同じトムスTAZ-31エンジンを使用するRS FINEは、現段階ではドライバーは未定。シーズンは河野駿佑がドライブしていたが、誰がテストに参加するか楽しみなところ。また2021年は佐藤蓮が速さをみせたTODA RACINGも現段階ではTBNとなっている。

     10号車、11号車をエントリーさせたルーニースポーツは、3人のドライバーが2台に記されている。今季11号車でレギュラー参戦していた植田正幸に加え、スーパーGTをはじめさまざまなレースでスピードをみせてきた堤優威の名が記された。堤はフォーミュラのキャリアは2014年までのスーパーFJまでで、スーパーフォーミュラ・ライツをどうドライブするか。また、2021年はFIA-F4で活躍してきた元嶋成弥が10号車に記された。兄の佑弥も全日本F3時代の2017年にスポット参戦した経験がある。

     そして注目とも言えるのが、62号車と63号車。平木湧也、玲次の兄弟が興したHELM MOTORSPORTSの名で2台をエントリーさせた。東名TB14F3エンジンを使い、ドライバーはふたりが務める。玲次は2021年もオフのテストでドライブした経験があるが、FIA-F4やスーパー耐久で活躍してきたチームがこのまま参戦へ向かうのか注目だ。

     テストは12月6日〜7日、鈴鹿サーキットで2時間ずつ3セッション行われる。

    全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
    2021鈴鹿合同テスト エントリーリスト(11/25)


    No Driver Entrant Car/Engine
    1​
    小高一斗 TOM’S ダラーラ320/トムスTAZ-31
    2​
    TBN TODA RACING ダラーラ320/スピースA41
    4A​
    今田信宏 B-MAX ENGINEERING ダラーラ320/スピースA41
    4B​
    松下信治 B-MAX ENGINEERING ダラーラ320/スピースA41
    10A​
    元嶋成弥 ルーニースポーツ ダラーラ320/スピースA41
    10B​
    堤優威 ルーニースポーツ ダラーラ320/スピースA41
    10C​
    植田正幸 ルーニースポーツ ダラーラ320/スピースA41
    11A​
    堤優威 ルーニースポーツ ダラーラ320/スピースA41
    11B​
    植田正幸 ルーニースポーツ ダラーラ320/スピースA41
    30A​
    DRAGON B-MAX ENGINEERING ダラーラ320/スピースA41
    30B​
    内田優大 B-MAX ENGINEERING ダラーラ320/スピースA41
    35​
    TBN RS FINE ダラーラ320/トムスTAZ-31
    36​
    古谷悠河 TOM’S ダラーラ320/トムスTAZ-31
    37​
    平良響 TOM’S ダラーラ320/トムスTAZ-31
    50​
    TBN B-MAX RACING TEAM ダラーラ320/スピースA41
    51​
    TBN B-MAX RACING TEAM ダラーラ320/スピースA41
    52​
    菅波冬悟 B-MAX RACING TEAM ダラーラ320/スピースA41
    62​
    平木湧也 HELM MOTORSPORTS ダラーラ320/東名TB14F3 2020
    63​
    平木玲次 HELM MOTORSPORTS ダラーラ320/東名TB14F3 2020


    .
    スーパー耐久第6戦岡山でST-Zのチャンピオンを決めたENDLESS SPORTS
    .
    2020年スーパー耐久もてぎでST-3クラス優勝を飾ったHELM MOTORSPORTSの平木湧也、平木玲次、高橋知己
    .
    元嶋成弥(SACCESS RACING)
    .
    古谷悠河(TOM’S YOUTH)
    .
    2021スーパーGT第5戦SUGO 堤優威(たかのこの湯 GR Supra GT)

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Nov 25, 2021 at 12:03 AM.

Share This Page