サインツ「ポイントを争える可能性はあったが、自分にはコントロールできない要因でレースが台無しに」マクラーレン F1中国GP日曜

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Apr 15, 2019.

By Auto News on Apr 15, 2019 at 3:52 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     2019年F1第3戦中国GPが行われ、カルロス・サインツJr.は14位、チームメイトのランド・ノリスはリタイアに終わった。

    ■マクラーレンF1チーム
    カルロス・サインツJr. 決勝=14位
     今日もフラストレーションのつのる一日だった。トロロッソ(ダニール・クビアト)を避けきれず、また自分にはコントロールできない要因でレースが台無しになったんだ。しかも、不運なことに、今回はチームの2台が同時に巻き込まれた。

     本当に残念だ。レースペースは良かったし、(タイヤの)デグラデーションもうまく管理できていたからね。ポイントを争える可能性は十分にあったと思う。予選の時よりも、レースの方がクルマの仕上がりが良かったのは間違いない。

     とにかく明るい面だけを考えて、辛抱強く行こうと思う。いずれ状況は好転するはずだ。クルマには満足しているし、チーム、エンジニア、メカニックにも何の不満もない。いつか必ず僕にも運が向き始めると信じている。

    ■ランド・ノリス 決勝=リタイア(18位完走扱い)
     スタートはうまく決まった。最初の蹴り出しが良くて、いくつか順位を上げていたが、ターン3でキミ(・ライコネン)とぶつかりそうになり、いったん引かなければならなかった。そして、ターン6でアウトサイドにいたところをヒットされ、クルマが宙に浮き上がった。僕は大きくポジションを下げ、クルマにもダメージを負ってピットインを強いられた。あれで僕のレースは、ほぼ台無しになったんだ。

     フロアにダメージがあったので、その後はペースが上がらなかった。でも、カルロス(・サインツJr)のペースは良かったようだ。トップ3チームを別とすれば、彼はその他全員のなかで一番速いくらいだった。つまり、クルマには相当なポテンシャルがあったということで、それだけにあの接触が残念だ。次に向けて気持ちを切り替えるよ。
    .
    2019年F1中国GP カルロス・サインツJr.、ランド・ノリス(マクラーレン)

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Apr 15, 2019.

Share This Page