豪州SC:DJRとティックフォード、本戦仕様『フォード・マスタング』を初披露

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Feb 12, 2019.

By Auto News on Feb 12, 2019 at 12:33 AM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     オーストラリア大陸のみならず、世界中にも多くのファンが存在するツーリングカー選手権、VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーに参戦するティックフォード・レーシングとDJRチーム・ペンスキーが、2019年シーズンより投入する新型『フォード・マスタング・スーパーカー』のレース仕様車とそのカラーリングを公開した。

     長年フォード・パフォーマンスのワークスチームとして活動し、2018年シーズンからその名称をティックフォードに変更した同チームは、今季フォード陣営が導入する新型『フォード・マスタング・スーパーカー』の本戦仕様車を公開した最初のチームとなった。

     モンスターエナジーとのパートナーシップを結ぶ6号車をドライブするキャメロン・ウォーターズは「このカラーリングが一番かっこいいマスタングに間違いない」と、新たな愛機の出来栄えに満足げな表情を見せた。

    「ファンだけでなく、ドライバーやパドックの誰もがこのスーパーカー・シリーズでマスタングの戦う姿を見たいと願ってきた」とウォーターズ。

    「レース仕様カラーリングの発表一番乗りになれたこともうれしい。まだ他のマシンを見ていないけど、このモンスターカラーが一番似合っていると思う。トラック上でもっとも“グッド・ルッキング”なマシンになるだろう」

    「エンジンに火を入れる日が待ちきれないし、願わくば2019年を通じてこのマシンにふさわしいビッグなリザルトを持ち帰れるといいね」

     今季で4年目のパートナーシップとなるモンスターエナジーとティックフォード・レーシングだが、昨季よりフォード・パフォーマンスのメイン開発チームの役割をDJRチーム・ペンスキーに譲って以降、同チームは難しいシーズンを過ごしてきている。

     チームの共同オーナーを務めるロッド・ナッシュも「モンスターエナジー・マスタングにふさわしい成績を挙げることだけが狙いだ」と、古豪復活のシーズンとすることを誓っている。

    「『興奮』という言葉は、我々がモンスターエナジーのブランドを説明するときにもっとも引用するワードだ。そして、その言葉を象徴するようなマシンをVASCで走らせることになった。モンスターエナジーがこのスポーツの発展に関与してくれることをうれしく思うし、今季はただ勝利のみを目指して戦うつもりだ」
    .
    モンスターエナジーとのパートナーシップを結ぶ6号車をドライブするキャメロン・ウォーターズ
    .
    今季のティックフォードは、リッチー・スタナウェイ離脱で純減し3台体制で戦うこととなった
    .
    DJRと52年間のパートナーシップを結ぶシェルVパワー・レーシング仕様となった『フォード・マスタング・スーパーカー』

     ティックフォードの顔としてチームに13年間在籍した2015年シリーズ王者のマーク・ウインターボトムが移籍し、今季はシートスワップの形で加入したリー・ホールズワースとチャズ・モスタートの3台体制でマスタングを走らせる。

     一方、2018年に念願のドライバーズチャンピオンシップ初制覇を果たしたスコット・マクローリン擁するDJRチーム・ペンスキーも、新たに”シェルVパワー・レーシング”のカラーリングをまとった『フォード・マスタング・スーパーカー』を公開。

     マスタングのシェイクダウンでもステアリングを握ったマクローリンは、北米フォード・パフォーマンスとの強いアライアンスは、タイトル防衛に向け「間違いなく良い基盤になる」と意気込みを語った。

    「僕たちはこのクールなニューマシンの開発に多くの時間と労力を割いてきた。そしてついに、こうしてシェルVパワーカラーのマスタングを目にできて、本当にワクワクしているよ」と王者マクローリン。

    「シェイクダウンのときはフォード・パフォーマンスの暫定カラーだったし、このDJRおなじみのカラーリングでドライブしたことはまだない。その姿がどう見えるか、アデレード市街地での開幕戦が今から待ちきれないね」

     ペンスキーと共同オーナーを務め、シェルとは52年にわたる関係性を築いてきたディック・ジョンソンは、そのマクローリンのパートナーに引き続きファビアン・クルサードを起用することも発表。同じく耐久カップ登録のドライバーも、昨季と同じくアレクサンダー・プレマ、トニー・ダルベルトの続投をアナウンスした。

     また25歳の新王者マクローリンはチャンピオンナンバーのゼッケン1ではなく、引き続きDJR伝統の17号車でシリーズを戦うことを選択している。
    .
    エンデューロ・カップ登録のコドライバーも含め、マシン以外は完全な体制維持となったDJRチーム・ペンスキー
    .
    スコット・マクローリン車は新造シャシー。ファビアン・クルサード車は2018年ファルコンFG-Xのアップデートとなる
    .
    2月14日からフィリップ・アイランドでVASC公式プレシーズンテストが予定される

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Feb 12, 2019.

Share This Page