MotoGP:ヤマハ、ヨーロッパテストチームを結成することを認める。ロッシ「ヤマハに対してプレッシャーをかけた」

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Aug 9, 2018.

By Auto News on Aug 9, 2018 at 5:03 AM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

     モビスター・ヤマハ・MotoGPのチームディレクターであるマッシモ・メレガリは、第10戦チェコGPのフリー走行1回目中のインタビューで、ヨーロッパでもマシン開発を行うヤマハのテストチームを結成することを認めた。

     2017年の第8戦オランダGPでバレンティーノ・ロッシが優勝して以来、1年以上勝利のないヤマハ。チームに所属するバレンティーノ・ロッシはヤマハYZR-M1について電子制御に問題があることを2017年から訴え続けていた。

     メレガリは第10戦チェコGPの初日、MotoGPクラスがフリー走行1回目を行っている最中に国際生中継のインタビューで、2019年にヨーロッパでテストチームを所有することと、それが承認されたばかりであることを語った。

     メレガリの発言後、初日のセッションを終えたロッシは「僕はヤマハに対して、テストチームを立ち上げるようにプレッシャーをかけた」とmotogp.comで次のように語っている。

    「これは重要なことだ。ブラッドリー・スミスとジョナス・フォルガーは起用が可能な状態。ジョナスはバイクを知っている」

    「欧州をベースとするテストチームに関しては、僕たちが最後に結成することになる。以前に所有することができたかもしれないけど、立ち上げが遅くなっても所有しないよりいい」

    「僕たちレギュラーライダーたちへの負担が大きくなるから、テストチームが多くのテストを実行できることが重要となるだろう。そのためには、ドゥカティの(ミケーレ)ピロや(ケーシー)ストーナーのように速いライダーを起用する必要がある」

     スズキは2017年から2014年スーパーバイク世界選手権チャンピオンのシルバン・ギュントーリを、ホンダはステファン・ブラドルをテストライダーに起用し、ヨーロッパラウンドでのワイルドカード参戦でマシン開発に貢献していると思われている。

     一方、ヤマハのマシン開発を担うのは現状、ファクトリーライダーのロッシ、マーベリック・ビニャーレス、そして日本のテストチームとなっている。

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Aug 9, 2018.

Share This Page