【特集:史上最も醜いF1マシン10選(1)】ドライバーが灼熱地獄に苦しんだグラウンドエフェクトカー

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Feb 13, 2018.

By Auto News on Feb 13, 2018 at 9:15 PM
  1. Auto News

    Auto News Moderator Staff Member

    『速いマシンは美しい』のか、あるいは『速いから美しく見える』のか。F1ファンにとっては、永遠に答えの出ない命題であろう。その伝でいけば、『遅いマシンは醜い』という言い方もできるかもしれない。

     フォーミュラワン世界選手権が始まってから、もうすぐ70年。これまで数え切れないほどのF1マシンが登場し、消えていった。『F1i』のジャーナリスト、ミカエル・ドゥラネイが今回紹介する『史上最も醜いF1マシン10選』を眺めるだけでも、マシンデザイナーたちがいかに知恵を絞って、ユニークなマシンを作り上げようとし、そして失敗を繰り返したかを実感していただけると思う。

     ここに登場する10台のマシンのほとんどは、期待された速さを発揮することはなかった。まさに『遅いマシンは醜い』ということなのかもしれない。

    (1)エンサインN179(1979年)
     パキスタン人デザイナー、シャバブ・アフメドの手になるエンサインN179は、同チーム初のグラウンドエフェクトカーだった。最大の特徴はラジエターをマシン両脇ではなく、前面に置いたこと。コスワースDFV・V8エンジンの冷却を、これですべてまかなおうという目論見だった。

     しかし実際にコースに出ていくと、いきなりのオーバーヒートに悩まされた。さらにラジエターの真後ろに座るドライバーも、灼熱地獄に苦しめられた。さらにグラウンドエフェクトの効果もほとんど発揮できず。あらゆる意味で、失敗作となったマシンだった。

    (2)アイフェラントE21(1972年)
    .
    アイフェラントE21(1972年)
     マーチ721をベースに、スイス人デザイナーのルイジ・コラーニが、空力性能をより向上させようと改造したモデルだ。マシン後部のエンジンカウルが前方まで延び、エアインテークはコクピットの前方、ドライバーのひざ上あたりに位置するというユニークさ。

     さらに目を引くのが、潜水艦の潜望鏡のようにドライバーの目の前に屹立するバックミラーだった。このマシンを駆ったロルフ・シュトメレンはさぞかし、後方の様子をうかがうのに苦労したことだろう。デビュー早々から戦闘力に欠け、わずか8戦で姿を消した。

    3)BMWヘック(1952~53年)
    .
    BMWヘック(1952~53年)
     F1GP草創期の2シーズン、プライベーターとして参戦した希少なマシンである。東ドイツ出身のレーシングドライバー、エルンスト・クロードビックがBMWのシャシーを自ら改造し、直列6気筒のBMWエンジンを無理矢理押し込んだシロモノだった。

     1952年と53年のドイツGPのみに出走し、初レースは最下位29番グリッドからスタートして、12位完走。2年目は32番グリッドスタートで15位完走に終わっている。

    (その2に続く)

    .
     

Comments

Discussion in 'News and Articles' started by Auto News, Feb 13, 2018.

Share This Page